【月別アーカイブ】

 2006年05月 

presented by myhurt

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

風邪から思い起こすいろいろ・2

今日はバイトをお休みして、昼間寝ていました。おかげで少しよくなった。ほっ。

明日お芝居だと思っていたら違ってました。ボケは風邪のせいではないようです(日常的にぼーっとしてる)。

皆さんは風邪をひいたらすぐお医者さんに行きますか?私は行きません。どこに行けばいいかわからない。もう、今のところに住んで3年以上になるのだけれど、近所のお医者さんが総合病院で(たぶん2番目はもっと大きい病院)、近くの内科医院となるとどこだろう??という感じ。
で、専ら風邪薬を愛用することになるわけです。お気に入りの風邪薬を子どもの頃から飲んでいます。「パブロンゴールド顆粒」。ひきはじめに飲めば結構効くと思ってます。でも、好きなのはその効き目というよりは味なのです。顆粒、つまり粉薬ですから、口に入れたときは苦味を感じるのですが、それを水で流し込んだ次の瞬間が甘い!この甘みが何ともいえずおいしいのです。

ついでに関係のないことを。
昨日、駅に行く途中で「酒豪の店」と看板が出ている居酒屋を見つけました。酒豪の顔が脳裏を横切りました(これを読んで、私かな?と思ったうちのお二人が正解です)。
あと、「モデルショップ」と書いてあるのに「プラモデルは置いておりません」と張り紙がある店を知ってます。どうも模型屋さんのようです。確かに"model"は模型なんだけど、ガンプラ世代の私にとっては紛らわしく感じてなりません。
スポンサーサイト

EntryTop

風邪から思い起こすいろいろ

風邪が治りません。私は鼻と喉が弱くて、今回も喉にきています。一応声は出る、程度。困ったなぁ。明後日はお芝居を観るのに(観劇ブームはまだ続いています)。
喉がいたいので、やたら水分を取ってます。せっかくなので「からだ巡茶」と「ヘルシアウォーター」を飲みました。両方とも、まぁ普通でした。たぶん二度と買いません。ちなみに「ヘルシア緑茶」は大好きです。ぬるくなって渋みをもろに感じるのも好きです。でも喉が痛いときにいいなぁと思ったのは、英国屋のゆず緑茶です。風邪でないときでもおいしいのですが。風邪といったらゆず、でしょう。

目もしょぼしょぼしてきちゃって。
今日、Melanie C のメッセージがバックプリントされているTシャツをみかけました。なぜ Melanie C とわかったのかというと、メッセージの最後に「Melanie Cxx」とサインがあったから。でも、目がしょぼしょぼしているので「C++」と勘違いしてしまいました。あ、C++のTシャツなんてあるんだぁ、とか。++とxxでは大違いですね。でもイギリスではxxxxを「#」と書くと聞いたことがあります。私のブログの名前の最後の「#」は「++++」と「xxxx」を兼ねているんですよ、実は。

我が家のテレビでは、山田くんが無念のUターンをしています。元気がないときこそ、「どうでしょう」の出番。

EntryTop

諸々

■佐藤さん月9出演決定
普段、ドラマは見ません。でもまず1回目は見るでしょう。サラリーマン(同僚)役?

■「MORE」買いました
付録がついていて、どこも立ち読みできないので。まぁよかった。かっこよく撮ってもらえてよかったねぇ、って感じ。おしゃべりの部分を読んでいて、大泉さんは癒し系なんだなぁと感心してしまった。

■藤村D誕生日

■明日の鈴井貴之による始球式が気になって仕方ない


久々の「諸々」記事。
何か、風邪をひいたみたいです。のどが痛い。でも仕事が終わらないので寝れない。困った。明日声が出ないとものすごく困るんだけど…。

EntryTop

幸せ

昨日、いとこの結婚式に出た佐藤さんはCUE DIARYに

「誰か」幸せにして!!

なんて書いてました。
思わず笑ってしまったのだけれど、本当に幸せになってほしい。ガンダムが好きでいろいろなもののコレクターでお子さまで巨乳好きで残念なんだけど、そんなところが素敵だと言ってくれる人はきっといるはず。私は「誰か」にはなれないけど、幸せになってほしいと思ってます。本当に。





あと。思ったこと。
披露宴の司会・カメラマンの話が出ていました。

司会を友人が勤めるというのは東京では少ないんじゃないかなぁ(2次会とかカジュアルなパーティーならともかく、会社の人も呼ぶような披露宴だとプロの司会の方が多いような気がする)。プランに含まれてる?もう記憶が定かじゃないけれど。
司会って、披露宴のイメージを左右する大きな要素の一つだと思う。あんまり「感動」を前に押し出しちゃうと逆に引いちゃうもの。この辺り、お客さんとして出ているといつも気になる。

披露宴のカメラマンは難しいのだそうです。「もう1回」って言えないでしょ。チャンスは1回。新郎・新婦はきっちり写真を残したかったら、ゆっくりめに動く(タメをつくるというか)ことをオススメします。ぶれないように気をつけて。って、実際そのときになるとなかなか思い出せないものです。

