スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

記事のタイトル

ブログを書いている人であれば、ブログリストを使っている方が多いかと思います。
MyBlogList(ドリコムRSS)では、ブログリストのメイン表示項目を「ブログ名」「記事タイトル」のどちらにするか、選択することができます。

このブログに設置しているリストは「ブログ名」にしているのですが…
「リストを記事タイトルになっていると、誰の(どの)ブログかを当てるのが楽しい」
という話に先日なって。なるほどなぁ、と。

私はブログリストに入れているブログを全て読むわけではありません(申し訳ない気もするけれど、それが現実)。
ブログリストを眺める

あぁ、このブログが更新されたなぁと思う

カーソルを合わせて記事のタイトルを見る

読んでみたいなと思ったらクリック
こんな流れでブログをチェックしています(更新されたら無条件でチェックに行くブログさんもありますが)。
つまり、誰の(どの)ブログか?ということが優先で、その中で内容によって「読む」「読まない」を決めているのです。言ってみれば、著者重視派。

一方で、記事のタイトルをまず見ることで「読む」「読まない」を決める人もいる。内容重視派とでもいいましょうか。
こういう方がいるとなると、記事のタイトルって結構大切じゃないか?と思うのです。魅力的なものにすることで、多くの人の目に止まるんじゃないかと(内容が伴わないと、おそらく2度目の訪問はないのでしょうが)。

といっても、魅力的なタイトルというのがそもそも難しい。
タイトルにもいくつかパターンがあるように見えます。私の場合だと、こんな感じに分類できるかな?
1.何についての記事かを表す
 例)スポーツジム効果測定
2.主張を表す
 例)応援したい!
3.記事の内容に関する象徴的な一言
 例)ニンニキニキニキ
4.定型的なタイトル
 例)諸々、○月総括
中でも、1.が圧倒的に多くなっています。
【参考】全記事表示モード

これは、
タイトルをどの時点で付けるのか?
記事の内容(結論)を決めてから書き始めているのか?
というタイミングによるのではないでしょうか。
私は、記事を書く前にタイトルを決めることが多いのだけれど、結構考えながら書いているので、タイトルを付ける段階ではまだ結論は決まっていません。だからあまり、2.のような「主張」型にはできないのです(まだ決まってないんだもの)。
本当は主張型の方がわかりやすいのかな?と思うときもややあるのだけれど、なかなかできません。
とりあえず、最低限、自分が何について書いたのかが後でわかるように注意しているつもりだけれど、「魅力的かどうか」「クリックしたくなるか」という方向で見ると、全然ダメ!なんだろうなぁ。

記事タイトルにはもう少し工夫が必要なのかも。
こんなこと工夫してるよ、なんてあったら教えてください。
マネしちゃうかもしれません。

以下、余談。




慣れてくると、記事のタイトルでも誰の(どの)ブログかわかるそうです。特に私のはわかりやすいらしい。
記事のタイトルを表示する設定がBlogPeopleにはないことを、今回記事を書きながら発見。意外だった。

私の書く記事はどうも「感想」「意見」的要素が薄くて、事実の羅列・レポートになりがちだから、タイトルも自然とそうなってしまうのかもしれない。
興味の方向性がそのまま、記事の書き方やタイトルに反映されているのかな。
そうだとすると…もし、タイトルの付け方の工夫を教えてもらったとしても、全然マネできないってことになる。その可能性はかなり高そうな気がしてきた。あぁあ。

EntryTop

コメント

確かに。。

タイトルって大事ですよね。いっつも悩むのですが、ありき
たりな物になってしまいます。


あと、「このタイトルは○○さんだな~」と思うこともあります。なんとなく分かる方っていらっしゃいますよね。

タイトルについて

今日の自分のブログはゆみぞうさんの記事に関連して
書かせていただきましたm(__)m
タイトルにはこだわりをもってつけたいなぁとは
思うんだけど、ぱっとひらめくときと全然うかばなくて
タイトルを考える時点でとまってしまうときがあります。
1つの記事で内容が何種類かにわたってるときとか、どれに
スポットを当てるかで考えたりとかもしますね。
記事にも個性があらわれますが、タイトルにも個性が
反映されてるなぁと感じることもありますね。

