【月別アーカイブ】

 2006年10月 

presented by myhurt

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

今読んでいる本

本を読む理由は人それぞれだと思います。
私の場合、好奇心を満たすという要素が大きいように思います。


小説では、日本のミステリーや時代小説が好きです。トリックが凝ったものよりも、歴史や地理など何かちょこっと勉強になる(知識が増える)ものが好み。なので、旅情ミステリーはよく読みます。
今読んでいるのはコレ↓。
香乱記〈上巻〉 香乱記〈中巻〉 香乱記〈下巻〉
宮城谷昌光はかなり好きな作家です。歴史小説と一口に言っても、作者の考えが前面に押し出されているもの、史実を中心に淡々と説明しながら肉付けするものなど、様々です。宮城谷昌光の小説にはところどころ史料の書き下しが出てきて、この部分をこう解釈したい、といった説明があるのです。小説としてはかなり淡々としていて、盛り上がりとか迫力といった面では、弱いかなぁと思うのですが、とても勉強になります。自分でちょっと史料(春秋左氏伝とか)を読んだことがある部分だと、かなり楽しめます。


もう一冊読んでいるのがコレ↓。

生理用ナプキンの草分け的存在であるアンネ社を取り上げた、ノンフィクションものといいましょうか、そんな本です。何となく、タイトルに惹かれて(母が昔「アンネ」と呼んでいたのを思い出して)、図書館で借りて読んでいます。
こういう、普段あまり考えたこともないようなこと・ものについて、簡単にまとめられた本を読むというのは、新たな発見があって面白い(興味深い)ものです。


私は、いわゆる小説というのをあまり読まない方です(なのに文学部出身)。本を読むときに、ただ楽しいというだけでなく、もう一つ何か得られるものがあるといいなぁと思っていて、もう一つ=知識であることが多くなっています。
かといって、勉強のために本を読むという行為はあまり好きではないのです。調べ物は好きなのだけれど、知識を得るためだけに本を読むというのは何だかつまらない気がして。ワクワク感がほしいのです。わがまま。


ついでなので、私の大好きな小説もご紹介します。
淡々とした時代小説が好きな人、古書が好きな人にはオススメです。
渋江抽斎    岩波文庫
渋江抽斎 岩波文庫
posted with amazlet on 06.11.01
森 鴎外
岩波書店
売り上げランキング: 101,182
スポンサーサイト

EntryTop

人に道を聞かれやすい

人に道を聞かれやすいタイプです。

交差点で、駅のホームで。よく声をかけられます。
東京(地元)ならいいのですが、旅先でも普通に声をかけられます。札幌で、大阪で(関西の人に見えないと思うんだけど…)、ハワイで!

まぁ、ぼんやりしているから(=急いでなさそう)声をかけられるのかなぁと、今までは思っていました。
そして、方向音痴ではないので、知っている範囲は普通に答えていました(それこそ札幌でも)。


でも、今日のはちょっとびっくり!

車で信号待ちをしていたら、前の車の運転手さんが降りてきて私の方に来るのです。何かなぁ?と思って窓を開けたら「甲州街道はどっちに行ったらいいですか?新宿に行きたいんですけど」というのです。びっくりしました。
とりあえず、甲州街道に出るには右だということだけ伝えたのですが…(新宿まで20キロ以上あるところでした)。


今回は暗かったので、前の車から、私の顔は見えなかったはずなのです。
これはもう、ぼんやりしているからとか、聞きやすそうな雰囲気だからとか、そういうレベルではないような気がします。
「人に道を聞かれやすい」星のもとに生まれたのでしょうか。

EntryTop

食い合わせの虚実

10月28日(昨日)のNIKKEI プラス1、19面に出ていた「食い合わせの虚実」という、ちょっと面白そうな記事。

食い合わせに関する記述は古くは中国の約二千年前の書物に、日本では平安時代の医学書『医心方』に出ているらしい。

よく言われる食い合わせに「食べ物の組み合わせが毒を生成することはない」という。それなのに言い伝えができた背景として「組み合わせの片方の食品が原因で体調不良になったことは考えられる」とする。

