スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

「1リットルの涙」インタビュー

フジテレビ「1リットルの涙」公式サイトのインタビュー(vol.5)に
西野良三役佐藤重幸さんのインタビューが出ました。
出るかな?と思ってたけど。
来週はいよいよ、見せ場ということで。

しげさんらしさが随所に見られるインタビューでした。

これ↓が、しげさんが飛行機で読んで泣いてしまったという本。
いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記 いのちのハードル―「1リットルの涙」母の手記
私はまだこちらは読んでいません。
結構しげさんって、泣いちゃったって話をよくしている気がします。
きっと感情移入するタイプなのね。




健康、普通の生活、命の大切という話の中で、
出演できてうれしいというだけではなく、
「作品の中の1個の歯車として、いい回転をしたい」というのも、
何だか「らしい」気がします。

「熱血漢なんだけど、ちょっとやる気が空回りしていて、
生徒からはウザがられる」という
西野先生の役はピッタリだと思うのです。
別にウザくない役もできるのはわかっているのですが、
ウザさのあるしげさんというのは光っていると、私は思うので。
まぁ結果としては
ややハシャギすぎな人に見えてしまうような状態に
なってしまったわけですが。
いまやすっかり色白先生だもの。
それにしても、来週が楽しみ。

ドラマと舞台の違いなんていうのはなるほどなぁと。
「舞台とは別のスキルが必要なんだということを痛感しました。」
「オンエアを見てると、もう1回やらせてほしいな、って思うこともあるんです。」
「日々勉強ですね。」
こういう話とかやる気の見せ方は、大泉さんとはだいぶ違う気がする。

下の方まで読むとねぇ…
ドラマ見て、あ、いいかな?と思ってくれた人がいたとしても、
引き返してしまいそうな。
ガンマニア、刀マニア、「スター・ウォーズ」、「ガンダム」、ジブリ…
典型的、といえるのでは?
子ども、って話がまた出ているけれど、
貪欲だったり、それでも現実を見ていたりと大人なときもある。

あぁ、「Side7」ってガンダムの話が多いと思ってはいたけれど、
「ガンダム」をフィーチャーした深夜番組だったのねぇ。
はじめて知りました。
たまたま、しげさんの趣味だから多いんだとばかり思っていました。

何よりもらしいな、と思ったのは「損はさせません」。
これもちょくちょく言う。
きっとしげさんにとって最大のオススメの言葉なんだろう。
あれでいて、控えめな人だから。


いいお仕事にしているんだな、と思いました。
(いいお仕事を、ではなくて)

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。