スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

奥多摩温泉もえぎの湯

今日はクリスマスイブ。
街は激混みだろうと思いあえて山へ。
前々から行きたいと思っていた、
奥多摩の「もえぎの湯」に行ってきました。

青梅方面から行くと、奥多摩駅の少し手前にあります。
ちょっとわかりにくいところ。

お風呂は内湯と露天一つずつで、それほど大きくありません。
ロッカーも70くらいしかないし。
人が多かったら辛そう…
でも空いていてからとても快適!

内湯が温泉で、露天は普通のわかし湯。
温泉の方は入るとお肌がちょっとぬるっとする。
無色透明なんだけど、ちゃんと温泉。
それよりも気持ちよかったのが露天風呂。
川沿いにあって、下には多摩川が流れている。目の前には奥多摩の山並み。
小さい頃から長い休みといえば奥多摩に来ていた私には
とても馴染めるお風呂だった。
ゆず湯で、風が吹くとゆずの香りがふわーっとするのもよかった。
(もちろん入浴剤ではなくて、本物のゆずがいっぱい入っている)
植木にもゆずがあったのがちょっと面白かった。
そこから取って入れているわけではないと思うんだけど。
露天風呂でゆっくりぼんやり。
外が涼しいからいくらでも入っていられる。
いやぁ、よかった。また行きたいわ。

その後、奥多摩湖をちらっと見て、
帰りにうどん屋さんで遅めのお昼をいただきました。
鴨足草(ゆきのした)

とても雰囲気のいい場所にあります。
この写真↓の左側にひっそりある古民家風の建物がうどん屋さん。
数馬峡


お食事うどん

「ずり出し」といって、薬味と醤油でうどんをいただきます。
東京にもそういうスタイルがあったのねぇ。
讃岐うどんとはまた違って。
のどごし系ではなくて、遊びのない小麦粉の味がします。
すいとんみたいな。
内装も雰囲気いいし、おいしかった。
ちなみに、このうどん屋さんに「もえぎの湯」の割引券があります。
東京から行くなら、鴨足草→もえぎの湯、というコースもいいと思います。

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。