スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

コメント返しが苦手です

私はコメントしづらいブログを目指しています。といっても全くないとそれはそれで寂しくなります。コミュニケーションなんて全然したくない!というわけではないのです。そうだとしたらコメント欄を閉じればいいんだから。

コメントしづらいブログを目指す理由の一つは、敷居を高くしておバカなコメントを少なくしようということなのだけれど、もう一つ大切な理由があります。「コメント返しが苦手だから」。

ほかのブログさんにコメントするのも結構苦手で、言いたいことはあるけれど、まぁいいか、と思ってやめてしまうことがあります。自分がコメントする側のときは、コメントするのをやめればいい(またはほかの方法で伝えればいい)ので簡単です。

でも、いただいたコメントに対してはやはりお返事をしたい。でもでも苦手。話題を広げるのが難しかったり(単なる繰り返し、ないし「そうですね」で終わっちゃう)、自分の言いたいことだけ書いちゃったり。後で見直してみるとなんだかなぁ…と思うことがしばしば。送信した後読み返してすぐ、書き直すということもよくあります。

コメント返しが上手な方もいらっしゃる。コメント欄をいつも読ませていただいているブログさんがあるのですが、何ていうんだろう、コメントが誠実なんです。コメントしてくれた人に対する誠意がにじみ出ているというか、配慮が感じられるというか。いつも感心してしまう。
そういうお手本的な存在を見つけているのなら真似すればいいじゃん、ってことなんだけど、それは難しい。心がけくらいならできる?そうなのかなぁ?

よくコメントを下さる方に対しては多少甘えてもいいかな?なんて思うのです。

問題は、初めてコメントを下さった方。コメントって最初はかなり勇気が必要です。大事な方です。その方にどうコメント返しするかというのは、コメントしてくださった方の気分を害さないというだけではなく、それ以降自分(のブログ)の世界を広げていくためにも大切なこと。でも、人柄(キャラクタ)が全く読めないので難しい…。URLが入っていればまず見にいくけれど、それでも難しい。
私はずうずうしい性格なので、自分を基準にして「これくらいなら大丈夫、失礼には当たらないだろう」なんて思ってはいけない(旦那談)。でも構えてしまうと逆にそれも失礼?丁寧すぎると慇懃無礼になる??

悩みは尽きないのです。

EntryTop

コメント

先日はありがとうございました。

考えすぎかもしれないんですが、
私の質問のせいで困らせちゃったのかなと慌てて書き込んでいます。
私に対するご返答はとても嬉しい内容でしたよ?
お返事しにくい言い方しちゃったと反省はしましたが。
あんなにせっかく一生懸命教えてくださったのに、それを受けた私の今書き上げたエントリがマシな結論を出していないので、むしろこちらが申し訳ない気持ちでいっぱいです。
私はたぶんゆみぞうさんに気を使っていただいたり「試してる?」と思われるような人柄ではありません。
のんびり暮らしちゃった俗に言うダメ大学生です。
あぁ、私自意識過剰かもしれない!
でも気に病ませちゃったと思うので。ごめんなさい。
これからもこっそり読みに来させてください。

何故コメントしたくなるか考えてみれば

私もコメント返しが実は苦手なひとりです。
ブログを運営していますが、どうもコメントし辛い内容が多いらしく、「コメントしにくい」と面識のある人から言われたこともあります。一時期は、何とかしましょう、とコメントしやすそうな話題を扱ったり文体を変えてみたりしましたが、結果コメントは増えても、何て返答していいのか困るコメントも増えてしまいました。
「はじめまして!素敵なブログですね。また来ます。」と簡潔すぎるコメントが多くなり、返答も「また来てください」のオンパレードになるのに違和感を覚えました。

