スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

「ブログ文章術」に思うこと

最近「ブログ文章術 米光一成」を興味深く読んでます。

で、何だかいろいろな議論があるのですが…

ブログが書けない、というとき
「思いがうまく伝わるような文章を書くのが難しい」というよりは
「書くことが見つからない」という方が多いんじゃないかと
何となく思います。
「今日もネタがない」なんてエントリ、ときどき目にしますから。
だから
茅須さんが言っている「書けない人」というのは、「本当に書きたいことがない人」のことらしい。
でも、ぼくは「本当に書きたいことがない人」については、まったく触れていない(正直なところ、思い浮かんでもなかった。書きたいことがない人も、ブログってやりたいの!?)。
という部分には正直驚き。
何となくブログをはじめちゃう人って、今やかなり多いのでは?
それは置いておいて。


「文章術」というタイトルから、
「文章だ、巧く書かなきゃ」と構えてる人が多いという前提のもとに、
企画されているように見えます。
でも、そういう人ってそんなに多いのかしら?
そこに疑問を感じます。

以前「【緊急手動アンケート?】書き言葉?話し言葉?」で
ブログを書くときに「話し言葉」「書き言葉」どちらで書いているかの
アンケートをとったところ、9割が「話し言葉」派でした。
そもそも「文章」だと思ってブログを書いていない人もたくさんいる、
ということを主張したい。
(堅い内容について書いているブログは評論のような文体になっているともちろん知っていますが、そちらを志向している方は大概書き方をご存知かと)


で、ブログ(の文章)を書く上で注意すべきことは…
「読み手を想定すること」
だと私は思う。

読み手に書き手の主張(言いたいこと、伝えたいこと)が伝わらないのは
説明が不十分だからだ。
で、説明が十分かどうかは、
その記述(文章)についての前提・背景といった基礎知識、常識を
どの程度共有できているかによって変わってくる。

読み手を想定する。
このブログだったら「大泉洋」「水曜どうでしょう」を知らない人には
記事の半分はわからないでしょう。
それは、知っている人が読む、という前提で書いているので
毎回、改めて説明をしていないから。
書いている本人(=私)はそれでいい、不親切ではないと思っている。

WEB上にある以上、
不特定多数に読まれる可能性があるわけだけれど、
全員が読むわけではない。
もちろん偶然の出会いというのはあるけれど、
まぁ大体は検索とか新着記事リストとかそういったもので
何となく関心がありそうなキーワードを目にして、
読み手はそのブログにたどりつく。

だから、どの辺りの人に読んでほしいのか、つまり読者層を
書き手は明確にイメージしておくといいと思う。
それによって、
情報の盛り込み方も、言葉遣い(文末表現など)も
ある程度決まってくるんじゃないかしら?


そして、これは「文章術」というテクニックというよりは
読みやすく書くための、心遣い・気遣いの問題だと思う。
ブログでは外見を整える必要はない、
話している言葉をそのまま書けばいいと思っている人は多い。
その場合に
文章術、と名づけるほどのテクニックがブログに必要なのかしら?
「術」とついている以上、テクニックが披露されるのでしょう?
それは何?
なかなか本論に入れないようなのですが、先行きを見守りたいと思います。

EntryTop

コメント

ブログでの「書き言葉」と「話し言葉」について

ゆみぞうさん、はじめまして。
【サクマログ】というブログを書いております、
サクマと申します。
実はこちらの記事を読ませていただいてから、ずっと考えていることがあります。ブログでは「書き言葉」「話し言葉」どちらが使いやすいか?どう使い分ければいいか?ということです。
結論はほぼ自分の中に出ているのですが、出しきってしまう前に見ておきたい「書き言葉」で書かれたブログを、実はあまり見かけないのです。
ゆみぞうさんは書き言葉で書かれた、面白い・興味深いブログをご存知ですか?初めての書き込みで恐縮ですが、もしよろしければお教えいただけると嬉しいです。

>サクマさん

はじめまして。
この記事が考える発端ですか。光栄です。

>ブログでは「書き言葉」「話し言葉」どちらが使いやすいか?
>どう使い分ければいいか?
なかなか難しいですね。
「使いやすい」、つまり書き手だけの問題と考えるならば、まさにそのときどきに合わせれば「使いやすい」のだと思います。使い分け方もしかり。
でも読み手への配慮を考えるとどうなんでしょう。私には簡単には結論が出ません。

>「書き言葉」で書かれたブログを、実はあまり見かけないのです。
>ゆみぞうさんは書き言葉で書かれた、面白い・興味深いブログをご存知ですか?
という件なのですが…。ちょっと私が考えすぎなのかもしれませんが、書き言葉で書かれた中でも、面白い・興味深いということでしょうか?「書き言葉/話し言葉」の判定自体、これといった基準がない微妙なものですし、「面白い・興味深い」となったらまさに主観の世界です。正直、試されているような怖い感じも受けますが、「書き言葉」らしさが強いと思うエントリを一応挙げてみます(「面白い・興味深い」の方は勘弁してください)。
http://satoshi.blogs.com/life/2004/09/post.html
http://wordpress.rauru-block.org/index.php/1207
http://shinta.tea-nifty.com/nikki/2006/03/religion_28b9.html
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20060313/p2
見ていただければわかることですが、どの方も大体エントリによって、「書き言葉/話し言葉」を使い分けているようです。私もですが。

サクマさんは「ブログは文語口語どっちで書く?」というテーマに関心をお持ちのようですね。「文語/口語」は「古典語/近・現代語」の対応も示し、誤解を招く恐れがあるのではないでしょうか?(正直私ははじめそちらかと思ってしまいました)老婆心ながら、自分のスペースでコメントさせていただきました。

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。


トラックバック

書きたいように書けない人は、読む事から始めればいい from ekken♂
ここらへん読んで考えた事:ブログ文章術 米光一成 : ブログの自由と、われわれの不自由ブログ文章術 米光一成 : 書きたいように書けない人の叫びHappy Days # 「ブログ文章術」に思 [続きを読む]

トラックバック

何を書くのか/どうやって書くのか from BLOG STATION
■文章術が話題になっているらしいブログ文章術 米光一成|Excite エキサイト ブックス : 書きたいように書けない人の叫びという記事を契機に、この数日、百戦錬磨のブロガーたちが、次々と“それぞれの文章術”的な記事をアップしている。◆Happy Days # 「ブログ文章術」 [続きを読む]

トラックバック

読んだ人が思わずコメントを書きたくなるブログのエントリーについて from キングフラダンスの恍惚と快楽。
読んだ人が思わずブックマークをつけたくなるブログのエントリーについて。 でも良いのですが、ネタ的に古くならないうちに書き残しておこうと思います。 本当は昨日のエントリーを二本立てで、こっちを本題にして書こうと思っていたのですが。 終風先生のおとといのエント [続きを読む]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。