スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

安田さんのダイアリーを読んで・2

安田さんのダイアリーを読んで」の続き。

■何を見にいくの?
観劇に限らず、映画の舞台挨拶、イベント…。
それぞれ性格・雰囲気は違う。観る側もその雰囲気に応じてふるまうことが要求される。

もし、大泉洋だけのトークイベントだったら、「キャー!洋ちゃーん!」くらい言ってもいいだろう。誰も言わなかったら微妙な雰囲気になる。むしろ言って、くらい。横断幕とかのぼりとかで盛り上げちゃってもいい。後ろの人に迷惑にならない範囲で。あえて、シゲうちわを持っていって「帰れ!」と言ってもらうのも一興、かも(度胸が必要です!)。大泉洋の一挙手一投足を見て、トークを聞いて、心から笑う。大泉洋ファンしかいないのだから、遠慮はいらない。ファン同士の配慮は必要だけれど。

映画の舞台挨拶だと、少し難しくなる。
お目当ての俳優がいるから、舞台挨拶に行く。そういうものです。でも、共演者や監督さんもいらっしゃっている。その方々に失礼のないようにしたい。例えば、共演者の挨拶には拍手をせず、大泉さんにだけ猛然と拍手する、これはNGだと思うのです(先日、実際にそういう方が横にいた)。共演者や監督さんは、大泉さんの仲間なわけだから、敬意を示したいと思わないのかな?皆さんに拍手をした上で、大泉さんに対してはより大きな拍手、くらいにした方がいいのでは?
「洋ちゃーん!」って言っていいかどうかはとても難しいところ。話がはじまる前だけ、とかならいいのかしら。でも、応援グッズを持ち込むのはやりすぎかな。大泉さん一人ではないから。しかも主役ならまだしも、大体わき役なわけで…目立ちすぎないようにした方がいいんじゃないかな?なんて、思う。

観劇は文字どおり「劇」を観ること。役者単体を見ているわけではなくて、舞台全体を観て、楽しむもの。もちろんお目当ての俳優がいるから観るという側面はあるのだけれど、お目当ての俳優さんがアンサンブルに、そのお芝居の世界観に、どう融け込んでいるかを楽しみたい(私は)。
役者単体を見るわけではないのだから、応援グッズは必要ないと思う。「よかった!」と思ったらアンケートを書いたり、DM請求をしたり、するようにしています。家に用紙を持って帰ってあとから送ったり、メールしたりしたこともあります。役者の皆さんへの(舞台挨拶と同じで、お目当ての俳優さんだけではなく、皆さん!)拍手とアンケート。これがお芝居のときの「よかった!」って気持ちを伝え方なんだろうと思う。
以前、NACSさんのラジオを聴いて、アンケートを読んでくれているんだなぁと実感したことがありました。佐藤さんは言ってました「絵はいらない」。おバカなアンケート(確か「洋ちゃんかっこいい」だけ書いてある、とか)はアンケート刑事が出動します。アンケート刑事が出動しないよう、舞台の感想をちゃんと書きたいものです。



なぜ「何を見にいくの?」という題で書いたかというと…。
先日の『獏のゆりかご』のアフタートークで少し思ったことがあったから。あの日の記事には書かなかったのだけれど。

最前列にお手製(!)のうちわを持った人がいたのです。あと、コソコソおしゃべりする二人組が近くにいました。安田さんはそちらの方をこわい顔して見てました。お手製のうちわの人は、最後の最後でマギーさんにつっこまれ、安田さんは「お芝居中に持ってなくてまだよかった」みたいなことを言っていました。あれ、喜ばれていなかったと思う。

もう一つ気になったのが、アフタートークだけを聞きにきた人が結構いたことです。当日券に並んで、取れなかった人が多かったのかもしれません。でも、アフタートークだけを聞きにきた人の中には「『獏のゆりかご』をまだ観ていない人」が何人もいたのです。私は、まだ観ていないお芝居のアフタートークを聞くという行動に強い違和感を覚えます。「アフター」トークなのに!別の日に観たのだけれど、アフタートークが聞きたくてまた来たというのは十分理解できる。でも、観てないのにアフタートークとは?ねたばれは気にならないの??
結局、トークの内容はお芝居に関連することというより、役者さん個人についていろいろという形式でした。お芝居を観た後、いろいろな場面の苦労話とかそういうのが聞けるのだろうと期待していた私は、正直がっかり。役者さん個人について、いろいろ知ることができて、小松さんが気になっちゃった!とかそういういい面ももちろんあったのだけれど、期待はずれだった感は否めない。
観客側がトークショー感覚だったのでは?と思います。あの、とにかく「顕ちゃん!」な雰囲気(声かけする人はいなかったと思う)。何だか、共演の役者さんたちに失礼なように感じました。



まとまりがないけれど、観劇マナーって、音を出さないとか、グッズを持ち込まないとか、それだけではないと思うのです。人を見るのではなく、「お芝居を楽しむ」気持ちがほしいなと思っています。

EntryTop

コメント

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。