スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

フォント

パソコンに文字を入力すると,画面に文字が表示される。
正直,去年くらいまであまりフォントを意識してこなかった。意識するとしても印刷するときであって,画面に表示されるフォントを気にするのは,ブログタイトルのフォントをどれにしようか迷うとき程度。これは「表示」ではあるけれど,自分以外の人に見せるためにフォントを検討しているという面では,印刷と似たような気持ちが働いているんだと思う。


去年は仕事の関係上,使うフォントが制限されるようになり(文字セットの問題でMSゴシック等では足りなかった),今はIPAフォントをメインに使っている。
一般利用者向けIPAフォントのダウンロード || OSS iPedia
ちょっとかわいげがあって,なかなかいいですよ。


さて。夏にMacを使い始めたのだけれど,Macなんて触ったことがほとんどなかった私がいきなり使って結構気に入っちゃって今やメインになっている理由の一つに,フォントの美しさがある。本当になめらかで,目に優しい。ところがブログを更新するのにMacを使っていなかった。家でブログ更新することが最近めっきり少なくなっていたから。

今年になってから,Macでブログ記事をいくつか書いたのだけれど…。FC2で新規記事を書くと,妙にがちゃがちゃしたフォントで打ち込まれる。これが思いのほか苛立つ。特に美文を打ち込んでいるつもりはない。書いたのは温泉に行ったとか自転車に乗ったとか,そんな日常の記録だ。それでも,文章作成の過程が思いどおりの見た目で進まないことへの苛立ちは大きかった。なんか,考えていること,打ち込んでいることが,がちゃがちゃしているように感じてしまったのだ。気持ち悪かった。

我ながら意外と繊細だと思った。自分の考えをキーボードに打ち込み,文字として目に見える形にする。そのときから,私は自分の考えを外から眺めはじめているのかもしれない。

EntryTop

コメント

インターリングから・・

初めまして(^^)

アクセス解析の
「インターリング」の記事を検索したら
ココのBlogの前身のBlogに辿り着き・・
そして、新天地ココへ飛びました(^^;

「インターリング」は人造言語とのことですが
コンピューターが人工知能を発揮して
独自で辿り着いたってことでしょうか?
それとも、陰的な言語で・・
誰かが不正にアクセス、例えばプロキシサーバーを介してアクセスみたいなことなのでしょうか?

本記事とは、まったく違うコメントですみません。どーも解せないので(^^;

>花見櫓さん

はじめまして。旧ブログからわざわざこちらにいらしてくださってありがとうございます。
私もインターリングについては全く知識がないのですが,人工言語,つまり人が作った言語であって,コンピュータが人工知能を…といったものではないと思います。不正アクセス用の言語とかそういうものでもないでしょう(そういうものがもし存在するとしても,それはコンピュータ言語であって,アクセス解析の「言語」に出るものとは別だと思います)。エスペラント語はご存知でしょうか?あれと似たようなものかと。
お答えになっていればいいのですが。
参考までに,Wikipediaのインターリングの項目をURL欄にリンクしました。よろしければご覧ください。

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。