EntryTop

夜のspa beauna

最近我が家は疲れきっていたので、ここはひとつリフレッシュしようと、昨日は夜から活動開始しました。


まず、はじめにSizzlerで晩ご飯。
シズラーはヘルシーなメニューが多いのがいいところだけれど、何よりもサラダバーが好きなのです。サラダだけじゃなくて、いろいろちょこちょこ食べることができて楽しい。あと、シズラーはロイヤルホストと同じ系列なので、ピンクレモネードやパラダイスティーがあるのもうれしい。紅茶のゼリーもおいしかったなぁ。


その後は昨夜のメイン、お風呂へ。
蘇我にあるspa beaunaにまた行きました。22時以降に入るとお安くなるのです。金・土・日・祝日は26時までなのでゆっくりできます。

前回行ったときより人がいっぱいいました。低温サウナと岩盤浴がメインの大人向け施設だから夜の方が人が多いのでしょう。といっても、全然混んでるといった感じではありませんでしたけど。
日付をまたいだ辺りで人がぐっと減って、かなり快適でした。リクライニングシートで寝るもよし、岩盤浴と低温サウナをはしごするもよし、テレビを見るもよし(見ないけど)。リフレッシュできました!

6月にはキャンペーンがあって、結婚している男性は割引になるようです。
インフォメーション
また行っちゃいそうです。

EntryTop

カスタマイズ覚え書き

■コンセプト
テンプレートをカスタマイズするときって、どんなことを考えていますか?私はよく紙に絵を書いて、どういうカスタマイズをしたいのか整理しています。

今回はできるだけシンプルに、軽くしたいと思いました。そのためにはたくさんペタペタ貼ったamazonの画像やしばしば重いドリコムRSSをトップから外せばいいはず!という考えから端を発して、1カラムにする決心をしました。(本当はトップは2カラム、それ以外は1カラムでもいいなぁと思ったのだけれど、カスタマイズに時間がかかりそうな気がして止めてしまった。試みてもいません。根性なし。)

あとはどこのレンタルブログ(ブログツール)を使っているか、わかりにくくしたかった。レンタルブログって、雰囲気で何となくどこのブログかわかる気がします(楽天が顕著な例)。その一方で私が「いいなぁ」と思うデザインのブログはMTだったり、Serene Bachだったりするのです(Serene Bachは本当に素敵テンプレートが多くていいなぁと思う!)。
FC2ブログはカスタマイズの自由度が本当に高いので、やろうと思えばかなりいろいろできる。ただ最終的には、デザインってセンスだと思うのです。で、私は無難に仕上げることしかできない。特に画像を使うと何かと難しい(組合せとか)。背景画像はBackground Image Makerを使って作りました。素材屋さんのお世話にならなかったのは初めて。とりあえずシンプルでどこのかわからない感じに仕上がったかなぁと思ってます(あえていうなら「はてな」風味?)。

文字の大きさを可変にしました。大~最大にすると間抜けな感じになるかもしれませんが、「読める」ことを最優先に。

これは細かいことなのですが、記事に関するいろいろな情報(記事タイトル・更新日時・カテゴリなど)を1箇所に集約しました。今まで何となく慣習に従い上下に分けていたのだけれど。
見た目はこの方がすっきりすると思いつつ、機能的にはまだ「?」。読み手からすると、記事を読んだ後、ほかの人のコメントやトラックバックがあればクリックしたくなるものなのかしら?とか。だとしたら記事の最下部にあった方が親切ってもの。ちょっと考え中です。ご意見いただければ幸い。
【参考】カテゴリを上に表示する事について


■テンプレート
小粋空間: FC2ブログテンプレートを使用。
このテンプレートの優れているところはカラム数(1~3)可変なところ。私は1カラムリキッドレイアウトを選択しました。
1024×768の環境で見る分にはちょうどいいと思う。でもほかの環境ではどうだろう?両端は固定なので中央(文字のある部分)が間延びして見えるかもしれない。この辺、リキッドレイアウトの悩みどころ。


■共有プラグイン
以前から気になっていた便利ナビを導入。実は今日の昼までいろいろ調整していました。
【参考】myhurTemplates


■スクリプト
変更なし。以前から使っているものを移植しました。
JUGEMカスタマイズ講座 | 「記事の内容」の一部を隠す
JUGEMカスタマイズ講座 | ツリー化スクリプト ver 2
stroll::blog | FC2ブログで記事編集ページへのリンク

(追記)5/27
FCafe comment空リンク対策
URLを入力しなかった場合「URL」と表示されないようにしました。
FCafe 入力漏れ対策
この記事も参考になります。まだ対策してませんけど…
(追記終わり)


■メニュー
前からメニューを作って上の方におきたいと思っていました。
で、「cv-valkyrie_05」という共有テンプレートを参考にメニューを組み込みました。が…こういう一部を使うのってマナー(ルール)違反なのでしょうか?共有テンプレートの使い方として。
【参考】カスタマイズ。どこまでOK? - sugar pot


■今後の課題
Recommendのページはやっつけで作った(プラグインで入れている)ので、もう少し見た目を何とかしたい。何なら1つカテゴリを作って、記事として紹介した方がいいのかもしれない。時間との相談なので難しいところ。

もっと大切な課題!
コメントやトラックバックが増えたかどうかがトップからわからない(メニューをクリックする必要がある)。これって私も不便だけれど、見にきてくださってる方にとっても不便だろうなぁと。スクリプトを入れて、1クリックで確認できるようにしたい、と思っているところです。できるかな?

