スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

幸せ

昨日、いとこの結婚式に出た佐藤さんはCUE DIARYに

「誰か」幸せにして!!

なんて書いてました。
思わず笑ってしまったのだけれど、本当に幸せになってほしい。ガンダムが好きでいろいろなもののコレクターでお子さまで巨乳好きで残念なんだけど、そんなところが素敵だと言ってくれる人はきっといるはず。私は「誰か」にはなれないけど、幸せになってほしいと思ってます。本当に。





あと。思ったこと。
披露宴の司会・カメラマンの話が出ていました。

司会を友人が勤めるというのは東京では少ないんじゃないかなぁ(2次会とかカジュアルなパーティーならともかく、会社の人も呼ぶような披露宴だとプロの司会の方が多いような気がする)。プランに含まれてる?もう記憶が定かじゃないけれど。
司会って、披露宴のイメージを左右する大きな要素の一つだと思う。あんまり「感動」を前に押し出しちゃうと逆に引いちゃうもの。この辺り、お客さんとして出ているといつも気になる。

披露宴のカメラマンは難しいのだそうです。「もう1回」って言えないでしょ。チャンスは1回。新郎・新婦はきっちり写真を残したかったら、ゆっくりめに動く(タメをつくるというか)ことをオススメします。ぶれないように気をつけて。って、実際そのときになるとなかなか思い出せないものです。

EntryTop

コメント

「幸せにして!」って言ってるうちは、どうかなぁ?と思うんですけどね。(笑)

私自身は披露宴の経験がありません。
今になってみると、ちょっとやりたい気もします。
そういえば友達の結婚式で、友達が司会してました。
良く、受付なんかは友人がやってるけど、司会となると難しそうですねぇ。

披露宴って・・・

そういえば、友達が司会している披露宴というのは私も見たことがありません。
必ずプロの方がやってます。

私も披露宴の予定はないのですが、やはりちゃんとやっておいたほうがいいのでしょうかね~。式だけの予定なのですが、簡単に済ませるので友達も呼ばないし。
思えば、友達には祝って欲しかった気がします。

>ミヅチさん

>「幸せにして!」って言ってるうちは、どうかなぁ?と思うんですけどね。(笑)
確かに!
でも、そんな佐藤さんを幸せにしてくれる人が現れてほしいとも思ってます。

北海道と違って東京の披露宴は格式ばっているので、司会は余計大変だと思います。私もいくつか友人(ないし同僚)の司会って見たことありますけど、和やかな(親しみがある)反面、ハプニングに弱い(場が持たないときがある)ように見えました。

>ゴンさん

友達に祝ってほしい!という思いがあるのなら、カジュアルなお食事会だけでもしたらいかが?
披露宴をするかどうかはお二人の考え方次第ですよねぇ。あとご両親と。土地柄も大きいですよね。
私は親戚には早めに顔合わせした方が後々楽だと思います。というのも。披露宴をして数ヵ月後に親戚に不幸があったんですよ。苗字が変わっちゃってましたけど、顔合わせした後だったのですぐわかってもらえました。
正直、旦那はアンチ披露宴派だったのですが、義父母が顔合わせさせたい親戚の数が半端じゃなかった(もう、なんと呼べばいいかわからない間柄の人も呼んでた=北海道ではごく常識的な範囲だけれど東京ではまずない)ので、披露宴で一括でご挨拶できてよかったと思ってます。ご参考まで。

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。