スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

ドラマ&コメント

「1リットルの涙」もそろそろ中盤、といっていいのか。
今日も西野先生はちょこちょこ顔を見せていました。
バスケの試合中に「なんだ!その守りは!」なんて怒ってるのはいい感じ。
嫌な先生になりそうな片鱗が見えた?!
入院すればしたで「池内の分まで気合を入れて…」なんて。
熱血先生をアツク演じてて、見ていて楽しいです。(しげさん登場部分は)


ドラマ自体はどんどん深刻になってきて、どうも。
あれだけ原作にない恋愛模様を描きながらも最後には必ず原作の言葉を使う。
効果ということを考えれば、仕方ないことなのか。(ちょっと釈然としない)
結局、一番力のある言葉は原作からくるものなんだなぁと
ドラマの終わりにはいつも、現実のすごみを改めて感じています。




あと昨日、「スピリッツ」を見てきました。
「20世紀少年」の新刊発売を記念して↓芸能人の方々のコメントが載っていました。
20世紀少年 20 (20) 20世紀少年 (20)
その中にしげさんのコメントがありました。
ニュアンス的には「僕がコメントなんてしていいんですか?」のような。
あと「応援してます」かな。
なんか相変わらず、ちょっと浮き足立った感じのコメントでした。


ドラマの話に戻る。
「○○の分まで~する」という考え方があまり好きではありません。
せっかくの機会だから精一杯活かそう、というのならわかるのですが、
ほかの人の分までどうこうするというのは、抵抗がある。
つい、使いがちですが(便利だから)。
ドラマ中に、人間は欲張りに生きようとするといったような言葉が出てきて、
ちょっとそんなことを思ってしまいました。

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。