実際、浜松には「ウナギと梅干し」をわざわざ一緒に出すウナギ料理店があるそう。
うなぎ専門の店「志ぶき」>料理のご紹介>おひつまぶし


食い合わせを信じて、その組み合わせでは絶対食べないという人はいまどきそういないだろう。迷信と思ってる。
ただ理由なしに言い伝えはできないだろうとは思っていた。
今回の記事の、片方の食品に消化が悪い・鮮度が落ちやすい・毒があるなどの原因があるという指摘を見て、なるほどなぁと思った。

最後に…
食い合わせに関するちょっと微笑ましい記事(コラム)?をご紹介。
食い合わせのフォークロア 伝承とは、時として 「残酷」 なもの

EntryTop

筋肉痛

最近、ジムをサボりぎみ。
昨日、ちょっと急いでいて走ったからか、美容院でずっと座っていたからか、微妙に筋肉痛。
毎週のテニススクールは何なんだろう?

EntryTop

エンマノート続報

出先からなので簡単に。
公式に「来春公開予定」と出ました。今の状況から今秋公開はないだろうと思っていましたが。ゆるゆる待つとしましょう。

EntryTop

おめでとう!

とうとう日本ハムファイターズが優勝しました。札幌で!
久しぶりに日本シリーズを見続けました。いやぁ。よかったねぇ。道民の皆さん、おめでとう!

新庄の最後の打席、らしくてよかったなぁと思いました。三振でいいから思い切っていってほしかったもの。ちょっともらい泣きしました。

稲葉が活躍したのもうれしかったなぁ。

佐藤さんも今日、日本シリーズを観てたようですが、どちらで観てたのでしょうか?今してるお仕事は映画、なのかな??
楽しみにしています。

EntryTop

コストコ会員になる

今、コストコでは紹介キャンペーン中(~11/5)。年会費が1000円安くなるのです。というわけで、早速紹介していただき、会員になってきました。

何か、受付の段取りが異様に悪くてかなり待たされたり、会員証の写真があまりにもブサイクだったり(ウィンクに失敗した顔みたい…)と、入会手続そのものはかなりイマイチだったのですが。
入ったらやっぱりお買い物が楽しい。

オススメのパスタソース、ベーグル、トイレットペーパーなどなどを買い込んで…。どうしても買いすぎてしまう。早く慣れないと!
私は食べ物メインなので、ハナマサと同じような使い方になっているのだけれど、これからは洗剤とかを買っていきたい。
今日の晩ご飯はパエリアでした。そして明日のお弁当も。しばらく、お弁当箱の中身はコストコだらけになりそうです。

はじめて行った時の感想→恐るべし、コストコ

EntryTop

野球ファンだった頃

今日も日本シリーズを見ました。終わってみれば日ハムの圧勝。札幌ドームの応援、すごいのでしょうか?聞いていると「北の国から」が流れていて、なんだかほんわかムードなのだけれど。


子どもの頃、プロ野球が好きでした。
きっかけは西武ライオンズです。小学生の頃、ライオンズのあの青いキャップが大流行しました。遠足の写真を見ると、私もかぶっています。
駅前に西友がありました。よくあの「オーオーオーラーイオーンラーイオーンラーイオーーーンミラクルライオン奇跡を呼んでー♪」という歌を聴いたものです。ライオンズ、強かったなぁ…。子ども心に、西友の優勝セールでいいものが安くなることはないというのも、学んでしまったように思います。


さて。
私はスポニチを家で購読していました。
私がはじめてちゃんと応援したチームはなぜか中日でした。中尾というキャッチャーが好きだったのです。
【参考】中尾孝義 - Wikipedia

あの頃は巨人・広島・中日・阪神でAクラス争いという形で、中日を応援したときにリーグ優勝もしました(小松・小野が大活躍)。
しかし、肝心の中尾は、もう全盛期という感じではなく、トレードで巨人へ。


ところが!
へそ曲がりな私は、当時アンチ巨人だったのです。中尾は好きだけど、巨人は応援したくない…。そんな感じでした(でも中尾がそこそこ出ているのは見ていた)。


そこで次に好きになったのが、関根監督率いるヤクルト。
妙に元気で明るいチームでした。池山、広沢、飯田、そして内藤!お調子者揃いでした。栗山、古田のような知性派もいたし、八重樫のようなベテランもいましたが。私は内藤を応援していました。今もたまーにテレビで見ますが…(ギャオス内藤)。

