スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

Opensky2.0

「八谷和彦―OpenSky 2.0」展
3月3日(土)午後
NTTICC(東京オペラシティタワー内)


【参考】
展示公式サイト:ICC Online | OpenSky 2.0
展示レポート:【レポート】あの『ナウシカ』の(ような)飛行機を展示 - 「OpenSky2.0」新宿にて開催中 (1) 飛行可能なパーソナルジェットグライダーを展示 (MYCOMジャーナル)
展示レポート(?):ほぼ日刊イトイ新聞 - ほぼ日ニュース
プロジェクト公式サイト:OpenSky
ブログ:OpenSky 日誌


今回の展示のカタログ↓



コレド日本橋の古奈屋でカレーうどん(+野菜のかき揚げのセット)を食べた後,初台へ。

八谷和彦さんといえば…ポストペット,ニュータイプ適性検査,Opensky(←あくまでも私にとってのイメージ)。
宮崎アニメは好きだけど,ジブリ好きというよりナウシカ派なので,Opensky(いわゆるメーヴェのような乗り物)を作っているというのはとてもワクワクすることなのです。で,ようやく展示を観にいくことができました。

3月11日までなので,興味のある方はぜひ!




人を乗せて飛ぶものは随分大きいなぁという印象(ナウシカとの比較)。ほかにも,乗る場所が安定しているとか,ちょっとした違いはいろいろあり。それでも,やっぱりこれはメーヴェだ!と思う。
プロジェクトの進行状況を撮った映像を少し見たが,テストフライトというのはかなり怖そうな印象。高いところが苦手な私にはムリ。あのむき出し感が開放感につながるんだろうなぁと思う。生身で空を感じることへの恐怖(?)を乗り越えなければあの乗り物には乗れない,たぶん。

そんなことを思いながら,フライトシミュレータに乗ってみました。簡単なクイズに答えて5問中3問に正解すれば乗れます(体重制限:90kg未満)。こちらはとても安全。
シミュレーションしている人の前にはモニターが3つあって,目の前の景色が見えます(シミュレータの近くの壁には,シミュレータの後ろから見た,もう少し広い景色が映ります。後ろから飛行機か何かで着いて行っているようなイメージ)。
ちょっとした体重移動で右左,上昇下降を操作します。
順番待ちをしている間,ほかの方の操縦ぶりを見ていたのだけれど,人によって様々。クルンクルン縦に旋回する人(ワザとではないのでしょう),ぐるっと1周する人,内陸にガンガン切り込んでいく人,低空飛行する人。

私は前の人が横浜の山の方で終わっていたのでそこからスタート。係員のお姉さんが「左に行くとランドマークタワーなどが見えます」と言うので,おとなしくそちらに行ってみる。したら見えました!ランドマークタワーとか,ベイブリッジとか。空から見たのはもちろんはじめて。ランドマークタワーをすり抜けて(もしかしたらぶつかってたかもしれないけど,衝撃とかないので平気!),東京方面に向かったところで終了。
2分間はあっという間でした!


技術と夢が結びついていく過程を見るのは本当に楽しい。
ICC自体,いろいろ面白いものがあって,それを一通り見て遊んで,面影屋珈琲店でお茶を飲んで帰りました(「華麗なる一族」のロケをしたらしい…)。

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。