スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

雨と夢のあとに

演劇集団キャラメルボックス
7月26日昼公演
サンシャイン劇場

前回『俺たちは志士じゃない』を見た後に、次もまた見たい!と思って急遽、劇場を出たところで予約をしたチケット。2階席になると言われていたのですが、当日チケットを受け取ったら、1階でした。最前列。ちょっとうるさかったりして見やすい感じではなかったけど、表情がよく見えるので楽しめました。(NACSなら多少見づらくても最前列、アリなんだけどなぁ…)

この作品は去年テレビで放送されたとのことですが、全然知らず。

今回は福田麻由子ちゃん主演だからか、夏休みだからか、親子連れ(小学校高学年~中学生)が目立ちました。若いうちから生のお芝居を観るのって、ちょっと贅沢だけれどいいと思う。私も歌舞伎を観はじめたのは中学生のときでした(小学生の頃は親に連れられてミュージカルとかだったかなぁ…)。

さて、感想です。




一言で表すと、ハートフルファンタジー。
幽霊の話。セレソンさんでもお正月に幽霊の話を見た。今、思い出した。好きな人を残して死んでしまう、その心残りをコミカルに描く。同じね。でもちょっと風味が違っていた。それが劇団の個性なのでしょう。

今回こそ泣かずに観てみたい、なんて、無意味な意気込みで行ったんだけれど、全然ダメだった。劇場中ぐすんぐすん言ってるのが聞こえたもの。
お父さんと娘っていう組合せがよかったと思う。恋人っていうのは愛憎うずまくものだけれど、父娘には愛しかないのかな。幸せになってほしい、それだけ。

キャラメルさんの前説にもすっかり慣れて(グッズ紹介は正直どうでもいいなぁと思いながら聞いてます)、また次も観るんじゃないかと思います。観た後、暗い気持ちにならないのがいいなぁと思う。

このお芝居、オンデマンド配信されるそうです。so-net接続コース会員であれば、PRESS会員になるだけで観ることができるようです。いかがですか?
CARAMELBOX PRESS ON THE WEB


観劇後、原作本を買いました。なんとサイン入りです。
雨と夢のあとに
雨と夢のあとに
posted with amazlet on 06.07.27
柳 美里
角川書店 (2005/04/08)
売り上げランキング: 3,104

柳美里さんの本は読んだことがありません(最近の作家のものは、本当に読んだことがないのです)。私が持つこの人のイメージはとても生々しくて、何だか近寄りがたかったのです。でも、このお芝居みたいな優しいお話なら、読んでみたいなと思って。時間があるときにゆっくり読みたいと思っています。


ちなみに、最近読んだ本、今読んでいる本はこちら↓。
恐山殺人事件 天城峠殺人事件
浅見光彦シリーズは大好きです。観光ガイド代わりに楽しんでいます。

EntryTop

コメント

浅見光彦わたくしも大好きです。
祖母、母と親子3人で読んでいます。
ちなみに家には全シリーズあるほどです。

>りんさん

あら、りんさんもお好き?
私も大概読んだと思います。でも文庫派なので、新しいのは読んでません。全シリーズあるのはうらやましいわ!100冊以上ってことね。

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。