【参考】内藤尚行 - Wikipedia

意味もなく(?)緑や青のビニール傘を愛用していました。
関根ヤクルトは弱かったけれど、野村ヤクルトになってから強くなりました。
開幕といえば、アレですよ。篠塚の疑惑のホームラン(ポール際の飛球がホームランと判定された…あれはファールでしょう)。巨人戦だったのでちゃんとテレビ中継されていました。もうね、かなり怒りました。

【参考】読売ジャイアンツ - Wikipedia

あの辺からケチがついたような気がします。まぁ、怪我したわけですが。今考えると、ストレートもそんなに早くなかったし、ピッチャーとしての魅力って何だったんだろう?と思ってしまいます。それでも開幕ピッチャーだったもの。いいピッチャーだったんだわ、きっと。


内藤引退で、私もプロ野球ファンを引退しました。
まぁ、友達と「高橋由伸が巨人入りするか」という話をしていて、「巨人入りしない」に賭けてたら入っちゃって、1年間にわか巨人ファンになっていたことはありますが。まぁ、勝ち負けを追う程度で。
なんていってても、球場に観にいくファンではなくて、専らテレビ観戦&スポーツ新聞チェックでした(小学~高校生くらいだからそんなものか)。

今年の日本シリーズは日本ハムを応援しています。もともと東京の球団だしね。オレンジの帽子をかぶっているコが同級生にいました。懐かしい。
札幌での3連戦は幸先いいスタートになりましたが、さて、明日は。

EntryTop

カーナビ依存症

思いのほか冷え込んでいます。

車検に出した車は昨日のうちに帰ってきたのですが…。
カーナビの調子が悪く(DVDを読み込まないことが多い)、今月中なら保障期間だというのでメーカーに見てもらうことになりました。

というわけで、昨夜からオーディオレス車なのですが…。
これが意外に淋しい!

テレビはともかく、ラジオもCDもiPodも、何も聴けない。静かな車。これでは朝の通勤でテンションを上げることができませんっ。
ナビがないのも困り者です。毎朝、ナビで混雑状況を見て「今日はこっちの道から行こう」なんて決めていたのですが。今朝はとりあえず、見た目と勘で行ってみました。まぁ、5分も違わないと思いつつ。朝の5分って貴重なのです。
あと、夜になると車内が暗い!


随分カーナビを頼っていたんだなぁと、改めて思います。2~3週間かかるのだそうです。早く帰ってきて!!

EntryTop

これで決まりさ

GW明けからはじまった建て替えの検討。今日で全部決まり、ハンコを押しました。
これで一段落。実家の引っ越しなどあるものの、建て替え自体は12月スタート。打合せがある週末から解放されます。
次はインテリア周りを探します。これはこれで楽しみ。

EntryTop

車検

車をはじめての車検に出しました。
代車をお願いしていて「フィットになりますがいいですか?」と聞かれていた。小さい車は楽なので歓迎。と思って、今日行ってみたらアコードだった。正直3ナンバーは運転する自信がない。ということで週末は運転しないことに。
車の方は故障がみつかったらしい(前から気になっていた)。故障だったのか!
あと、カーナビの調子が悪い(DVDを読み込まないことがよくある)ので、メーカーに出すことになった。来週いっぱい、オーディオレスの車になるのか!?通勤の楽しみが…

日本シリーズを見ました。
中日、強いなぁ。立浪ってまだいたのか、とか思ってしまいました(失礼)。

そうそう、amazonでも取り扱いがはじまりました。「CUE DREAM JAM-BOREE 2006「再会」」のDVD。私はamazon派です。発売日に着くとは限らないけど。
CUE DREAM JAM-BOREE 2006「再会」
ビデオメーカー (2006/12/20)

EntryTop

諸々

注文していた化粧品が届き、ほぼ日手帳が届いた。

手帳はシャンパンベージュ、だっけ?ちっともシャンパンぽくない。ひと昔前のエアロビクスする人のタイツ(?)みたいな、濃い光った肌色(それを了解して買った)。柄物にしてもよかったかなぁ…。カバーだけもう一つ買っちゃおうかな(入荷までだいぶかかるみたいだけど)。
正直、手帳は今すぐにでも使いたい感じ。12月が待ち遠しい。