EntryTop

久しぶりの模様替え

小粋空間: FC2ブログテンプレートをベースに模様替えしました。もう、できるだけシンプルにと思って。
文字のサイズは小~中くらいをオススメします。

今のところ、winXP・Sleipnirだけで確認しています。ほかの環境でご覧の方、気になるところ(重なってるよ!とか、特にmacの方。)あれば教えていただけるとうれしいです。

EntryTop

これはひどい

その1
今、東京は大雨(雷雨)。バイトが終わり、車で帰ってきたところです。通り雨って雰囲気ではなかったので根性で運転してきました。
もうね、前が見えない。ワイパーを最速にしたのははじめてです。ワイパーがはじき飛ばす水の量が半端でなく、豪快。
昔、夜の路上教習で雨が降ってるのにメガネもコンタクトも忘れたときの見えなさを思い出した。
インパラの気持ち。
まいった。

その2
「ジャガビー」がもう出てるはずだと思い、コンビニをいろいろ見てまわったのだけどない。どこにもない!
と思って、カルビーのサイトを見たら、発売予定が未定になってた。
ガッカリ…。

EntryTop

気になる「ブレイブストーリー」

今日のめざましテレビ、7時台を見ました。普段だとあの時間は意識が朦朧としているのだけれど、今日はくっきり。録画しておいてもよかったなぁと思うくらいの扱いのよさ(=時間の長さ)でした。うまくいカンヌ。

で、めざましテレビをご覧の方に『ブレイブストーリー』ジャパンプレミア(完成披露試写会)プレゼントなんてやっていたわけです。出しました。もう、出しましたよ。(とか書いて当たらないんだ。恥ずかしい。)
このブログを日ごろから読んでくださってる方は「しげファンじゃなかったの?」とおっしゃるかもしれませんが、生の大泉洋は特別なのです。話を聞きたい。声を聞きたい。何だろうね、これ。

というわけで。試写会情報を簡単に。(順番は適当です)

■ジャパンプレミアム
ブレイブ ストーリー(フジテレビサイト内)
映画試写会最新情報 - 映画試写会情報サイト「プレシネマ」→ブレイブストーリー(ジャパンプレミア以外の試写会も出ています)
ニッポン放送EVENT -イベントインフォメーション-

■その他
eiga.com [特別試写会]
【文化放送映画試写会のご案内】
TSUTAYA online / CINEMA - 試写会etc.プレゼント
千代田区タウン プレゼント - 『ブレイブ ストーリー』試写会 - 2組4名様
中央区タウン プレゼント - 『ブレイブ ストーリー』試写会 - 2組4名様
試写会&プレゼント:『ブレイブ ストーリー』試写会(東京) - 映画情報サイト CINEMA COMIN'SOON
試写会&プレゼント:『ブレイブ ストーリー』試写会(大阪) - 映画情報サイト CINEMA COMIN'SOON
ムービープラス(東京・大阪)

目についたところはこんな感じです。ほかにもあったら(特にジャパンプレミア!)教えていただけるとうれしいです。

EntryTop

ガソリン高騰の折

ここのところ、ガソリンがどんどん値上がりしていて、車ユーザーとしては辛いところです(それでも通勤は車の方がずっと安いんだけど)。

我が家の近くで言うと、普通のスタンドは133~135円なのですが、セルフだと129~131円といったところです。
旦那がいるときにガソリンがなくなれば、セルフで入れてもらえるのですが、自分が乗っているときにemptyランプが点くと…。セルフで入れるのが、何となく恐いのです。自分で入れていい加減な入れ方になってしまって事故のもとになったらどうしよう、とか。でも明らかに値段に差があって、しかも人が入れてくれるからと言って大したサービスがあるわけでもない(車内でタバコは吸わない)。
これを機にセルフで入れられるようにした方がいいのかなぁ?なんて思っています。

EntryTop

流れ星(2回目)

東京セレソンデラックス
5月20日昼公演
中野ザ・ポケット

佐藤さんも18日にご覧になったセレソンさんの『流れ星』。初日に観たのですが、佐藤さんの感想などなどを見ているうちにどうしてももう一度観たくなり、行ってきました。
佐藤さんは感想の中で
それにしても泣いたな~~。
1回スイッチ入れてもらえたら、あとは怒濤でした。(上手い本です)
目から身体の悪いものが全部出てくれた感じ(^_^;)
そしていつもですけど、ああいう芝居が造れる様になりたいと
また思いもしました。

あああ~~~芝居がしたい!!(セレソン観るといつもこう‥‥)
CREATIVE OFFICE CUE [オフィシャルサイト]CUE DIARY)
とおっしゃっていました。私も佐藤さんが舞台に立つのを待っています。何ならロックメン復活をお願いしたいところです(難しいのだろうけど)。

さて。話が逸れましたが。

当日券に並びました。参考までに書いておきますが。
通路券と桟敷券が当日券より前からもう出ていました。なので、当日券1桁で案内された席は桟敷の中でも前の方の見切れ席。当日券でも後の方は立ち見だったのではないか思います。また、1時間前から当日券受付でしたが、その10分くらい後には「もう当日券ないらしいよ」という話を耳にしました。やはり激戦だったようです。かといってあの住宅街の中。何時間も前から並ぶというのはそぐわない(というより迷惑)。もう、運なのでしょうね。

