スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

行田天然温泉 古代蓮物語

今日は「行田天然温泉 古代蓮物語」に行ってきた。
各所の口コミでの評判がよく、以前から気になっていたところ。
でも、ちょっと遠いなぁなんて思っていたのだけれど。

関越を使っていきました。
(ETCを付けて以来、高速を使うのが楽しいらしい)
渋滞していたけれど、それでも2時間くらい。
わかりやすい場所にあったから迷わなかった。
午前中に着いたのに、駐車場は結構混んでいて、奥の第3駐車場に入れる。
まずは腹ごしらえ。
値段相当のものは食べられます。結構よかった。

まずお風呂に入る。
東京近辺の天然温泉にありがちな黒湯ではなく、薄黄色の透明なお湯。
細かい泡が見える。炭酸が結構強いのかも。
お風呂は意外と空いていてびっくり。

温まったところで一旦お風呂を出て、岩盤浴へ。
300円だから気軽に入れる。しかも混んでない。
気持ちよく汗をかいた。
マットとして渡されるタオルがちょっと長めでゆとりがあったり、
木の枕の高さがちょうどよかったり、
そんなちょっとしたことがよかった。

またお風呂に戻る。
今度は露天風呂でのんびり。
意外と開放感がある。
ぬるめのお風呂が充実していて素晴らしい!
一番ぬるいのは源泉そのままのお風呂で、33℃。
外であの温度だと、この時期はちょっと寒いので
私は入らなかったのだけれど、旦那は大絶賛で「最高!」とのこと。

お風呂の後はちょっと贅沢してマッサージ。
私は足のマッサージ(アロマ系)をしてもらった。
足裏はそれなりに痛いんだけど、ふくらはぎの方は気持ちよくて
ちょっとうとうとしてしまった。

やぁ、大満足。
街中にあるのに一歩中に入ると雰囲気もまぁいいし。
また行きたい。

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。