化粧品メーカーのキャンペーンに応募していたら当たったというメールがきた。抽選で2000名様にオリジナルニットをということだったのだけれど、何色のどういう形に応募したのか、さっぱり忘れてしまった。クリスマス前に届くらしい。忘れてしまっただけにちょっと楽しみ。


昨日、友達とご飯を食べにいった。
図らずも彼女も私も10月から新しい仕事をはじめたところで、話は仕事のことばかり。おそらく広く社会一般から見たら、私たちの仕事は似たようなものだと認識されるのだろうが、本人たちからすると、まぁ何と違うことよ。

話を聞きながら、私は幸せだなぁと思う。
学校や職場の人間関係で悩んだことがない。もちろん「嫌だなぁ」と思うことはあるし、苦手な人もいた。でも、嫌なことにならないよう、日頃から気をつけるようにはしていた(早いうちに、この人意外と言いたいことは言うタイプだなとわからせるとか、外堀埋めてから話を持っていく=根回し的なこととか)。そして「あの人、1ヶ月くらい休んでくれたら助かるのになぁ」くらいのことを考えているうちに、ストレスが発散されてしまっていた。

本当なら悩むべきときがあったのかもしれない。瞬間的に悩むことはある。が、悩みに集中できない。ずっと悩んでいられない。無理くりいい方向に考えてしまう。あぁ、これはこれでよかったんだ、的なところに落ち着く。
おそらく、本当は考えるべきところ、途中で考えるのを放棄してしまったりといったことを無意識にしているのだろう。けれど、そうやって何となく折り合いつけてやってこられたのだから、これからも何とかなるんじゃないかと、楽観的に考えている。

EntryTop

昨年/一昨年の私

佐藤さんの新しい髪形に「!」だった今日。
いつかやってみようと思っていた、昨年/一昨年の私。

昨年の私:Happy Days # | 20051017
一昨年の私:ゆみぞう Happy Days | 20041017

昨年はちょうど「どうでしょう祭」が終わった次の日で、朝一で苫小牧に向かい、八戸までフェリーに乗り、車で帰ったのでした。長丁場なので、ときどき眠くなりましたが、ココ1番というときを「side7」の録音で乗り切ったものです。まだまだ祭は続くぞという1日でした。

一昨年はというと。
自分のことは一切書いてなかった。
大泉洋が仙台の学園祭に出た日だったようです。今ではちょっと考えにくい。人気もいまや全国区で。そして、かなりお高くなりそう。


振り返って思うこと。

私がブログをはじめたのは2年くらい前なのだけれど、あの頃だからこそはじめたんだろうなぁと思う。絶妙なタイミングだった。知っている人は大好きで、知らない人がたくさんいるという、おいしい状態。

今は大泉洋の名前くらいは知っている人が多くて、「好き」と一言で言ってもその度合いとか姿勢とか、かなり広くバラツキがある。こうなってくると、コミュニケーションもなかなかとりにくい。世間が広すぎる。

EntryTop

人見知り

久しぶりにお酒を飲んできた。仕事関係の大きめな宴会。

私は社交的に見えるようなのだけれど、自分としては結構人見知りだと思っている。飲み会とかだと、まぁ、何となく話はする。でもあと1歩を踏み出せない。酒が入ると、ものすごい勢いで1歩を縮める人がいる。見ていてすごいなぁと思う。その一方で、何もお酒に限った話ではないのかも知れないとも思う。

今日もそんな感じで。まだ職場に入って日が浅いので、どこまでキャラを出していいか、判断に困っている。とりあえず「お茶は好きなのを好きなタイミングで飲みたい」ってことだけは知られている気がする。あとは年齢とか住んでいるところとか北海道にちょこちょこ行くとか、そういう外堀的な部分だけ。
たぶん、私がザクヘッド付きボールペンを秘かに使っているのはバレてない気がする。

EntryTop

ギリシャの思い出(?)