うつみさんのファンの方の掛け声(今回は「うつみっ」「みどりちゃんっ」だった)と拍手はやっぱりありました。そういうもののようです。
ただ、最後のカーテンコールで花束をあげた方がいました。通路にも人がいっぱいなのに。セレソンさんは後でお話とかできるのだから、何もカーテンコールで渡さなくてもと思ってしまいました。お花をプレゼントすること自体は素敵なことなのにね。残念。


以下、感想。
もう終わりましたけど、一応隠しておきます。




お芝居自体は素晴らしかったです。初日と比べて完成度が高かったように感じます。

途中の詩の朗読シーン、それが初日と違っていたような気がします(それとも心に響いただけ?)。もう、おかしくておかしくて仕方ありませんでした。

全体的に、結末を知ってから観ると、曲の意味とかセリフのつながりとかがわかって、精巧なつくりに感心してしまいました。お話だけ見るとベタな感じがするんだけど、ただベタなだけじゃない!すごい。
同時に、やっぱり1回目に観たのが最高!とも思った。つくりとか気にせず、ストーリーを追えるのは1回目だけだわ。
今回は魔法使いマリーの女心に夢中になってしまいました。かわいい。かわいかった。あんな女のコになりたい。なれないけど。


セレソンさんって曲がとても大切だと思うのだけれど、スターダストレビューさんの『木蘭の涙』をモチーフに書いてほしいなぁ、なんて思いました。アコースティックバージョンも大人な感じで素敵なんだけれど、昔のを聞くとすごくセクシーなのよねぇ。大人になりきれないセクシーさ。諦めきれない感じ。若さと切なさがあるというか。素敵な話になると思うんだけどなぁ…
観客がイメージを膨らませることができるところが、セレソンさんの素敵なところかなぁ、なんて勝手に思っています。

EntryTop

イレギュラーな土曜日

今日は旦那が休日出勤だというので、昼間は自由に。
いそいそと中野に赴き、東京セレソンデラックスの「流れ星」をまた観てきました。1時間前から当日券受付とのことだったので、2時間前に行ってみたら、さすがに誰も並んでいなかった。で結局1時間15分前くらいに行って列に並んだ。桟敷席で見ることができました。あの桟敷、一度あそこで見てみたいと思ってたのよねぇ。見切れ席だったのだけれど、ちょっとうれしかった。感想は明日にでも書きます。

久しぶりにいいお天気だった午前中。急に初夏がやってきた感じで。並ぶために帽子なんてかぶっていきました。
ところが、お芝居を観終わったら「雨が降っています」とのこと(こんなちょっとしたアナウンスがあるのがセレソンさんらしいわぁ)。参りました。
しかも、旦那が早く帰ってきていたので急いで帰宅。

明日忙しくなる予定なのでジムに行きました。疲れていたのでメニューの半分くらい、軽くこなして終わり。
終わったら雨があがっていました。爽やか。

EntryTop

「がんばって」という言葉と気持ち

水曜どうでしょう official websiteの本日の日記は藤村D。
新潟・長野でどうでしょうリターンズが最終回を迎え、掲示板に書き込みが相継いだことから、2年前のミスター大壮行会について振り返っています。長いのですが、引用します。
2年前、札幌の厚生年金会館で「ミスター大壮行会」をやったじゃないか。あれ、中越地震が起きたすぐあとだったんだよ。
それで思ったわけだ。
「このイベントで少しは収益があがるんだろう。だったらそれ、全部新潟に送ってやろう」とね。
あの時、とにかくおれは言ってやりたかったんだわ、新潟のやつらに。「おーい!とりあえず金送ったからなー!おまえらに直接届くほどの大金じゃねーけどとりあえず送ったぞー!おーい、みんながんばれよー!」ってね。
でも、反対意見もあってね。お金を送ることは会社も全然反対しなかったけど、それをことさらに言うべきではないとね。
「どうでしょうがイベントの収益を寄付」って言ったら、「いいかっこして」と、人気取りの偽善行為にとらえるやつだって中にはいるだろうし、「なんで新潟だけ?」って言う人もいる。今後どこかで同じような災害があったら、その時もお金を送るのか?とね。
確かにね。
周りの人にはどう言ったって結局、「おれらは新潟に寄付しました!」って、言いふらしてるようなもんだからね。でもね、その時は、新潟のやつらに対して「金を送ったぞ!おれらはおまえらを心配してるぞ!がんばれ!」って、言うことの方がずっと大事だと思ったんだよな。それで偽善者だと思うなら思えばいい。おれはそんなこと知ったこっちゃない。それより、今、彼らに必要なのは声をかけてやることだ。掲示板で「がんばれよ」って書くだけで、やつらは「がんばります。ありがとう」って言うんだわ。それだけで、「心強くなりました」って言うんだわ。だったら、「がんばれ」だけじゃなくて「少ないけど金送ったぞー!」ってね、もっと直接的なことを言ってやりたかった。人間なら、それは当然の感情じゃないかと。それによって外野から非難の声が上がったっていいじゃんか。どうでしょうは偽善者って言われたって別にいいじゃんかと。
でもね、そういう外野の声が上がったとき、それにさらされるのは、おれらではなくて、出演者なんだということにね、ハタと気づかされたんだよね。そういうときターゲットになってしまうのは、番組の顔である彼らなんだよね。
それで結局、イベントの最後に会場で「収益は新潟に寄付させていただきます」とアナウンスするにとどめて、お金はドラえもん募金を通じて新潟に送られました。
今でも、どっちが良かったのかな、と思う。やっぱ新潟のやつらには言ってやりたかったな。でも冷静に考えれば自分のやろうとしてたのは善意の押し売りじゃなかったのか?みんなの言うとおり黙って送るだけで、やっぱりよかったのか、とも思う。わからないね。
(太字強調はゆみぞうによるものです)

