スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

就職活動的なこと

先週末くらいに先生から突然言われて、就職活動的なことをしている。

今日は履歴書用の証明写真を撮ってきた。
伊勢丹で。
東京の方の人しかピンと来ないのかもしれないけど、
就職活動の証明写真と言えば、やっぱり伊勢丹が基本。
といっても、今日できあがってほしかったから、デジタルなんだけど。
さすがのできあがりだった!
撮った直後に、どれにするか6枚から選んだんだけど、だいぶ印象が違ってた…
全体がものすごく傾いてるというか、ゆがんでるというか、
写真で見るといつもそうなっちゃうんだけど、それが直ってるの。
修正??
あと、伊勢丹では必ず瞳に光を入れてくれる。キラキラ。


大学院生の就職活動って、イメージわかない方もいらっしゃると思いますが…
まぁ、こんな感じですよっていう例を。






私のようなバリッと文系の場合、
院生になってしまうとそれだけで就職先が限定されます。


修士課程(2年、博士課程前期とも)修了見込みで就職活動する場合は、
教職(中高国語)が多い。
教職って、南関東くらいで探すと大卒では結構厳しいらしい。
(南関東が特に激戦なのかな?茨城とかだとあるみたいだけど…)
院卒だと、免許が「一種」から「専修」に変わるから、
多少有利になるらしい。
でも公立より私学に就職する人が私の周りには多い。

あと、日本語教師。
まず海外に出る人の方が多いかな。

一般企業に入る人は少ない。
そもそもそこを目指してないから。
私は普通に就職活動したんだけど、かなり門前払いが多くて難しかった。
門前払い=院卒は募集していない
年齢制限的には2浪の人と同じはずなんだけど、
エントリ資格がないと言われまくり。
学歴なんてあればいいってもんじゃないの。
自分のなりたいものに合っていればいいんだと思う。

あとは研究者志望。
これは進学するのが一般的。
進学するのは博士課程(3年、博士課程後期とも)。
博士課程は、大学とか修士課程とちょっと違うところがある。
大学は卒業したら「学士」、修士課程は「修士」と学位が取れるけれど、
「規定年限在籍して卒業=学位取得」とはいかない。
博士論文を書いて審査に通らないと学位(=博士号)取得できない。
そういう仕組みです。
もし論文を書かずに規定年限在籍して院を出たら…
いろいろな呼び方があるんだけど「(単位取得)満期退学」となる。
私がもし今、院を出たらそうなるわけで、
でもできれば在籍中に論文を書きたいなぁ…できれば…なんて思って
居残っています。(4年目=大学で言えば5年生)

博士課程に進学してしまうと、
一般企業への就職の道はほぼなくなります。
社会系とか理系だと違うんだろうけど、私の専攻ではまず無理。
基本的には、研究者=大学教員を志望していることになる、のかな。
研究機関がかなり少ないから。

現実としては
恐ろしいことに何にもなっていない人がいっぱいいる…

大学で助手とか非常勤講師ならいい方。
私もまずそのステップに行きたい。
研究機関にお勤め(常勤)の人もいるけれど、かなり狭き門。


で、何を考えたのか、先生から、
ある大学の教員公募に応募しろと
いきなりのお達しがあったので、現在応募書類を作っています。
履歴書だけじゃない。
転職した人ならわかると思うけれど、
業務経歴書にあたる書類があって、それを作るのが面倒!
しかも業務じゃなくて「研究教育経歴書」。
(私の場合、普通の業務経歴もあるんだけど、そこは職歴だけでスルー。)
論文とか発表はいいとして、あと、どの辺まで入れたらいいのか、
よくわからなーい!
これから書きます。
昨夜いろいろ考えたけれど、とりあえずフォームだけ作って書かずじまい。
(フォームはネットで拾ってきたものを流用!)


今回はかなり年齢層が広くて、募集は助教授~。
絶対無理。
ただでさえ無理なのに、どうも先輩も同じところに出すらしい。
勝ち目ないなぁって感じ。
若さくらいしか、私のアドバンテージはないけど、
今回の募集には必要とは思えない。

なぜ先生が出せって言ったのか、正直かなり疑問。
何事も経験だと思って、とりあえずやってみるのみ。

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。