スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

アメリカンチェリー

旬の果物として、アメリカンチェリーが店頭に出ています。今日、食べてみました。イマイチだった…。

アメリカンチェリーって、いつ頃から一般的なスーパーで売り出されるようになったんでしょう。私が子どもの頃だと思うんだけど…。20年くらい前?昔はいわゆる日本のさくらんぼより高いくらいだったような気がしています。自信がないけど。

アメリカンチェリーから端を発して、子どもの頃に大きな変化があったことがないかとぼんやり探していた。

一番大きいのはテレビ。私の子どもの頃は白黒・カラー混在期。家に1台しかない場合はカラーテレビで、2台めからは白黒というイメージ。で、リモコンなし。チャンネルをガチャガチャ回していた。

音楽はテープからスタート。はじめて買ってもらったとなると、レコード。もちろん「泳げ!たいやきくん」。はじめてお小遣いで買ったテープはハウンドドッグ(新譜ではなかった、小学生の頃好きだった)。中学生のときにはCDラジカセを買っていた。今思うと、音楽に興味を持つ頃がちょうど過渡期だったんだなぁ。

あとはゲームかな。ゲームウォッチでしょ。パラシュートとかオクトパスとか、上下2段になってるドンキーコングとか。懐かしい。
腕時計にゲームがついているのもちょっと流行っていた。ミッキーマウスのデジタル時計で、落ちてくるハートを拾うの。
で、ファミコンの登場。でも私はファミコンを持っていなかったから、ほとんどやったことがない。数回。マリオと一揆しかやったことがない(そしてたぶん、「一揆」はかなりマイナーなゲームなんじゃないのかな?)。


つらつら思い浮かべるうちに15~20年前っていろいろ変化していた時期なのかな?と思ったんだけど、恐らくそうではなくて、常に変化し続けているだけなんだろうなぁ。


【参考】昭和50年代
お芝居をきっかけに子ども時代を回想した記事

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。