これを読んでちょっと考えてしまいました。というのも、「neutral23の日記 - 「がんばって」とはいいたくない。」という記事を今日読んだばかりだったので。タイムリーだった。

安易に「がんばって」とは言いたくない。確かにそうです。安易に言われる「がんばって」ほど、腹立たしいものはないから。非建設的だという面から考えれば、いきなり「バカ」と言われるのとあまり差がない。

でもその一方で、「がんばって」としか言いようのない場面もあると思うのです。ほかに気持ちを伝えられる言葉がないときが。
また、事情をよく知らない人から「とにかくがんばって」と言われて、その一言に救われるときも、事実としてあるのでは?

ありきたりな励ましの言葉「がんばって」。
水曜どうでしょうのディレクター方は、その「がんばって」だけでもありがたい・救われると感じていた人たちに、さらに実質的な救援(と思われる)行為をした。非難されるかもしれないと思いながらも。

「がんばって」という言葉だけでは、実質的な行為をしなければ意味がないのか。
私は実質的な行為がなくても伝わる「がんばって」があると思う。祈るような気持ちが伝わる「がんばって」と、無責任に聞こえる「がんばって」。何が違うのか、わからないのだけれど。

EntryTop

年齢がわかる

先日、ワールドカップの代表が決まったね、なんて辺りからちょこちょこサッカーの話をしていた。

そこから何となく昔話に入ってしまった。私の記憶にあるサッカー。それは日産の超長い縦パスとか、武田(読売)のへなちょこっぽいシュートとか。つまり、Jリーグ以前のサッカー。あの頃は冬に少しは見ていた気がする。Jリーグができて、ヴェルディが川崎を名乗ったときには「稲城のくせに(練習はよみうりランドじゃん、というツッコミ!?)」なんて言ってました。
Jリーグができたり、ドーハの悲劇があったりというのが大学生の頃。これを言ったら驚かれてねぇ(話し相手は中学生くらいだったそう)。普段はほとんど感じていない年の差をガツンと感じてしまったものです。

よく、子どもの頃見ていたアニメや昔聞いていた音楽の話で「年齢(とし)がわかる」なんて言ったり、年齢詐称疑惑が生まれたりするのだけれど。アニメ(に限らずテレビ番組)とか音楽って、テレビで繰り返し流れていたり、「なつかしの○○100」のようなまとめ番組があったりするので、結構あてにならない気がしてきた。あと、地域差もあるし。再放送なんて、地域差が激しそうな気がする。

それに対して今回のような、実際にあった出来事がいつだったか、の場合はブレがない。
当たり前のことなのだけれど、はじめて気付きました。

EntryTop

醤油

私はよく醤油を使います。東北出身の母と比べれば薄味好きだと思っていたけれど、いざ自分が日常的に料理をするようになると、醤油・醤油・醤油!茶色いおかずが多くなってしまいます。

今日は私がいつも使っている醤油をご紹介。



りんご醤油です。りんご果汁やりんご酢が入っているからか、薄口で塩辛さを感じません。おいしい。ほかのお醤油と一味違います。

メーカーのサイトからでも注文できます。
りんごたまりのピーアンドディーカワムラ

EntryTop

遺伝子組み換え作物

今日の日経夕刊を読んでいたら、「あすへの話題」というコラムの中に気になる部分が…
日本でも食品表示制度があり、組み換え作物を使った食品には表示が必要である。ではあるが、日常の使用頻度が高い植物油・マヨネーズ・醤油は表示義務の対象外となっているため確認できないし、一般にそうした表示を見る人も少ないと思う。
買い物するときに遺伝子組み換え作物に関する表示を見ることがあります。必ずチェックするわけではありませんけど。

それにしても。植物油や醤油が表示義務の対象外になっていることを、今日はじめて知りました。日常の使用頻度が高いものこそ、表示が必要なように思います。飼料として遺伝子組み換え作物が使われているのだろうなぁ(=肉という形では食べているのだろうな)という考えはあったのですが。実際、私が使っている油や醤油はどうなんだろう?急に気になってしまいました。

【参考】安全なものを食べるには?: 遺伝子組換え作物ってなんだろう

EntryTop

期待に応える?

304 Not Modified「ブログ処世術」を読んで。
こちら↑の記事に書いてあることは、ブログをしばらく続けていると誰もが感じることなのではないかと思います。
アクセス数がある程度の数を超えると「責任」を感じてしまったりして、書きたいことが書けなくなったりするものです。また、自分のことを分相応以上に評価してくださる人まででてきて、期待に答えなきゃと思っっても、期待に答え続けることは難しくて悩んだり。

そんなとき、みなさんどうしますか?


