スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

私の「最素敵心痛的出来事」

まろやかな渋茶」さんが2周年だそうです。
おめでとうございます。
私がJUGEMでブログをはじめたときには、
もうすっかりファンブログの最右翼にいらしたような気がします。

さて。
まるっと2周年記念企画、その名も
あなたの最素敵心痛的出来事を教えてください。
に参加します。

以下、私の最素敵心痛的出来事を。(ものすごく長くなりました)




最素敵なわけですが、ジャンル別に3つってことでいいですか?
選べません。

■ネットデビュー?


本当に衝撃的だったのは、2004年5月6日の大泉洋さん「うたばん」ご出演です!
普通はMステだと思うのですが…
この頃はまだブログをはじめていなかったので、
当時の日記を思い切って再録しました。
→「うたばん!!!

千葉から多摩に引っ越してしまった私は
どうでしょうリターンズが見られなくなっていました。
結婚式の打合せで札幌に行ったときに
地下街のHTBショップを見つけてDVDを購入して、
どうでしょう視聴欲をなんとか満たしている状態でした。

そんな私がこの日偶然、テレビ欄に「大泉洋」の名前を見たのです。
歌を聴くのはもちろんはじめて。
この頃はダイアルアップでネットにつないでいたので
どうでしょう公式の存在さえ知らなかったのです。
まぁ、ある意味
「どうでしょう」というコンテンツが純粋に好きだった時代
とも言えるでしょう。
それが「うたばん」を境に
ネット上に存在していたどうでしょう&大泉洋の世界が
一気に目の前に開けたのです。
(訪れたファンサイトの一つがほじゃぶるさんのところでした!)

ここから持ち前の情報収集癖が爆発して、
ファンサイトがやたら多かった(本当に多かった!)JUGEMさんに
自分のブログを構えるに至ったのです。
それでもはじめからファンブログにしようなんて思っていなくて、
日記を書く場所を移したくらいのつもりでいたのですが、
周りのアツさを知って、
私の書く記事の内容はかなりの偏りを見せるようになりました。
「うたばん」ご出演がなければ、
そしてテレビ欄に「北海道の水曜は大泉洋」と出ていなければ、
このブログは恐らくなかったことでしょう。

今となっては「うたばん」はよかったねぇ程度なのですが、
当時の素敵度といったら相当なものだったのでした。


■しげさんファンになった


これについては以前ブログに書きました。
→「水曜Rを聴いた
水曜R=しげさんの回の最終回です。

「R」はFOMAで映像つき(テレビ電話)で見ることができるという
とてもありがたいラジオ番組でした。
JAM-BOREEの重大発表見たさにFOMAに変えた私は、
テレビ電話でラスト1時間を視聴。
この中で新番組「Side7」の紹介があったのです!
FAN TANでは普通にかっこいいと思っていて、
シアテレの「LOVER」のときのインタビューとか
CUE Diaryでこの人面白いかも…と気になり始めていたところに、
新番組についてやたらアツく語る男佐藤重幸を見てしまい…
疑惑が確信に変った日でした。
この人は私のツボを押しまくると。

次の日の卒業スペシャルなんて
感動してちょっと泣きそうになりながら見たものです。

残念ながら「Side7」を東京で聴くことはできませんが、
とことこと何処へ行こふか」さんはじめ、
いろいろなブログさんのレポで楽しませていただいています。
ツボをぎゅうぎゅう押されています。
水曜R最終回が、
私をしげさん方面に方向付けしたきっかけだったのではないかと
思っています。


■洋ちゃんと呼びたくなった日


生大泉洋をはじめて見たあの日、
あまりのかわいさに洋ちゃんと呼びたくなった自分がいました。
「river」上映会 その4(完)
この日まで、私にとって大泉さんは面白い人であって、
「かわいい」人では決してなかったのです。

「River」上映会で
鈴井さん&大泉さんが舞台に現れたときは涙が出てしまいました。
緊張だったのかな?
ぎゅうって感じで。

お話がはじまったら、
大泉さんがものすごくかわいかった!!
大泉さんのかわいさに開眼しました。
(これ以降、かわいいとちらほら思うようになった)
家に帰ってから、旦那に言ったのを覚えています。
「すごいかわいいから。明日お台場で見ればわかるから!」
もう、大興奮。
「ぱぁ!」っていうのはあれのことなのでしょう。

ある意味これが一番、最素敵心痛的出来事かもしれません。
(ほかのは「心痛」がないから)



CUEさん関連のニュースには
ドキドキさせられることが本当に多いのですが、
その後の影響度の大きさを考えると、この3つになりそうです。



未来的最素敵心痛的出来事は
「大泉さん徹子の部屋ご出演」
です。
徹子のマイペースマシンガントークにどう対応していくのか?
ほとんど編集がないといわれるあのトークで
大泉さんはどう振る舞い、何を言ってしまうのか?
とても楽しみにしています。



最後に何なのですが…
ほじゃぶるさんの書く文からは愛があふれ出していて、
ちょっとうらやましいです。

EntryTop

コメント

ゆみぞうさん、TBありがとうございます。
ジャンル分けされた記事、どれも楽しく拝読しました。
特に、しげさんファンになった過程が面白かった!笑
ゆみぞうさんは気がつけばシゲファンになっていたように
思っていたので「おお!そうだったのか!」という発見が
ありました。シゲ、私も大好きです。
未来的~、徹子の部屋!ありますかねー、あるかもですよねー!
いやぁ、凄そうだ。笑。ぜひ見たいです。
私の文章、愛溢れてますかねぇ・・。笑
きっと力ずくで放出しているバカテンションがそう感じさせるのだと
思いますよ。笑。これからもよろしくです!

>ほじゃぶるさん

コメント旅行にいらしてくださってありがとう。
そう、気がつけばしげファンです。
やっぱり「ビバしげオチ」バナーを貼るべき?
こちらこそ、これからも楽しみにしております。

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。