スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

都民の森

今年の夏は珍しく遠出なしになりそう(少なくとも今のところは)。
それでも暑いから少し涼みにお出かけしたいよね、運動不足になっちゃうし、なんて思い、16日(土)に大好きな奥多摩方面に連れてってもらいました。

朝、9時半すぎに出発。
お盆休みでキャンプの人とかいっぱいいるかな?と思いきや、そうでもなく(川沿いにはそれなりに人はいたけれど、道はこんでなかった)。


奥多摩湖は車窓から見るだけ(いつもそう。写真くらい撮ればよかったかな?)。水の色が青とも緑とも言えない、きれいな色でした。


今まで立ち寄ったことがなかった山のふるさと村でお昼。私はとろろそば&ご飯のセット、旦那さんはヤマメ定食。どっちもおいしかったけどねえ、ヤマメ定食がオススメです。ごま油と醤油のピリ辛なタレで味付けされたヤマメの丼ものなんだけど、なかなかよそでは食べられないと思う。さしみこんにゃくもおいしかった。さすが名産!雰囲気からいうとレストランと名前はついているけど、どっちかというと食堂?って感じで(食券だし)、味も期待できないのかな???なんて、はじめは思っちゃったんだけど。カレーとか食べたらもったいないよ!
ビジターセンターやクラフトセンターをちら見して。少し歩こうかと思ったんだけど、割と時間がかかりそうだったのでここはやめちゃいました。


そして車で檜原都民の森に移動。
昔は登ったこともある三頭(みとう)山だけど、都民の森ができてからは、ちょこっと立ち寄ったことしかなくて。はじめて入ってみました。

しばらく運動してなくて、体が重い重い!!!森林館というメインの建物(?)に着くまでの坂で、大汗をかいてしまい、散歩の「さ」に入る前に休憩。森林館の休憩所(2階)はちょっとした高台になっていて、自然の風が吹き込んでくるんだけど、これが気持ちよくて。畳敷きのスペースでごろ寝してる人がいたけど、私もそうしたかった!
適度に涼んだところで、お散歩スタート。
大滝の路コースという、1kmほどの散歩コース。ウッドチップが敷き詰められた、ものすっごく整備された道でした。


途中、見晴らしのいいところで小休止したり、花が咲いてたら写真を撮ったりしながら、本当にのんびりお散歩。



水音が近づいてきたなあと思ったところで滝に到着。滝の前に橋があって、綺麗に見えました。水も多い。


ここで折り返して帰ってきました(1周するとなると、立派なハイキングコースになる)。
帰りは沢沿いの階段を下って。


途中に小さい水車があったり、魚が見えたり。


お散歩したら、お腹に余裕ができたので、三頭だんごを食べました。くるみ味噌っていうのを食べたんだけど、意外としょっぱかった。団子というよりやわらかーいお餅でした。行ったら食べた方がいいと思う。おいしい。


帰りは五日市経由で。都民の森に行くだけなら、五日市から行った方が近いのです。ただ、今回はドライブがてら奥多摩湖を1周したいなあとか思ったので、奥多摩→周遊道路→五日市というコースにしました。
周遊道路では自転車とすれ違いましたが。あの坂を…すごいなあと感心してしまいました。


車で帰路についてから、1時間もしないうちに雨が、しかも結構な勢いで降ってきたので、お散歩のときに降られなくてよかったなあと思ったり(山の方だけだったのかな?五日市辺りではもう止んでた)。

今度は近場とか、都内とか、少しお散歩できたらいいなあ。

EntryTop

コメント

お久しぶりです

こんばんは!
8月にブログをお休みしてからほとーんどパソコンを立ち上げなくなったので、久しぶりにケータイから拝見しました。

都民の森、良さそうですね^^
散歩が気持ち良さそうで、子どもがもう少し大きくなったら行ってみたいなぁと思いました。
奥多摩方面は私も好きです。
マイカーがないので行くときはいつも電車(しかも会社の人たちと)で行ってました。
玉堂美術館あたりから川べりの歩道を下っていくのが定番でした。
途中にあるお店でお昼を食べたりお寺で鐘をついたり(笑)
懐かしい!
また行きたくなりました♪

自然の中を散歩するのは気持ちいいですよね^^

>acoさん

私も久しぶりに画面に向かっています。コメントに気付くのが遅くなってしまいました。

都民の森は気軽に歩けるので、お子さん連れも多かったですよ(いい大人だけ、の方が少ないくらい)。玉堂美術館あたりは人気がありますね。

そろそろ紅葉の季節かと思うのですが、今年はたぶん家にこもりっきりになりそうで、見にいくことができないのが残念です。

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。