佐藤さんがギリシャから帰る途中足止めをくらった件については、ご本人からCUE DIARYに書き込みがあって、まぁ無事だということで何よりです。
忙しいときは事務所のサイトをチェックしないんだろうなぁ…。

ギリシャというか、正確にはアテネですけど、新婚旅行で行きました。意外にも直行がない。私はロンドン(ヒースロー)でトランジットでした。空港に着いたら日本人ばっかりで、びっくりしたのを覚えています(アテネは空港自体がガラガラで、日本人は少なかった)。どうしても時間がかかってしまうので、新婚旅行あたりで行っておいてよかったなぁと、今になってみると思います。ただ、オリンピック前で随分工事中だったのが残念だった(この電車、間に合うのか!?って楽しみはあったけど)。エーゲ海クルーズと組み合わせて、また行きたいなぁ。

MOBILEの方の佐藤さんの書き込みを見て。
ユーロ硬貨のデザインが国によって違うというのを、新婚旅行のときはじめて知りました(初ヨーロッパだったから)。イタリアの1ユーロはさすがだな、というデザインですし、ギリシャのはかわいらしい。おつりで行ってない国の硬貨をもらえたときは、何となく得した気分になったものです。今でも、ギリシャの1ユーロ硬貨は記念にとってあります。

【参考】ユーロ参加各国のデザイン

EntryTop

戦場の絆

昨日、川崎に行ったときに見かけて気になったゲーム、機動戦士ガンダム 戦場の絆。
8対8で連邦とジオンに分かれ、戦う。外の人もその様子を見ることができる。
見ていると「あ、あの連邦の人、挟み撃ちにされた」「あのジオンの人少佐だ、かなりやってるな」と、かなり面白い。ただ、自由に動くのではなく、相手と仲間を見ながら動いていくのだと思う。
私はゲームがとても苦手だし、何人も並んでいたので、参加しなかったけれど。面白そうだったなぁ!やるなら、ジオンでやりたい。ジムよりザク。

【参考】
機動戦士ガンダム 戦場の絆
ITmedia +D Games:君は生き延びることができるか――「機動戦士ガンダム 戦場の絆」ロケテストに行ってきました

1/1らしきシャアザクとガンダムのヘッドがあったり、1/12のザク(緑)・ガンダムが並べてあったりと、プチガンダムミュージアム状態で、ガンダム充実度がやけに高いゲームコーナーでした。

EntryTop

ラゾーナ川崎プラザ、THE NIKKEI MAGAZINE

9月末にオープンしたショッピングセンター(?)、ラゾーナ川崎プラザにふらりと行ってきた。
思いのほか広くて驚いた。
でも、その広さを感じさせないくらいの、人・人・人!

スカートとお茶を購入。
いくつか好きなお店が入っていて駐車場も広いのだけれど、一人で勤め帰りに寄るには遠いのが残念(方向が全然合わない)。
また行ってもいいかなぁ…。空いたころに。

【参考】ラゾーナ川崎プラザ


帰ってから、新聞の折込をチェックしたら、THE NIKKEI MAGAZINEに大泉さんの顔写真があって、びっくりした。
一問一答形式で、ところどころくすっとくる回答。
例えば「生まれ変わったら何になりたい?」に対して
「脱サラして始める有機野菜農家」と回答。
わざわざサラリーマンになって、それから農家になるんだ、とか
有機野菜農家って大変そうだなとか思ってしまった。
「運転したい車」は「路線バス」だそうです。

EntryTop

スポーツの秋

今日はいい天気。
井の頭公園でテニスをした。久しぶりの屋外コートで、気持ちよかった!

EntryTop

乙女活動

仕事帰りに買い物に寄ってみた。車で駅ビルに向かう。平日だからか、駐車場は随分空いていて、楽にとめることができた。

スカートを探していたのだけれど、まず買ったのはバッグ。かなり理想どおり!グレーのラビットのファーがついていて、中(裏地)が金色。
私は裏地重視派なのです。ジャケットとかバッグは特に。ちらっと見えるからねぇ。赤とか、ストライプとか、花柄とか、そんな派手な裏地がついているのが好みです。完全に自己満足の世界なんだけど。
「スカートを探していたんですけどねぇ」とお店の人に言ったら、「買い物ってそういうものじゃないですか?」と言われた。なんか妙に納得。

とにかく、出会いは大切にしないと。先週の水曜日に見たニットがなくなってて買えなかったもの(あったら買おうかなぁ、くらいで考えていた)。

で、ニットジャケットっぽいカットソーと、スカートを買う。青緑っぽい色。予定より少しくらい感じで、小さい柄がはいっているけれど、とても着やすそう。
座ってばかりだから、楽なスカートが一番!
(1週間、毎日椅子に座るのって、こんなに足がむくむんだっけ?!)