さて。皆さん、どうしますか?
この記事を書かれたまなめさんは「私は、自分のイメージがくずれるようなことを書いたりしてきました。」のだそうです。ちょっとびっくりしました。


ファンです!応援してます!そんな内容のブログを書いていると、イメージダウン戦法というのはちょっと使いづらいものです。実際、ネット上だけでなく、何かイベントなどの際にはちょっとご挨拶なんて言って、実際にお会いすることもあるわけです。イメージダウンは危険すぎる。
かといって、ない袖は振れない。

さらに、ちょっと違う話のようで、でも似たところがあると思うのですが…。
情報が極端に多いときと少ないときがあります。ネタがあるときだけ書く、そう決めてしまえば大した問題にはならないのですが、毎日更新派(私もその一人です)もいるはず。情報多寡の波に、どのように対応していますか?(特に少ないとき)


私は日常のことを書いて(雑記=日記)済ませています。恐らく、ブログリストなどで更新されたのを知って、記事に目を通される方の中には、「なんだ、今日はCUEネタじゃないのか」と即閉じる方もたくさんいらっしゃることでしょう。
でもね、繰り返しになるけれど、ない袖は振れないのです。
そして、あまり無理したくない。

毎日更新というのは、私にとって、ブログを簡単に辞めにくくするためのルールです。日々の記録を残しておきたい、つまらないことほど残しておきたいという気持ちも多少あります。だから、どうでしょうリターンズを見た感想よりも、ほかの方から見ると本当につまらなく見える雑記が優先されていたりします。
なので、ブログとして公開しておいて申し訳ないのだけれど、未来の自分を第一読者として想定してしまっています。なので、期待に応えきれていないだろうなぁ、とわかっていながら、その方向で突き進んでしまっています。


たまに雑記が混じることを許してくださる方が、きっと読んでくださっているのだと思います。(ないし、イライラしつつも読んでくださっているのでしょう)
あと、雑記ではないとしても、CUEだとか水曜どうでしょうとか以外の話題についての記事を読みに来てくださってる方も、少ないでしょうけどいらっしゃるといいなぁと思います。
そういう、私が興味・関心を持っていることを共有できる方に読んでいただければうれしい。


何か、話が逸れ気味ですけど。
要は、読んでくださってる方のご好意に甘えてます、期待にきっちり応えようという気がそもそもありません、ということです。
(はっきり書いたら、ダメな人だとはっきりしてしまった…)

EntryTop

母の日

今日は母の日。
義母には先週のうちに旅行のおみやげのほかに、東京で買えるカステラ(好物らしい)を送っておきました。母は昨日会って、一緒に食事したから、まぁOK。ということで、今日は特に何もなし。
でも世の中的には今日が母の日。疲れた体をひきずって温泉に行っても、その後、回転寿司に行っても、人がいっぱい!どこも混んでるのねぇ。
参りました。

EntryTop

あいにく

今日は買い物のため、都内に行ったり、午後、父と母に会ったりした。忙しい日だったけれど、生憎の雨。しかも随分寒かった!今年は雨が多いわ。

EntryTop

雑念

よく、テストの前の日に部屋の掃除がしたくなったりします。あれって何でしょうね。私は今まさにそんな感じです。
今週末は予定てんこ盛りで、ものすごく忙しいのですが、昨夜はおしゃべりに熱中し(挙句、意識を失ってしまった=寝ちゃった、一緒にお話していた方々失礼しました)、今はブログのテンプレートをいじくっています。あまり調子よくないところにお酒飲んだので、頭が痛いのですが。ここ一月ばかりでしょうか、シンプルなブログにしたいのです。何なら殺風景だ、くらいの。
工事中のいろいろなものがちょっと見えてしまうかもしれません。ご容赦を。

EntryTop

impressTVでJAM-BOREE中継

impressTV - CUE DREAM JAM-BOREE 2006 「再会」

2004年、つまり前回のJAM-BOREEはfomaのVライブで生中継されたのですが、今年はimpressTVで生中継されるようです。


私がfomaを使いはじめたきっかけが、このJAM-BOREEでした。重大発表があったのです。忘れられません。
fomaに機種変更してから伊勢丹に昼頃行ったら、すでにHTBコーナーには並ぶことさえできなくなっていたという。あの頃はアツかった。
結局、fomaに変えたものの、回線がパンク状態で生では見ることができず、重大発表の内容はネットで知ったのでした。


今年はimpressTVさんとのこと。
おそらくVライブよりはいいかなと思うのですが(画面も大きくなるし)。
以前『水曜どうでしょう』のディレクターお二人が開局4周年特番に出たときには、かなりつながりにくくなり、「見れない!」という人が続出した記憶があります。コツは…。ブロードバンド環境でナローバンドの方を見ること、くらいしかないのでは?(私はそれで何とか見ることができました。あのときは、ってことですが)
きっと、生中継だけでなくストリーミングで配信してくれることでしょう(特番のときもそうだったし)。

EntryTop

追いきれないせいか

仙台では北海道物産展でHTBの出店があり、大盛況のようです。
今朝のテレビでは大泉さんがねずみ男になるというニュースが出たそうです。私は仕事中にネットのニュースで知りました。写真を見てちょっと笑いそうになりました。

明日、鈴井さんは仙台に現れるのでしょうか?

