スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

Cat in the Red Boots

新感線☆NEXUS
9月25日(月)昼公演
グローブ座

『陥人』を観なかったので、初グローブ座。とてもよく見える席で幸せ。
WOWOWのカメラがいっぱい入っていました。

まだ公演中です。
続きはネタバレになりますので、ご注意ください。




新感線は観たことがない。なのにいきなり新感線☆NEXUS。
『開放弦』を観たときだったか、赤い長靴の形をしたフライヤーに心を奪われ、観たい!と思ってしまったのでした。

はじめてのグローブ座は使いでのある劇場だなぁという印象。
270度開けているせり出しの舞台で、四方に伸びる通路がある。そして、その通路を、舞台下を、役者さんたちがところ狭しと走り回る。私たち観客は常に、舞台の中にいる。ファンタジー世界の一員。役だってあるのです「都の人々」。セリフ(?)を言ったり、拍手をしたり、万歳したり!参加型のお芝居でした。楽しかったなぁ!

東映のアニメ『長靴をはいた猫』がまっ先に思い浮かんだこの舞台。それで正解だったようです。猫が女のコってところはちょっと違うのだけれど、妙にお調子者な感じは懐かしく感じました。

誰かが特にすごい!という印象はないのだけれど、数人の若者を除けば実は私より年上の役者さんたちがいっぱいだったというのを、後でパンフを見せてもらって知りました。殺陣のキレがよくて。歌って踊って。役者は体力が資本なんだなぁと、改めて感じた次第。
主役の粉引き少年は、さすがに鍛えられていて、踊りながら歌うときが一番光って見えました。近くで見たら、本当に美少年だった。眼福。

とてもロックな音楽で、へぇ、そうなんだ!と思いました。あまりそういう素養がないもので、一夜明けた今はあまり印象に残っていないのだけれど…。観る直前まで、朝からずっと「コブラ」のオープニングが頭をぐるぐるぐるぐる回り続けていたのですが、観た後はそれがきれいさっぱり消えて、劇中の曲が残っていました。パワーのある音楽だったんだと思います。

物語としてはカジュアルなファンタジーで、なんだかごちゃまぜで、とにかく笑え!楽しめ!わっしょいわっしょい!!という印象。これに、舞台の形、周りを走り回り、すぐ横でセリフを言う役者さんが加わって、ファンタジー世界にどっぷりつかっているうちに、本当にあっという間に時間がすぎていきました。
途中に休憩が入るのを知らなかったのだけれど、休憩までは本当にすぐだったし、休憩の後が休憩前よりも長かったなんて、全く気付きませんでした。スピード感という意味では、今年観た中でも一番なような気がします。

観終わった後はまさに「爽快」!
でも次はいのうえ歌舞伎を観てみたいなぁ、と思っています。

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。