そのあと、スカートやワンピースを試着したものの、買わず。
1着、よさそうなワンピースを見かけたのだけれど、あまりにいろいろ見すぎて、どこにあったか忘れちゃった。あーあ。でも、吉祥寺で見て忘れられないワンピースがあるから、今はまだ買わなくていいよ、という神様のお告げだと思っておく(出会いは大切に、とは逆なような気もするけれど)。

毎年、秋とか春になると
「去年は何を着てたんだろう?」
「どうやってこの季節を乗り切ってたんだっけ?」
と思う。で、買い足す結果、似たような、でもちょっとずつ違う服がコレクションされていく。

まずはワンピースとニットだわ。

EntryTop

美人百花・anan

日ハムがリーグ優勝した。トントン拍子だったなぁ。道民の皆さん、おめでとう!
ネットでしか見られないのかと思ってたら、テレ東で放送してた。しかも「最大延長11.14」って。WBSにすっかり食い込んじゃう計算。かなりのやる気を感じました。

今日は大泉洋が出ている雑誌をチェック。(ゲームの声もやるそうで。相変わらずのご活躍ぶり)

『美人百花』は…読んだことなかった。あるのは、何となく知っていたような気がする、程度。
30の質問ってことで、カラー3ページ。何だか衣装のバランスがあまりよろしくないように感じた。色味は好きな感じだっただけに残念。お疲れだった?

『anan』はミッチーとの対談。何だろ。お互い好きで、でも重なるところがない、という。気遣いしつつも「あーそうなんだー、僕はねー」みたいな流れで、面白かった。
そして、好きな男ランキングの「友達になりたい」で3位。「2秒で友達になれそう」とか言われていた。確かになれ「そう」な感じはする。全国区になっても、身近なイメージはそのままなんだなぁと感心してしまった。

大泉洋の恋愛話を連続で読んだので、ちょっと満腹ぎみ。「転ぶなよ」とか、そういう恥ずかしくなっちゃうようなことばかり言うんだもの。食べては歩いて消化するデートっていうのはちょっと楽しそうだと思った。


ところで、アテネって、何かのロケですか?

EntryTop

優勝セール…

中日のセ・リーグ優勝セールをイトーヨーカドーでやっているらしい。
でも、いわゆる日用消耗品は割引対象外だって。何か残念。

EntryTop

9月総括

ぐずぐずしている間に10月も3分の1を消化。

9月はまた月間記事数が減少。忙しかったので。本当に!!
9月をこれから振り返るのですが…。今まで、お馴染みshinobiのアクセス解析結果を見て書いていましたが、今回は数ヶ月前から試しにつけていたアクセス解析の結果を元にまとめてみました。

【参考】Research Artisan - リサーチアルチザン




■アクセスの多かったページ
1.Happy Days #
2.Happy Days #
3.Happy Days # | 20世紀少年最終回
4.Happy Days # | 佐藤重幸
5.Happy Days # |

あー、何かつまらない結果に。1位、2位はトップページ。URLの違いだけです。
http://yumizou.blog1.fc2.com/(1位)
http://blog1.fc2.com/yumizou/(2位)
2位の方から見てらっしゃる方がまだいて驚き。ブログリストのせい??どちらかといえば、1位の方のURL推奨です。特に理由はありませんが。
3位、4位は検索でいらしてる方が多そう。5位は…きっと私自身です。「Search & Link」のページ。ここからブログ巡回の旅に出るので、日に何度もリロードしています。
「Search & Link」のページにはclip(ドリコムのを使っています)もあります。CUE、北海道関連のニュース、ブログの記事などを随時クリップしています。


■検索
今月もまた、検索フレーズをご紹介します。

1 20世紀少年 最終回 5.76%(→)
2 20世紀少年 5.44%(↑)
3 魅!セレソンDX 4.22%(初)
4 佐藤重幸 3.34%(↓)
5 20世紀少年 2.88%(↑)
6 佐藤重幸 彼女 2.50%(↑)
7 enma note 2.12%(↓)
8 20世紀少年 最終回 1.34%(↑)
9 獏のゆりかご 1.25%(↑)
10 大泉洋 0.93%(↑)

相変わらず『20世紀少年』が強い。

「佐藤重幸」単体は少し順位が下がったけれど、パーセンテージとしては前月より上がっています(8月は20世紀少年に集中していた)。
CUE×PARCO SUMMER EXPO」の展示で「11月(予定)」となっていた『enma note』。いつになってもいいので、ぜひ公開していただきたいものです。

そして、新番組『魅!セレソンDX』に関心が集まっているようです。実は、先週分、録画だけしていてまだ見ていません。
【参考】公式サイト:魁!セレソンDX(※音が出ます、注意!)

