スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

桜飛沫

阿佐ヶ谷スパイダースの時代劇『桜飛沫』を観てきた。
初阿佐ヶ谷スパイダース。

A席で取ったら、ありえないくらい後ろの席だった。
後ろというか、上。
世田谷パブリックシアターはとてもおしゃれな劇場。
下が丸見えで一瞬足がすくんだわ。

たくさんもらったチラシの束の中には魅力的なものがいっぱい。
あぁどうしよう。
あれもこれも…観たい。
(中には昨日、衝動的にエントリーしたものもあった)
(そして。メタルマクベスが気になって仕方ない。)


以下、感想。
ネタバレを含む、かもしれません。
まだ公演中ですので、ご注意ください。




とてもおしゃれな時代劇だった。
びっくりしたぁ。

各幕ごとにタイトルロールが入る。
お芝居とは思えない。
しかも、字とちょっとした柄(幕のモチーフ)だけなんだけど
とてもクール。かっこいいのだ。
はじめにいきなりやられちゃった感あり。

音楽も素敵だった。
やっぱりボーカルなしがいいと思う。
それでも十分伝わるもの。

テーマは「命」なんだと思う。
時代劇でテーマは命、とくると思い出すのは「LOOSER」。
こういう風にスマートにテーマが伝わるお芝居っていいなぁと思いつつ、
でも森崎さんにこういうのを書いてほしいかというとそれも違う気がする。
あぁ。なんだか。

第一部がテンポが早くて好みの感じだった。
笑いのシーンが多かったのもあって、ぐぐっとひきつけられた。

第二部は笑いもあるけれど、動きは小さめ。
セットはずっと同じ。
静かだなぁ、そして予想通りのラストになるんだなぁと思いきや!
確かに予想通りだったんだけど、見せ方が想像をはるかに超える。
タイトル通りの桜飛沫だった。
しかも横から。
もう、びっくりした。

とにかく、ちょっとCOOL!と感じさせる演出がそこここに。
これ見よがしではないんだけど。
また観たい。


公演時間が思ったより長かった。
幕間が15分あって、3時間10分。
ちょっと最後の方は腰とおしりが痛くなった。
当日券のS席なのか、3階が少し空いてるのに補助席が出ていた。
あっちの方が見やすいよなぁ。

終わったらとたんに眠くなった。
緊張して観ていたんだと思う。

とりあえずと思ってA席で見たんだけど1階で見たかったなぁ。
次からはケチらないで観よう。


2006/02/16 追記
桜飛沫・追記

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。