はじめまして


はじめまして。
どちらかと言えばタイトルに惹かれて読むほうが多い気がします。
なので、やはりタイトルは重要ですね。
著者重視なら「ニンニキニキニキ」でも読みに行きます。
思わず読んじゃいました↑(笑)

わたしはタイトルを先に決めてから書くほうですが、
悩んだ時は、例えばこの記事なら「記事のタイトルって重要?」とか疑問符にしちゃいます。

はてブなどのソーシャルブックマークは、誰がブクマしたのかが重要なので、
人か内容かのちょうど中間かなぁなんて思いました。

>ちょこぱふぇさん

ちょこぱふぇさんのはありきたりってことはないんじゃないかしら。主張系が多いように感じます。
今まであまりタイトルの付け方を気にしていなかったのですが、結構個性が出るみたいですね。ちょっと気にして見てみようかと思っています。

>Riezoさん

タイトルへのこだわり、ですか。私自身、全然ないから考えもしなかった。Riezoさんは確かに凝ったタイトルが多いですよね。
私は自分の書いたものを後で検索することが多いので(備忘録として使っている)、最近は1つの記事にいろいろ盛り込まないよう注意していますけど、どうしてもってときは、併記しています。って、それ、全然色気ないわぁ。

>らぶさん

はじめまして。はてブでよく拝見してます。

この記事を書いていざ更新、というときに「記事のタイトルって重要?」みたいなタイトルにしようか、ちょっと迷いました。疑問形のタイトルは主張そのものを書くのとはちょっと違うようですが、実際には主張が透けて見えます。(「重要?」とあったら「重要!」「重要でない」のどちらかで、素直に考えれば「重要!」なのでは?)

私は読み手として、主張そのものよりも、その主張(結論)にたどり着くプロセスを読むのが好きです。主張がわかるタイトルは、親切と思う半面、楽しさ半減だったりします。なので、書き手としても「結論はあまり出したくないなぁ、不親切だとは思うけど…」といったところで、話題だけは明確にしているのが現状です。

とりあえず「ニンニキニキニキ」が魅力的なタイトルだとわかったので(コメントは削除しておきました)、効果的に使っていけたらいいなぁと思います。

 逆に、「興味がないタイトルでも、読んでみたら楽しい」という記事もあります。そういう記事をたくさん書いているブロガーはまたそれで重要。タイトルにかかわらず、読んでみようと言う気になります。

>LSTYさん

「興味がないタイトルでも、読んでみたら楽しい」っていうのは結構よくある気がします。で、この人の記事はとりあえず全部読もうって方向へ。ただ、その境地に到達するのがなかなか難しいところです。

お久しぶりです。きゃ!コメントするのなんていつぶりかしら。それも昔の記事に(笑)
あたしは、記事を全部書き終わってからタイトルをつけます、いつも。それは書き始めと書き終わりで話題が変わってたりするから。締めもきっちり出来ればオチをつけて終わらせたいと思ったり。

ここからは余談ですけれど・・。
ゆみぞうさんってやっぱり凄い。最近ブログについて考えることが多くて悶々としてたりしてるのですけれど、そうだよなあ、ブログってこういうものだよなあ、と。あたしがブログを始めた頃ってそうだ、ゆみぞうさんみたいな方が沢山いて、こういうブログを作りたいって思ったんだった。それなのになあー。ううーん。もうちょっと自分を高めないとダメですね。ありがとうございました。

>オレンジスカイさん

慣れてしまうとかえってコメントしなくなってしまうのは…まぁよくありますよね。
オレンジスカイさんの記事は確かにきっちりオチがあるイメージです。最後にちょっと、うふっとなる。

余談の部分は、な、何ですか?褒め殺し?!とりあえず、どういたしまして(何もしてませんけど)。

今はいろいろ書く場があってそれによって書き分けてますけど、程度の問題がありながらも、書きたいことを書くようにしてます。読み手の期待に応えようとしたら苦しいんじゃないかと思います。どうせ応えきれないし(責任感欠如)。遠慮してると楽しくなくなっちゃうし。

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。