スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

トラックバック&引用考

いつもいろいろな意味で興味深いネタを提供してくださる
「今日の覚え書き」さんではトラックバック考が展開されています。

こういうことは機会がないと考えないので、
以下、軽く、トラックバック&引用考を。




■トラックバック考


私自身、トラックバックをするときは
サイト名を入れて、記事にリンクするようにしています。
ただ、引用しているとは限らないです。
同じネタ、ということでのトラックバックが多いので。

で、
トラックバックをしていただく際にも記事へのリンクをお願いしています。
はじめての方へ

個別記事のページのトラックバックURLのすぐ上に書いてあるので、
見えないということはないと思うのですが、
文面が悪くて理解していただけないのか、
リンクをはっていただけないことが往々にしてあります。
トラックバックをしてくださった方のところには必ず訪問するのですが、
そこにリンクがなければ、
コメントにお願いしてるんですけど…とずうずうしく書き込んでいます。
そこまでする必要があるのか?と自分でも思うこともあるのだけれど、
注意書きを読まない、という姿勢に問題を感じてしまうのです。
注意書きを読む/読まないというのは、初心者とかベテランとかの問題ではないから。

でももしかして…
記事を読まずにトラックバックって自動でできてしまう?
そういうのはもう、避けようがないな…

あとよくあるのが、
大した内容ではないからリンクだけ、トラックバックしません
というケース。
これはねぇ。気持ちがよくわかる。
リンクしました、なんてコメントを丁寧にいただくと、申し訳ない感じ。
それってありだよなぁ、なんて思ってしまうのですが。
遠慮なしに同じネタならお気軽にトラックバック!とも思います。
言及してるか(さらにいうならちゃんと自分の考えを書いているか)
私は問題にしません。
リンクを入れられる、っていう時点で
ある程度接点がある記事になっていると考えています。
(本当に関連が薄い記事ではリンクを入れると文章が破綻する)

昨年、ブログというものを実際にはじめて、
トラックバックという相手に対する強制リンク的な仕組みを知って、
少なからず驚いたわけですが、
相手の著作に対して土足で踏み込むような行為でなければいいのかな?と
少し緩やかに考えるようになりました。
(スリッパとか履こうということ)
トラックバックする以上、踏み込んでしまうことには変わりない。
それがイヤな人はブログを使わないとか、トラックバックを受け入れないとか、
方法はいくらでもある。
じゃぁ、トラックバックを受け入れる、
好奇心旺盛なブロガーさんに対しての最低限の礼儀は?と考えると
ローカルルールにたどり着くわけです。

というわけで
トラックバックについて、確固たるルールがない以上、
ローカルルールがあるか、あるならどのようなものか、
そこに気を遣うべきだと思っています。
(自分の方法がベスト、ではなく、トラバ先に従え!ということ)


■引用について


「今日の覚え書き」さんやその参照先で扱っている「引用」というのは
主にスクリプトのことのようで。
スクリプトの場合、単なる引用=再配布につながるから、
普通の文章と意味合いが異なる気がします。

まぁ、私の場合、カスタマイズネタなんていうのは滅多になくて。
このブログはほとんど文章で成り立っているのですが…

引用する際に大切なことは
元の文面を一言一句変えないことだと思っています。
引用
↑こんな感じで、引用文を囲んでいるのですが、
あやふやな記憶に基づく場合は、
この引用文用の枠で囲まないよう、注意をしています。
正直、引用文中に誤字脱字があるときは困るけど…そのまま。

紹介する上ではまとめてしまうことが多いのだけれど、
引用の方が、
実物を見てわかる、興味を持ってもらえる
というメリットがあると思っています。
だから、「実物」でないと意味がない。

引用としながら、実際には厳密な意味での引用ではないケースも
散見されますが、意図がよく見えない。
途中省略するなら(略)とか入れればいいのに…

もう一つ、大切なことは、引用するなら必ず出典を明記する!
これはとても重要なこと。
ネットに限ったことではないので。
で、出典書くなら、そこにリンクした方が、
読者にとっても、引用元にとっても、有益だと思う。
やっぱり書く以上、多少なりとも有益なものにしたい。理想。

■ネット=リアル?


ネットとリアル(日常生活)での振る舞いを同じように考えるべきか?
これは難しいなぁ。
ネットだからこそ、簡単に、考えや思いを表出できるというのがあって。
そこに日常生活と同レベルの気遣いを求めると、
ちょっと重たいような気がしています。

例えば、
コメントを書き込むときに
「こんにちは」なんて挨拶から書かなくてもいいと思う。
要件だけで十分。

気遣いは必要なものだけれども、
ネット上なりの気遣いをするべきなんじゃないかと。
顔が見えない、文字だけ。
書き込んだらあとから修正できない。
そういう、ネットの特性を考えて振舞えばよろしいのでは?

ネットの世界というのは、
自分の書いたものが延々とネット上にさまよい続けるのですから、
ツールが発達して、簡単に文章を公開できるようになったのと裏腹に、
それなり(かなり)の覚悟が必要です。
私自身、最近、
誤字入りでいったん記事をアップして、あとで修正したんだけれど、
間違ってた言葉の方で検索でひっかかるようで…
恥ずかしいわぁ。

軽い気持ちでコピペして、まるで自分のもののように書いたものが
全世界に見られてしまう可能性があると。
内容が同じであれば、検索では隣り合わせなんて可能性も。
そんな恥ずかしい思いをする覚悟があるんだったら、
何でもしたらいいと思う。

EntryTop

コメント

どーもー、トラバありがとうございました。

> 注意書きを読まない、という姿勢に問題を感じてしまうのです。
これ、すごくよく分かります。
私なんかトラバURLの真下に注意書きを書いていても無視されますからねぇ(苦笑)。
よっぽどアレなのか、日本語が読めないのか…。

> もう一つ、大切なことは、引用するなら必ず出典を明記する!
これも当然ですよね。普通論文書く時そうするだろ?って問いつめいたいです。
どうしてこんな当たり前の事ができないのか、首をかしげる事がよくあります、ハイ。

> ネットだからこそ、簡単に、考えや思いを表出できるというのがあって。
> そこに日常生活と同レベルの気遣いを求めると、
> ちょっと重たいような気がしています。
そういう考え方も全然有りだと思います。
みんながみんなきっちりしてる方がおかしいですもん。
私だってネットだから年上の方に平気でえらそうなクチを聞けたりする部分があると思っています。

ただ、最低限の気遣いはやっぱり必要な気がして、私はネットとリアルの態度はほぼ同じようにしようと心がけています。
そうじゃないと自分が気分悪くなってしまうので(苦笑)。

>もそさん

「普通論文書く時そうするだろ?って問いつめいたいです。」
ですよねぇ。
ただ、論文を書いたことがない人って、結構いる気がするんですよね。
そうすると常識じゃないのかも…とか改めて思ってしまいました。

結局、トラックバックの場合は相手ありきなので、
気遣いをしてます!って姿勢を示すことが大切な気がします。
(自己満足?)
気の遣い方(レベル)が違うのはリアルでもよくあることなので、
そこは気にしてたらキリないかな?なんて。

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。