少し前ですが、森崎さんの舞台が公式で発表になりました。宝積由香さんが共演者の名前の中にありました。なつかしー!『夕陽のドラゴン』以来です。(以来です、といいつつ、観ないような気がしてならないのですが)

あと少し前といえば、も日記に佐藤さんの残念エピソードが出ていたのですが、私は、森崎さんが財布を忘れたといった段階でオチを読みきってしまったので、あまり笑えませんでした。あれは確かに「残念」だったのに。楽しめない自分が残念。

なんか、最近CUE関係のニュースに心躍りません。

EntryTop

流れ星(追記)

東京セレソンデラックス
5月9日夜公演
中野ザ・ポケット

前から楽しみにしていたセレソンさんの本公演。しかもうつみ美土理さんが客演という。本日初日でした。仕事の後、うふうふと見にいきました。

もうね、言いたいこと(感想)がいろいろあるので、昨日の分と合わせて明日まとめて書きます。

一言だけ。
---
と書いていたのですが、続き部分に感想を追記しました。(5/11)
つまり、続きを開くと「一言」だけではなく、ネタバレ込みの感想が見えてしまいます。ご注意ください!!





よかった。
もう1度観たい!

ここから追記↓(5/11)

何から言おうか、って感じ。


まず。
佐藤重幸さんからのお花が、入り口右手の目立つところにありました。白い大輪の花でした。佐藤さんは『おにぎりあたためますか』のロケ中のようですね。公演はきっとご覧になるのでしょう。感想が楽しみです。
お花と言えば、ものすごくいっぱいあって、その大半がうつみさんへでした。おつきあいって大変なのだろうなぁなんて思ったり。


今回から指定席。安心して劇場に行くことができました。いつもセレソンさんはものすごく前になっちゃうのだけれど、今回はベストポジションだったと思う(チケットは劇団サイトから申し込みました)。


私の席の前の1列は関係者席だったようです。初日だったせいか、関係者らしき人が多かったです。おじさまが多かったというか。

前の列のおばさまの一人が感想とかぽろっと言っちゃうタイプの方で、かなりイラっとしました。隣のおばさまが話しかけられても返事をしない方だったのでまだよかったけど(なので最後は、逆側のおじさまに話しかけてた)。私が後ろに座ってたら、確実に椅子を蹴ってたね。しかもいいところ(泣きどころ)で笑った。
たぶんね、うつみさんが出るってことでいらしたのだと思うのです。セレソンさんに興味があるわけではないと思うのだけれど、にしたって…。
両隣は同じくらいの年の女性で、私と同じようなテンションで観ていて。あの方の近くでなければもっと楽しめたのに、と思ってしまう。うらめしや。

あと、うつみさんがはじめに舞台に出てきたとき「よっ、みどりちゃん」と声がかかってパチパチと拍手。あれにはびっくりした。歌舞伎かよ!そういうお作法の方ばかりではないので、拍手はかなりまばら。


お話は相変わらず(?)のわかりやすいもの。そして泣ける。やっぱり泣けたというべきか。ファンタジー調で、お正月の最後の1本とちょっと似た感じでした。


ここからはご覧になった方でないとさっぱりわからないと思いますが…。あらすじを書くのは苦手なので、そのまま思ったことだけ書きます。

おおまかにいうと、現在→過去→現在と時間が推移する。その切り替えで長い暗転があるのだけれど、後半(かなり終わりの方)の過去→現在の暗転の時には、もう最後の方までわかってしまって泣けてきちゃった(ちょっと気が早かった)。

ラストがちょっと思っていたのと違いました。魔法使いのマリーが夏子のお願いを聞いて流れ星になってしまう、そこまではあっていたのだけれど…。魔法使いが時間を元に戻しても、過去が変わることはない。でも今の過ごし方によって未来は変わり得るんじゃないか?私はそう思いながら観ていました。でも変わらなかったみたい。夏子は「ありがとう」って言えたけど…なんだか、そのちょっとしか救われない感じに悲しくなりました。
いやぁ、変わらない方が切ないと思うよ、それがセレソンさん風味。それはわかるんだけど。救われてほしかったなぁ!

最後の星空(劇場前方の天井が星空になり、流れ星が流れる)にはびっくりしました。セレソンさんがそういう演出をするのは考えていなかったので。


セレソンさんを楽しく観るためには、70年代の歌謡曲に詳しい方がよさそうです。今回、キーになっていた曲はちあきなおみの「四つのお願い」。
私はこの曲は知ってたけれど題名を知らなかったので、軽くヤラレタ感を味わいました。
【参考】「四つのお願い」歌詞(注意!音が出ます


初日だったせいか、全体的にちょっとかみ気味だったのが気になりました。
もう1回観ても絶対楽しめる気がする。観たいなぁ。行っちゃおうかなぁ。

EntryTop

密室彼女(追記)

劇団、本谷有希子番外公演(アウェー)
5月8日昼公演
ザ・スズナリ

今日だということをすっかり忘れてた。気付いたのが早くてよかった。
仕事がたまった状態で、でも観にいくという厳しい状態に。しかもスズナリ。席の間隔がかなり狭くて厳しい(終わってから整体に行ったほど)。

