スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

R30

『R30』を見ました。見たことのない番組だったのだけれど、1時間番組だったのね。

珍しく綺麗めの服装。黒ジャケット・白シャツ・細~い黒ネクタイ、グレーっぽいタイトなパンツ。足が長く見える。
3人の中で一番背が高かったなぁ。鈴井さんと二人でいると本当に気付かないんだけどねぇ。スタイルいいよなぁ。

さて。

『水曜どうでしょう』からはじまるのは、大泉洋という人を語るときの定石なのだけれど、ここがとても丁寧でした。4人のチームワーク、どうでしょうという番組のローカルゆえ生まれてしまった面白さ。国分さん、井ノ原さんが番組の映像が流れた後、爆笑していました(特に井ノ原さん、DVDをぜひ見ていただきたい。はまる素質があると思う)。
事務所の社長と旅行しているという話になったとき「俺たちがジャニーさんと…」って想像が膨らんじゃっていたところがちょっと面白かったなぁ。それは違うよね。たぶん。

今度の『釣りバカ日誌』の映像も少し流れました。
オリコン7位ですよ、という話も少し。ここはもう少しつっこんでほしかったなぁ…。

聞いたことがある(知っている)話の方が多かったけれど、その中で知らなかったのが小学生時代の夏休みの宿題(工作)の話。ギリギリになってお兄さんに作るのを手伝ってもらったというのが本筋なんだけれど、そのとき作っていたのが「自殺マシーン」。

北海道でドラマ、作れるといいですね。本当に。ここ1~2年とかそういう短いスパンで考えなくてもいいと思うので、ぜひ実現していただきたいものです。


東京で大泉洋を紹介する番組というのは今までいくつもあったのだけれど、同世代の男性二人と話す大泉洋の姿はリラックスして見えました。
カメラさんが「いただき!」する東京のバラエティとは一線を画したゆったりとした作りで、洋ちゃんペースの語りがそのまま見ている私たちに伝わってきたように思います。
こういう番組がまたあるとうれしい。「実にいい番組」でした。
(見た後、ブログに書かずには眠れないという気持ちになりました。久しぶりに心が動いた。)

EntryTop

コメント

ハジメマシテ。
そして初めてコメントします。

私もR30見ました。
そして自然体で、でもテレビをちゃんと意識している大泉さんを久しぶりに見たような気がします。

今までの東京の番組に出ている大泉さんはなんだか落ち着きがないというか、いつもの大泉さんじゃない感じがしていたのですが、今回はヨカッタと思いました。

コメントじゃなくて感想になっちゃった...。
でもゆみぞうさんと同じ風にコンブも思ったのです。

個人的には深夜の大泉さんが私はかなり好きです。

ちょくちょく来たいと思ってます。
それでは♪

>コンブさん

はじめまして。
あれだけリラックスした雰囲気で話をする大泉さんを東京のテレビで見るのは珍しいと思います。はじめてかもしれません。テレビに出演している以上、「こういうキャラで行こう」というのはいつでもあるのだろうと思いますが、話しやすそうにしているのが感じられて、安心してしまいました。
コンブさんが共感してくださったのならうれしいかぎりです。
深夜の大泉さんっていうのはどの番組のことかしら?ハナタレ??
来年のナックスの公演、楽しみですね。
また気が向いたらぜひ、このブログを見にいらしてくださいね。

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。