結局、自分のことに置き換えてみれば、コメントしたくなったらする、コメントする気にならないならしない。そんなシンプルな気持ちだけでいいのかなと。結局は自分の気持ちが動くから、何か自分の感想や意見を述べたくなるからコメントするのだろう、と思います。コメントの内容によっては、即返答したいものもありますよね。そんなシンプルな気持ちでもいいのかなぁ、なんて最近思えます。もちろん、初めてコメントしてくださった方には少しばかり気を使う部分はありますけどね。

私も

私もブログでコメント返しする時、どうしましょう?って悩みます。
なかなか難しいですよね。親しい方にはくだけた感じで、
初めての方にはちゃんとした文章でって事くらいしか出来ません。
コメントくださる方には、いつもありがたいな~と思っているのですが、ちゃんと上手く返せなくてごめんなさいって感じですね。

よし、こういう記事にはイヤガラセのようにコメントをしてやる!(笑)
僕もどちらかというと、コメントへの返信は苦手です。「うーん」と考えてしまうこともしばしば。でも、返しにくいコメントには何かがあるんですよ。ひっかかるものというか。だから、それに何か返そうと色々考えていると、意外な発見があったりします。

こんにちは。

コメントの敷居を意識的に高くするというのは、僕もしばしば行っているのですが、高いハードルを乗り越えて書かれたコメントにレスするとき、管理人自身がそれを乗り越えなければならなくなってしまうのかもしれませんね。
ところで、
> (旦那談)
結婚されてるんですか?
ちょっとびっくりしました。^^

>サクマさん

別にサクマさんに対するコメント返しについて書いたわけではないのです。まぁ、きっかけになってないとは言いませんけど(正直言って、あれ書くの、ちょっと時間をかけました←はじめてではなくなったので正直ベースで言ってみました!)、「コメントしづらいブログ志向」については以前から話していました(書いてたかどうかは…)。
これに懲りず、またこっそり(のしのし)読みにいらしてください。

>涼華さん

最近のこのブログはあまり「コメントしづら」くないようです。今回とかも。
実は、コメントしづらくなるよう表現にも注意しています。例えば「~ですか?」とか疑問系でエントリを終わらせないとか(答えを要求しているように見えるから)。自己完結してるように見えれば、コメントしづらくなるかな?と思って書いています。
「コメントがしづらい」ことへの悩みは私にはそれほどないのですが…。敷居を低くすると問題もあるのですねぇ!

よく考えてみたら、人見知りもします。単に初物が苦手なのかもしれません。距離感がはかるのがちょっと怖い。

>ちょこぱふぇさん

初めての人には丁寧に、って思うんだけど、丁寧すぎてほかの人とあまりに対応が違うのも何だなぁと思って。そこが難しいところです。
昔、会社に入りたての頃、面識のない先輩にメールをしたら「丁寧すぎる、バカにしてるのか」と私の指導係の先輩に苦情が来たことがありました。それはまさにカルチャーショックで。以来、慇懃無礼にならないか、結構気にしています。

>LSTYさん

>よし、こういう記事にはイヤガラセのようにコメントをしてやる!(笑)
ほんと、この記事にコメントって、嫌がらせじゃないの?ねぇ。
コメント返し苦手同盟が組めるんじゃないか?って気がしてきました。
>返しにくいコメントには何かがあるんですよ。
なるほど、確かにそうですね。本当に「これ書いた人って…??」と言いたくなる人には、即ピシャリと返して終わり。あまり考える必要ありませんね。
返しにくいコメントからは何か得るようにする、ってのは楽しそうです。返しづらいなりに楽しく返せるかも(だまされてる?意味が違う??)。

>Kenさん

>高いハードルを乗り越えて書かれたコメントにレスするとき、管理人自身がそれを乗り越えなければならなくなってしまうのかもしれませんね。
なるほど。今回はまさにそれかもしれません。(微妙にプレッシャーもかかってるみたいだし)

プロフィールを見づらいところに置いてますけど、実は「主婦兼大学院生@東京」なんですよ。予備校講師はバイト(非常勤)です。いわゆる結婚生活にあまり興味がないのでこのブログに書くことは今やほとんどありませんねぇ。

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。