【月別アーカイブ】

 2007年06月 

presented by myhurt

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

宝塚BOYS

6月12日(火)夜公演
ルテアトル銀座

【参考】
↓写真,あらすじがあります。ネタバレを見ないようにしている人はクリックしないよう,ご注意ください。
(見る予定はないけれど知りたいという方にはオススメです)
男の宝塚を描いた『宝塚BOYS』 - [演劇・コンサート]All About


以下,感想を箇条書きで。
ネタバレを含みますので,ご注意ください!!







- 実はちょっと期待薄だった。
- ところが佐藤さんのダイアリーで練習している様子がわかって,だいぶ興味が出てきて。
- 安田メモの「重、誇らし。」で,かなり期待度アップ。

- 佐藤さんが序盤から出ていて,ちょっとびっくりした。
- 休憩をはさむとは知らなかったので,びっくり。休憩なしで2時間ちょいにした方が見やすいような気もする。
- 前半は男たちの青春ストーリー。正確にいえば,青春を取り返せストーリー,か。
- 花緑さんのピアノ生演奏はすごいなーと思った。
- 猪野さんのイメージが・・・!「ピュアラブ」のあのお坊さんのイメージしかなかったから,まさかあんなにガラッパチな役だなんて。
- パンフを読んだら,あて書きみたいなことが書いてあった。
- 確かに,佐藤さんはぴったりきてた。

- 後半,話は暗くなっていく。だって,結局宝塚の舞台に男性が立ったという歴史はないんだから。
- と思ったら,夢の世界に突入。
- 夢の世界は思いのほか長かった。
- 「今日はダンス部分を5回通しました。むちゃくちゃ暑い衣装で、長時間なシーンだから、劇場出る頃にはエネルギー0。」とダイアリーに書いていたのは,この部分のことだったのかと。
- 思えば『HONOR』終わりで遅れて稽古に合流して1ヶ月。
- 佐藤さんはいつだって頑張ってる。
- 佐藤さんはパキパキ動くので,宝塚の男役のイメージには結構はまっていた。くいくい動いてて,かわいかった。
- 羽の大きさが全員同じなので,同格。トップ不在というか。
- 初風さんの歌が素敵。
- もちろん夢の中で終わるわけではないのだけれど,爽やかな終わり方だった。
- 早着替え。大変なんだろうなぁ。

- 久しぶりにNACSの人だけに「キャー」となってない舞台を観た気がする。各ファンクラブからバランスよく??人気者集団?
- 一番人気は山路さんのような気もした。
- また観たい,DVDを早く観たいと思った。
- 長い公演,無事に終わることを祈ります。お体に気をつけて。

(6/19追記)
- モンパリを歌い踊りながら,一緒に歌おうと誘い歩くシーンが好き。長谷川くんも踊りが上手になったねぇと思ってしまう。
- 長谷川という役は感情移入しながら観やすい気がする。とにかく口火を切る。思ったことをすぐ,きっぱり言う。
- 皆で歌っているんだけど,佐藤さんの声がよく響きます。思いっきり歌ってる。
- レビューの部分はきっと何度観てもいいはず。
- 思い返せば,私は宝塚のレビューが好き。テレビでもレビューは見たけどお芝居は見なかった。
- すみれの花咲く頃とか,モンパリとか,オータカラヅカとか,つい鼻歌を歌ってしまう。
- ついでにルポワゾンとか2万(右右左左上下上下…)とか。それは宝塚というか何というか。
- DVD予約しちゃいました。

(6/24,25追記)
- タンゴ風にアレンジされた「すみれの花咲く頃」のダンスは,とても宝塚らしくていいなぁと思う。あの「ため」が。ダンスの役作り(キャラ設定)って,どうなっているんだろう。ソロ以外でも結構個性的だった。
- ソロのダンス+コール(?)のところ。佐藤さん,とっても楽しそうにコールしてて可笑しかった。
- 東京公演がとうとう終わりました。お疲れ様でした。
- 『HONOR』の東京千秋楽を通過点と位置づけた佐藤さんが「東京公演も、残すところあと1ステージ。なんだか感無量です。もちろんまだ全国公演が控えてる訳ですが、一応の完結といった感じでしょうか。」とおっしゃる。
- 千秋楽カーテンコールで山路さんが羽を背負って出てきたのに笑う。
- ぜひこのメンバーで再演を,と思わなくはないのだけれど,そうはいかないだろうし,ほかのものもやっぱり観たい。
- セリフを言っていないときの佐藤さんの表情がいい。
- 全然本人らしくない役を見てみたいな,なんて贅沢なことを思ったり。
- GHOOOOOST!!がとても楽しみになった。
スポンサーサイト

EntryTop

DONBURI亭CM

DONBURI亭のCMをPCで見ました。こうしてネットで見られるようにしていただけるのはありがたいものです。

それにしても,随分荒々しい男たちに仕上がっているのですね。
佐藤さんはこだわり屋さんなので,実際に火の番をさせたら上手そうです(って,ハナタレスカウトで見た記憶があるような?)。汗だく具合が実にいい感じ。
気になったのが,安田さんの水切り。とてもきれいに水滴が飛んでますが,あんなに器用なわけ…と思ってしまった。
料亭編のふーしゃーふーしゃー(ふー:火を吹く,しゃー:水切り)の繰り返しがお気に入りです。

プロフィール写真が新しい。最近の佐藤さんはとても黒目がちに写っています。そんなに魚眼レンズ風写真でなくていいじゃないかと思うのだけど。

EntryTop

TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。