スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

「シアターガイド」

「週刊ザ・テレビジョン」の方は
ぱらぱらと見たものの記事を見つけられませんでした。
後ろの方はよく見たつもりだったのだけど。
どこでしょう?
(今日は教えてもらってばっかりだ…)

「シアターガイド」は
表紙に「北海道から全国へ。TEAM-NACS」とあって
ちょっと驚いた。
カラー5ページ。
「舞台は全国!真価を問われるTEAM-NACSの第2幕」というコラムと
5人(森崎・大泉・安田・佐藤・音尾)のインタビュー+
[エンゲキの神様にお願い!]。

[エンゲキの神様にお願い!]は簡単に書くとこんな感じ。
(ママではなく、省略しています。ご注意を!)
森崎
ずっと5人で芝居をやらせてください。おじいちゃんになってもずっと。
大泉
演じる人物がせりふ一声で(自分に)乗り移っちゃうようなお芝居がしたい。
安田
どんな小さな役でも通行人でもいいから、山田洋次監督の映画に参加したい。
佐藤
絶対に枯れない鉄のノドが欲しい!
音尾
手足を長くして…額の生え際の髪をもうちょっと増量して…目は離れたままで!


以下、感想。




コラムには「LOOSER」と「ミハル」の写真があるんだけど、
なぜこのシーン?と思ってしまう2枚。
特に「LOOSER」。4人の写真っておかしくないか?

一人ひとりのプロフィール、大体妥当な内容なのに、
安田さんの
野性味あふれる快男児から、過激な「変態」まで硬軟自在に演じ分ける劇団一の性格俳優。…
「変態」までって!!
かっこいい性格俳優って、最強じゃないか?素敵だ。

大泉さんがここにきて貪欲になってるのはとても好感が持てる。
それにひきかえ、しげさんは常に貪欲だ。
鉄のノドを望むのなら、まずは節制してほしいと思う。
これだけ貪欲なんだからねぇ。
のどの強さってある程度生まれつきだと思うけど、
それだけじゃないはず。
私も歌を歌ってた頃(中高)はものすごく大切にしてたぞぉ!

「COMPOSER」に関わるいい記事があれば買いたいと思ってたので、
これは買いました。

EntryTop

コメント

テレビジョンは記事ではなく、
ドラマアカデミーの新人賞に洋さんが選ばれてましたよ!

トロフィーを持ってご満悦でした。
でもジャングルのトロフィーのがお似合いですけどね(笑)

>ルンルンさん

教えてくださってありがとうございます。

いろいろなブログさんで「ドラマアカデミー」って書いてありました…
恒例のコーナーなんでしょうか。
日ごろドラマに興味なし、テレビ誌も読まないっていうのがバレバレですね。

トロフィーを持ってらっしゃる、それは楽しみ!
ジャングルのトロフィーはなんてったって「優勝」ですもの。
あれが最高!と私も思います。

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。