スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

おしゃれ着としての浴衣

昨日、久しぶりに友達と会った。
以前教えていただいた、吉祥寺の喫茶店「ゆりあぺむぺる」に行ってお昼を食べた(友達はお茶&ケーキ)。お昼もおいしかったし、ケーキもいい感じだったし、コーヒーもおいしかった。そして、まったり長居するのによかった。お昼過ぎくらいから、近所のおば様方でいっぱいになっていたみたい(振り返ったらおば様だらけだった)。追い立てられる感じがなくて、静かすぎなくて、落ち着いて話ができるお店だった。


さて。話題の一つに「浴衣」があがった。

友達が急に言った「浴衣着て電車に乗っていいと思う?」。恐らく今の若い人には到底理解できないと思うのだけれど…。
浴衣というのは文字通り、湯上り用の着物であって、要は寝巻きだということ。浴衣を着てホテルの廊下を歩いてはいけないのに(ホテルの廊下は外、旅館の廊下は室内=旅館の廊下なら歩いてもいい)、電車に乗っていいのかというのが、彼女の問いだった。小学生の頃、おばあさまに、浴衣で電車に乗ってはいけないと言われたのだそう。私はなるほどな、と思った。

まぁ、今の浴衣は実際問題として寝巻きではなくて、おしゃれ着だから電車に乗ってもいいだろうと私は思う。でも一方で、旅館でも自分の部屋以外では浴衣を着るのに抵抗があった(最近平気になった)者としては、彼女の違和感は容易に理解できる。

いつ頃から、浴衣はおしゃれ着になったんだろう?10年前にはもうなっていた気がする。バブルの頃かしら。ちょっと気になった。

EntryTop

コメント

おはようございます

はる三です。
新しいブログでのHNで投稿したので、前のHNも書いておきました。
『ゆりあぺむぺる』行かれたのですね。
落ち着けるお店だったようで、よかったです。
ワタシも同じ日の夜に行きましたよ(また)。

浴衣ですか…。ワタシも今年は浴衣が欲しいなぁなんて思っていたのですけど、
そう言われればバスや電車に乗るには抵抗がある気がします。
でもまぁおしゃれ着として売られててるものを着るんだから、恥ずかしくないな…と思ったりもしますが、
『浴衣』ということ自体で人目を引きそうで、外出する勇気はないかも。
寝間着としての浴衣も涼しげでいいかもと思いました。
寝間着で買おうかしら。

>れんとあさん

『ゆりあぺむぺる』行ってきました。古きよき喫茶店といった風情で、ゆっくりしてしまいました。
寝巻きとしての浴衣、確かに涼しげですね!あぁいう丈の短いのって、普通に買えるのかしら?

浴衣で交通機関を使うことの抵抗、すごくよくわかります。
近所のお祭りや花火大会にいくならともかく、緊張しますよね。
下手な洋服より薄着だという感覚がぬぐえません。
でも、薄い浴衣をもパリッとハリをもたせて着こなせたらかっこいいなぁと思いながら精進しています。

>janeさん

そうなんです。近所(歩いていける範囲)なら浴衣で全然抵抗ないのですけど。
売っている(仕立て上がり)浴衣はどうも派手なのが多くて、あまり好みでありません(去年は少し和柄復活ムードがあってまだよかったけれど)。しかも着崩れてしまっている人が多いでしょう。伝統的な柄の浴衣をピシッと着ているのであれば、見ている側としても気持ちいいと思います。

コメントする

(パスワードを入力すると後で編集可能になります)
←内緒話

トラックバックURL

■トラックバックに関するお願い■
・トラックバックの際は記事の中にこの記事へのリンクをお願いします。
・リンクがないトラックバックは受け付けない設定にしています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。