スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

最近読んだ本

最近(ここ1ヶ月くらい)読んだ本を並べてみます。

チルドレン (講談社文庫)カオスだもんね! 19 プレジャー編パズル・パレス 上 (角川文庫)パズル・パレス 下 (角川文庫)
天使の耳 (講談社文庫)眠りの森 (講談社文庫)日光殺人事件 (角川文庫)陰陽師 夜光杯ノ巻
図書館戦争図書館内乱図書館危機図書館革命
塩狩峠 (新潮文庫)劒岳―点の記 (文春文庫 (に1-34))子どもとことば (岩波新書)京都 紫式部のまち―その生涯と『源氏物語』

ほとんど図書館で借りて読んでいます。webで本の感想や書評などを見て気になったら、図書館のサイトで検索してあれば予約。歩いてすぐのところに図書館があるので、そこで受け取ることができます。登録が面倒で今までweb予約システムを使っていなかったのだけれど、実際使い始めると便利すぎる!!税金の払い甲斐もあるってものです。


ダン・ブラウンは家にあったもの。仕事で移動中、読むものがなくなり買ったらしい。『ダヴィンチコード』も『天使と悪魔』もあったのだけれど、友達にあげてしまいました。これもそのうちどこかに旅立つのでしょう。まあ、ダン・ブラウン節です。初期の作品ということで甘いなって感じもしたけれど。最後の肝心なところが超あっさりしていて「そんなのかよ!!」と夫婦揃ってツッコんだものの、よくよく話すと二人の気になっているポイントが全然違ってた。本を読んで感想を話すというのは面白いものです。

『カオスだもんね!』の新刊がいつの間にか出ていた。これの難しいところは、本屋のどこの棚にあるかがわかりづらいことです。コミック、コンピュータ、雑誌……。今回はゲームの攻略本の棚にありました。そういうのこそamazonで買えばいいんですけどね。

借りるのはミステリーが中心で、上に挙げたもの以外にもいろいろ読んでいます。内田康夫をはじめとした旅行系のほか、地元を舞台にしたものとか。東野圭吾を読み始めたのは最近。

『陰陽師』シリーズも図書館で見かけたら借りて読んでいます。短編でかつ台詞ばかりだからあっという間に読み終わってしまう。

『図書館戦争』シリーズはそのタイトルがずっと気になっていたものの、やっと手をつけることができました。図書館に興味がない人には面白くないのかな、どうなんだろう。こういう軽いものをガンガン読んでいくのは本当に楽しい。別冊も読むつもり。

『塩狩峠』は久しぶりに読みました。家にあると思っていたのに、引っ越しの際、処分してしまったようで見あたらず、借りて読みました。

『チルドレン』の伊坂幸太郎さんははじめて。webで見かけたのがきっかけで。出てくる人が優しい。べたべたな優しさではないのだけれど。好みのあっさりした文体なので、もうちょっとほかのも読んでみようかなと思い、今予約中。

『劔岳 点の記』もwebで見かけたもの。明治時代の地図を作る役人の話。見開きにある地図を見ると見たことのある地名がそこかしこに。ああ、剣岳ってこの辺なのかと。そのレベルなので、かなり新鮮に読めました。本格的な登山ではなく、ちょっとしたハイキングとか自転車とかそんな感じでいいから、今ここには私しかいないのかな?って気分をまた味わいに行きたくなりました。


小説ばかりなので、そろそろリハビリ(?)として新書くらいは読もうかなと思っているところです。

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。