スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

明智光秀~神に愛されなかった男~

昨夜は「明智光秀~神に愛されなかった男~」をリアルタイムで見た。
写真を見るかぎり,鬘をつけた大泉洋はどうしても武将に見えず(顔がひょうきんすぎる),それでも見たくて仕方なかったドラマ。

以下,感想。




実際にドラマがはじまってみると,はじめに出たときには「出た!」となっちゃったけれど,意外と普通だったというか,目が慣れたというか。特に浮いている風には感じなくて,ほっとしていました(時代劇大好き)。ドラマ自体は,まぁ随分と斬新な解釈を打ち出してるなぁと。生真面目な人だって人間だもの,生真面目なりの人間くささがあるんだよということかと思います。なるほどと現代らしさを感じながら見ました。

さて。大泉さんの役は光秀の娘婿秀満。今までの時代劇ではまず出てこない役柄なのだけれど,今回はなかなかの出番。光秀の人間らしさを見せるために必要な役。そして時間が経つに連れ,理解者になっていく。いい役です。セリフはそれほど多くなかったものの,重要な場面では必ず一言,ないしアップが入る。比叡山攻略の作戦を練っているシーンが一番の長ゼリフだったでしょうか(本人は映っていなかったけれど)。最後まで出ていました。
思ったより時代劇らしいセリフまわしで,キリっとした表情のときは鬘でも違和感なく(面白い顔のときはどうしても面白く見えちゃった…ごめんなさい)。

今後も時代劇に出てほしいなぁとは思わないんだけど。これもなかなかよかったかなぁと思いました。

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。