スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

「メレンゲの気持ち」

日中録画しておいた大泉さんご出演「メレンゲの気持ち」を見た。
以下、感想。
ネタバレを含みます。
道外の方で内容は知りたくないの!という方はご注意を!!






以下、感想。順不同。思い出した順。


「メレンゲ」ってこんな番組だったっけ?
久本雅美が出てるっていうこと以外、全然覚えてないんだけど。
浅田美代子が出てた?


ゲスト3人を呼んでまぜまぜにトークって不思議な構成。
途中にスタジオとほぼ無関係なコーナーが入るのも不思議。


で、大泉さんですが。

「ズームイン!」と違ってHTBの映像を前面に押し出してきた。
「サイコロ1」の映像を使うだけで、ちょっとスキャンダラス。
あの頃のまだ学生ですっって表情は好きだったりする。
元気くんも出た。
やっぱり元気くんだったか。
「カメラを見れない子」…ちょっとかわいい表現。


「水曜どうでしょう」はユーコンの話。
ミスターの「きびしいっ」が聞きたくなった。
お昼の時間帯にあの話ってどう?
しっかり「下ねた」って言われてしまってたけど。


「COMPOSER」の紹介がちょこっと出たが、
このシーンを見せちゃうの??ってところがあってびっくり。
いいのかな?
この間のサンサンでやっていた
「洋ちゃんかっこいい部門」…と分けてメールしてもらった話が出る。
久本さんの信じられないって様子がツボ。
聞いたことある人なら、さもありなん、なんだけど。
ちゃんと送ってくれる素敵リスナーに囲まれている大泉さんってことで。
サンサンリスナーの偉さを再認識してしまった。


日テレ得意のジブリの話は「千と千尋」の番台蛙。
やっぱり「すごーい!」と言われる。
富田さんが「ハウルでも最後の~」と言ってしまう。
流されてたけど。
「洋ちゃんはジブリファミリー」発言。
つっこみどころありすぎ。
洋ちゃんな上にファミリーって誰?っていう。
あの、いかにも作ってますっていう自慢げな顔はかわいい。
(いわゆる洋ちゃん作戦にはまっているのかも)


大泉さんの落ち着きのなさはかなりのもの。
落ち着かなくなるとクッションを抱っこする。


橋本龍太郎のモノマネをして、
「へたにものまねをしない方が…」と相田さんに言われてしまう。
ツボ。
大泉さんのモノマネは激似ではないものが多い。
ちょっとやったのでは面白さがわかりにくい。
(=大泉さん自体がそういう人のような気もする)
田中真紀子にしたって、
あぁ、あのひとならそういうふうに言いそう…みたいな
変なリアリティのある嘘フリートークが面白い。
でもそれを見せるにはかなりの文脈整備が必要。
トーク番組では厳しそう。


久本さん&ゲストのお二人にバンバンつっこむ大泉さん。
つっこみキャラで行くのか?
言いたい放題キャラ?
まぁ、それでもいいけれど。


富田靖子さんと同じ事務所なのね。
よく会うか?みたいな質問に対して
「週末に…」と困った顔で答えたのは面白かった。
久本さんにきれいにつっこまれてたし。


両親を「パパ・ママ」と呼ぶなんていうのは全国放送でははじめてのネタ。
聞いたことはあったが。
「パパママと呼ぶからってマザコンじゃない」と力説するのが可笑しい。
ご両親自身がパパ・ママと自分のことを呼ぶという話で
お父さんの真似をして、電話をとって「パパでした」という。
可笑しすぎ!
あれ、本州の人にはまずわからないよ。
電話出てすぐ「~でした」(おばんでした、とか)って言わないもの。
「~したっけ」は何度も言ってたなぁ。
1回「したっけ」と言ったシーンにテロップが出たんだけど、
「~したから」になってた。
ちょこっとツボに入る。
二度と共演したくない人も「おふくろ」。
4万円でもやっぱり少ない。
「頑張って売れてるんだから」みたいな久本発言にはなるほど感アリ。
東京の芸能人にはそう見えるんだ。
「北海道の大スター」
「深夜帯なのに視聴率18%超」みたいなことをいくら言っていても。
自称「ローカルタレント」っていうのも不思議だった。
なんかお笑い系の扱い。
キャラ的にそれでいいのかな?


フェレットにびびって逃げまくるのはお約束感があるけれど、
見ていてちょっと楽しい。
でもそれ以上に、自分のいた場所に犬がいるのを見て
(自分が)「犬に変わっちゃったと思われる」と言うのがツボ。
思うわけないから。
これは綺麗に流されてた。


クイズコーナーは
正解のお菓子を食べる人たちと俳句に集中している人たちに
すっかり置いてけぼりにされる黒一点大泉洋。
世田谷ロールを手にぼやく。
いいシーン。


相変わらず一まとまりが長いトークなんだけど、
ぶつぶつおいしいところだけ使うってかんじではなかったので、
見やすかったし、そこそこいい感じになっていた。
衣装がかわいかった。
髪のセットも今日はいい感じで。
さすが富田さんに「入りが早かった」と言われるほど早くから
セットしただけある。(1時間かかるらしい)


最後、さよなら!みたいなのはないのね。
やっぱり不思議な番組。


富田靖子・櫻井よしこというゲストの組合せはどうだったんだろう?
「何があっても大丈夫!」って感じか?


私の中ではいまだに「ブランチ」がNo.1。
(ちなみに2位は「いいとも」)

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。