珍しく、『獏のゆりかご』とか「大泉洋」といった、佐藤さん以外の検索ワードも出てきました。


■私の9月
・前半は予定通り忙しかったが、後半は予定外に忙しくなった!
 後半は激動の2週間といってもいいくらい。結果として、職業が変わった。

◇お芝居
・獏のゆりかご
獏のゆりかご・アフタートーク付き
・Cat in the Red Boots
Cat in the Red Boots
・ブルーバーズ・ブリーダーズ
ブルーバーズ・ブリーダーズ

『Cat in the Red Boots』は、私にしては珍しく音楽も合わせて楽しむタイプのお芝居。
ヨーロッパ企画はやっぱり面白い。可笑しい、というべきか。

◇映画
・シュガー&スパイス舞台挨拶
シュガー&スパイス~風味絶佳~

◇イベント
・水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭
水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭

何となく、初日に行ってしまった。ほかの日にも行けたらいいなと思っていたけれど、結局行かずじまい。
展示自体は大したことない。わかっていても行ってしまう。パネルにちょこちょこっと書き込んであるのを読む楽しさ。あぁいう、ちょっとしたファンサービスがたまらないなぁと思う。


■コネタ
・サプリクランクアップ
・CUE DIARY、小橋さんへのお祝いの言葉。

「自分がこの世に誕生した記念すべき日だから、誕生日は祝う」

歳をとるから祝うんじゃないんだよ。
だから、一生誕生日は祝っていいんだ。

非アニバ男、佐藤さんらしいというべきか。何だか、いい言葉。川島さんへの一言といい、最近の佐藤さんはいいコメントを出すなぁと思う。

EntryTop

大麦畑でつかまえて

『水曜どうでしょう』さん、満10歳おめでとうございます!

さて。HTBスペシャルドラマ『大麦畑でつかまえて』がテレビ朝日で放送されたのを見ました。北海道で放送されてから、約1ヶ月。ようやく。

以下、感想。




温かいドラマだったとは思うのだけれど、「農家の嫁」というテーマはわかるけれど、共感できる!というところまではいかなかった。難しいんだろうな、程度。

ホップ畑の緑(あんな風に生えるのか!)、大麦畑の黄色が印象的。大麦畑は本当にナウシカみたいだった。さわさわさわ…って音が聞こえて。東京の人が考える北海道って感じだった。
うちの旦那はよく、北海道=富良野って思われるのには抵抗がある、といったことを言うけれど。

大泉洋が作業着を着ている役にハズレはない。そんな気がする。今回も、不器用で頼りないところはあるのだけれど、でもいい人っていうキャラクタを好演していた。もう、すっかりテレビの芝居で。

なんか、『六月のさくら』を思い出しちゃった。あの頃は大泉洋が大泉洋にしか見えなかった気がします。今は、大泉洋のキャラクタがもちろん生きているのだけれど(だから、憎めない)、でも、いろいろな人に見える。確かに進化しているんだなぁ、なんて思ったら、ちょっとうれしかったです。

【参考?】ゆみぞう Happy Days | 「六月のさくら」感想・もろもろ 【追記アリマス】

EntryTop

仕様、かたまる

3連休の中日。風は強いがとても天気がいい。
それなのに、普通にテニススクール(インドア!)に行き、午後は打ち合わせに行く。

もう、家の間取り、設備、コンセントやスイッチの位置、外構(駐車場周りとか)など、全ての仕様が決まった。はず。
これで契約のはんこを押して、後はすっきり…と思ったらそうでもないらしい。

まず、実家の引っ越し。建て替えなので、仮住まいに引っ越さなければいけない。幸い、近所の一軒家を借りることができた。今日、見に行ったのだけれど、古いけれどそれなりに綺麗で、4ヶ月くらいなら十分という感じだった。しかも歩いて1分のところにある。

解体の打ち合わせをいつにするとか、地鎮祭をいつにするとか、そんな細々とした話をする。まだまだ、いろいろあるのがわかった。新居に落ち着くまで、ゆっくりできないみたい。

EntryTop

水車

20061007164006
埼玉県立 川の博物館にある日本一の水車。大きすぎて、観覧車みたい!

