スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

最近読んだ本から

面白いなあと思ったフレーズをメモしておくことに。

最長片道切符の旅最長片道切符の旅
宮脇 俊三

新潮社 2008-04
売り上げランキング : 222585

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

第26日より

「一日じゅう汽車に乗っているのは......」
「つまらないでしょう」
「いや、おもしろいです」
「……」
「山登りに似てます。山登りは歩いているときがおもしろいのです」


一日中、列車に乗っていたことはないというか、どこかに移動するという目的なしにただ列車に乗っていたことはないのだけれど、山登りに似ていると言われるとちょっとその楽しみがわかるような気がした一瞬。
列車に限らず、車にしても、フェリーにしても、飛行機にしても、移動の最中が妙に楽しかったりします。

この本にはほかにも「時刻表を読む」人なんて話も出てきて、ちょっと懐かしくなりました。
高校の修学旅行で、自由行動(私の学校では5泊6日のうち、実に4日半が自由行動だった)の予定を作るのに、一人1冊時刻表を買いました。それまでも家族旅行のために時刻表でちょっと調べ物をすることはあっても、ああでもない、こうでもないと、いろんなパターンを考えたのは、高校のときがはじめてだったように思います。
で、欄外にある投書の面白さにはまってしまったのでした。その後、数ヶ月は本屋さんで時刻表を立ち読みしていた記憶が…(欄外を読むために!)。
今はwebの乗換案内があるので、時刻表をめくることはほとんどなくなりましたが、ちょっと遠回りしたいなんてときは、やはり時刻表のお世話になることになるんだなあと、先月の奈良出張の折には思ったものです。


ちょっとネコぼけちょっとネコぼけ
岩合 光昭

小学館 2005-04
売り上げランキング : 19764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

冬は暖かく、夏は涼しいところにいて、美味しいごはんを食べて、優しいヒトに可愛がってもらう。ネコにとってうれしいことは居心地のよいことだろう。


『ちょっとネコぼけ』はネコの写真集。
ネコの気持ちよさそうな様子を見ているだけで幸せになれます。
ネコの写真というとつい、おすまししているところを撮りたくなるのだけれど、あくびや伸びしているところといった、日常の様子を記録しておきたいなと、改めて思い直しました。

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。