スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

インテリア打ち合わせ

インテリアの打ち合わせをしてきた。床の素材・色、建具(ドア周り)、壁紙…。こう書いてしまえば、1行もなくてすぐ決まってしまいそうだけれど、実際には3時間半ほど。

7月末に設備関係をあらかた決めたのだけれど、チョコチョコと変更を入れる。「よし、これでいいだろう!」と思って決めるのだけれど、家でよくよく考えてみると「やっぱり…」となる。人の心は揺れ動くもの。

床の素材・色は数パターンの中から消去法で決定。イメージを大きく決めるものの割には消極的な決め方だと思いつつ、妥協点を探っていったら一つしか残っていなかった。

建具は1階(親世帯)は床に合わせた色にしつつ、収納は白に。2~3階は白で統一。汚れそうだなぁと思いつつ、すっきりさせる方を優先させた。

壁紙はオフホワイトっぽいものを。これも1階と2~3階で、色味は似ているけれど少し違う柄にした。インテリアアドバイザーのお姉さんが、あれこれ見立ててくれるのだけれど、趣味が合う感じでよかった。


意外と悩んでしまったのがお手洗い。便器の色によって、合う壁紙・床が変わってくる。7月末の時点ではアイボリーで、と言っていたのだけれど、ここに大変更が入った。
まず母が1階をピンクに変更したいと言い出した。ピンク!見本をみるとやっぱりだいぶかわいい感じになる。ピンクならこの壁紙は?とかこの床は合わないとか、いろいろ検討を重ねた結果、結局アイボリーの便器になり、それに合わせたベージュ系のクッションフロアとストライプの壁紙に決まった。ストライプ!私なら絶対選ばないなぁ、と思いつつ、自分のトイレではないので口は出さない(合わないわけではなかったので)。
2階は手洗いの色に合わせて便器の色も白に変更した。壁紙も合わせて白くした。床は結構悩んでしまったのだけれど、あまり白すぎると落ち着かなくなるので、濃いめのグレーのクッションフロアにした。コンセプトは「会社みたいなお手洗い」。
3階はグレーっぽい便器にしたいなぁと思ったのだけれど、壁紙や床の色を合わせるのが難しくて結局アイボリーに。という1階と同じような道をたどってしまった。床はフローリングとほぼ同じ色、壁紙はほかの部屋と同じに。普通のお部屋に便器がありますといった風情の、妙な落ち着き感が出てしまった。
と、各階にあるお手洗いが見事バラバラに!こんな家あるのかなぁ??
各部屋の壁紙が違うっていうのはあるかもしれないけれど、お手洗いにこんなに凝っちゃって。変な家族。


終わったらくたくた。次回は照明とカーテンを決めるらしい。照明はある程度プロにお任せとしても、カーテンは結構考えてしまいそう。




ガラストップコンロにするかどうか、悩んで結局やめてしまいました。でもまだ迷ってる。
私は今、普通のガスコンロを使っているけれど、汚れるのは平らな面よりも五徳(鍋を支える部分)。平らなところは拭き取れば大概綺麗になります。そう思うとガラストップにするメリットがよくわからない。だって、ガラストップでも五徳はあるんだもの。黒いガラスがおしゃれっていうのはあるかもしれないけど、私は白×シルバー(グレー)でキッチンを統一しちゃったから、黒は見た目的にもメリット薄かなぁとか。
ガラストップコンロをお使いの方。オススメポイントがあったら教えていただけるとうれしいです。(普及しているのかしら??)

EntryTop

コメント

今は狭いところに引越してシステムキッチンじゃなくってテーブルコンロなんですが、ガラストップというよりリンナイの内炎式をお勧めします。
多層鍋使ってますが、今までは側面が火にあぶられて茶色くなって磨くのがいやだったんです。でも内炎式になってからほとんど茶色にならない。これってエコ的にもお勧めです。
まだ間に合うならぜひご検討を!
五徳も小さくってそれだけでも大きく違いますね。

>風鈴さん

内炎式って知らなかったんですけど、調べてみたらよさそうですね。五徳が小さいのも魅力的です。
でも…内炎式のオプションはないようで。せっかく教えていただいたのに、残念です!

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。