EntryTop

長瀞

20061007160109
神川の温泉に入った後、長瀞の岩畳を見物。はじめての長瀞は思ったよりもちゃんと観光地だった。SLの汽笛が聞こえた。
ライン下りは増水のため、お休み。お目当てではなかったものの、ちょっと残念!

EntryTop

そろそろ

今日あたり、秋雨前線の影響か、随分寒く感じました。
ということで、久しぶりに入浴剤を旦那の実家に送ろうと思っています。これ↓、遊びのないグリーンの香りがすがすがしいのですが、とても温まります。


EntryTop

面白く山をのぼる

拙者ムニエル
10月4日(水)夜公演
THEATER/TOPS

初日特売ということで、何だかちょっとお得だった。
2周年アンケートで勧めていただいて以来、気になっていた拙者ムニエル。どういう公演か、何も知らずにチケットを買いました。
仕事帰りに観劇。19:30開演というのはとてもありがたい。

【参考】拙者ムニエル『面白く山をのぼる』特設ページ

以下、感想。
ネタバレを含みます。




幕が開き、はじめてこの公演がコント集だということを知る。
短いコントが続くのだけれど、途中で前のコントと同じ世界観になったりする。
はじめは何か、客席があったまっていない感じだったのだけれど、途中からはくすくすくすくす。爆笑とはいかないのだけれど、笑いが止まらない。

初の舞台化、「コボちゃん」がかなりツボに入った。そもそもコボちゃん自体が新聞の4コマ漫画で、ゆるいストーリーなのに、それが妙に忠実に表現されていて。4コマめ(=オチ)のどうでもよさといったらなかった。うわー、しょうもなーい、というのが続く。

ドラえもんをヤクザの皆さんが演じている舞台っていうのも、おかしかった。セリフは全て「言いました!」のみ。なのに、どんなことを言ってるのか、大体わかる。ってことは…ドラえもんってセリフいらないんじゃん!

そんな永遠のマンネリズムと独自の世界観が絡まる、不思議なコント集でした。
俳優さんだけじゃなくて女優さんのキャラが異様に立っていて、何だかびっくり。次はもうちょっと「お芝居」って感じのが観たいなぁ。

EntryTop

空回り

TEAM NACS TEN、FC先行の結果発表日。取れず。
発表がいつか忘れつつも、真っ先に有給休暇を半日単位で取れるか、チェックするくらいの気合はあったのだけれど…。
これ、ファンクラブイベントではない??一般ってあるのでしょうか?!
次があったら、また頑張ります。一応。

EntryTop

更新時間

少し前の記事だけれど、304 Not Modified: インターネットのゴールデンタイムとサイトの更新時間を読んで。

21:00~24:00 あたりがインターネットのゴールデンタイムと言われています。

だそうです。
生活のリズムが変わったばかりなのですが、ブログの更新時間はあまり変わりそうにありません。
基本は晩ご飯の前、それまでに巡回先のブログを読み終えることができなければ、晩ご飯の後になります。例えば今日は、晩ご飯の前に当たります(こんな時間だけど!)。晩ご飯の前=旦那が帰ってくる前、つまり空いている時間派です。

この時間に更新したいなというのは特にありません。
アクセス解析を見ていると、何時に更新しても1日あたりのアクセスはそんなに変わらないようなのです。
これは、たまたま何かで更新されたのに出くわしてクリックという方が少なく、いつも同じ方が見てくださっているということなのでしょうか。

このブログではニュースサイトを意識する必要はありませんし、ほかのブログに影響を与えるとかそういうことも特に考えていません。
最近、24時前ギリギリの更新が多いのですが、個人的にはもう少し早い時間にしたいと思っています。
24時前に巡回している方が多いようなので。

ついでに白状しておくと、更新時間が「23:59」になっているときは十中八九、微妙にその日のうちに間に合わなかったときです。

EntryTop

TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。