感想は明後日あたりに書きます。
(明日も観劇)

以下、感想を追記しました。




はじめて観た本谷有希子。去年から見たいと思っていたのだけれど、見そびれていた。
この公演、本谷有希子さんが出るのだとずっと思っていました。違いました。はは。(チラシとかちゃんと読まないダメな人)

前3列(平らな部分)が当日券の席だったようです。
私は随分観やすい席でした(って、どこも観やすそうな劇場なんだけど)。


さて。

セットは綾波レイの部屋のような殺風景で無秩序な空間。そこがビルの隙間になったり、マンションの1室になったりする。
時間の設定(ビルのときとマンションのとき、どちらが前なのかとか)がよくわからなかったけれど、それなりに観る。気になってイライラくる感じではなかった。そのうちわかるんだろうな、的な(そして最後にはわかった)。

面白かったなぁ。ドカン!とくる笑いではないのだけれど。しょっちゅうくすぐられた。くすぐられっぱなし。くすくすくすくすと観るのが楽しいんじゃないのかな(1回、斜め前の人がオチより前にドカンと笑ったのを見てしまい、軽く引いた)。セリフもおかしいけど、動きもおかしいし、設定もおかしい。

配られたパンフレット(リーフレットというべきか)の裏側には、乙一さんによる2つの原案(プロット)が書かれている。観た後に読んだ。うなるしかない。この2つの話(アイディア)が1つになってあの舞台になったのか、と。


アウェーじゃない方がぜひ観たい。

EntryTop

4月総括

4月はまた記事が減少傾向。旅行のモブログがあれだけあるのに記事が減っている。春は忙しい。

4月を簡単に振り返ります。




■アクセスの多かった日
4月26日でした。
この日の記事のせいではないなぁ。たまにこういうことがある。


■検索
検索ワード

1 若葉ケヤキモール 12.3%
2 20世紀少年最終回 6.9%
3 最終回 5.1%
4 20世紀少年 4.6%
5 enmanote映画 2.2%
6 ケヤキモール 2.2%
7 enmanote 2.2%
8 20世紀少年 2.1%
9 エンマノート 2.0%
10 enma 1.8%
11 note 1.8%

ちなみに12位が「佐藤重幸」。大泉洋とか水曜どうでしょうはどこかに行ってしまいました。
若葉ケヤキモールは立川郊外の小さいショッピングセンター。恐らくアド街で紹介されていたために、検索で来る方が多かったのでしょう。あそこ、いわゆる公式サイトがないんだもの。今時珍しい。

『20世紀少年』売っちゃいましたよ。ふふふ。

検索フレーズもほぼ同様の結果です。なので省略。


■私の4月
・お芝居をいろいろ観た
・中でもキャラメルさんがよかった
・『びっくり箱』東京公演
・洋服を売る(クローゼット大整理大会!)
・ゴールデンウィーク前半で旅行
 4月29日30日5月1日
 気付けば町並み保存の旅になっていた。桜のことを全く考えていなかったのに、行ってみたら満開でラッキー。白川郷は本当に行ってよかった(峠が通行止めで80キロくらい遠回りしたけど!!)。モスバーガーは下呂温泉のトマトソースカツ丼を参考にして新製品を作ったらいいのではないかと思う。

EntryTop

GWといっても

このゴールデンウィーク、温泉だ、スポーツだといいつつ、GWでもありました。といってもこの「G」はガンダムだけど。

せっかく時間があるのだからということで、今まで観たことのなかった(あるいはあるんだけどすっかり忘れてる)シリーズを見ました。

■MSイグルー
MS IGLOO(公式サイト)



いや、なんかamazonには3が出ていないのですが…。レンタルにはもう出ています。
UMDなら1~3まで通しで見れるのがすでに出ているようです。(PSPで観れるの?すごいねぇ!)
機動戦士ガンダム MS IGLOO-1年戦争秘録-(UMD Video)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2006/04/27)


フルCGではじめはちょっと抵抗あったのですが、すぐに慣れました。モビルスーツがかなりかっこよく見える。速いし。ジオン側の話なので、ザクに惚れそうになる。
1、2、3とも悲しい話で、それがまた何ともいえずガンダムらしさを感じさせる。私は特に3が好きです。
去年(だっけ?)売り出されたときは、30分にそのお金は出せません…って感じだったけれど、確かにIGLOOは面白いと思う(でも買わずに借りた)。一見の価値あり!


■0080
機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.1
バンダイビジュアル (1999/12/18)
売り上げランキング: 5,357

機動戦士ガンダム 0080 ポケットの中の戦争 vol.2
バンダイビジュアル (1999/12/18)
売り上げランキング: 5,102


見たことあるような気がするんだけど…第1弾。でも全く記憶になく。見ても思い出さず。その程度。
まぁ、見ました、って感じ。


■0083
機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY vol.1
バンダイビジュアル (2000/01/25)
売り上げランキング: 19,607

機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY vol.2
バンダイビジュアル (2000/01/25)
売り上げランキング: 12,330

機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY vol.3
バンダイビジュアル (2000/02/25)
売り上げランキング: 16,412

機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY vol.4
バンダイビジュアル (2000/02/25)
売り上げランキング: 11,516


0080よりこっちの方が好みだった。なかなか星の屑作戦がはじまらず、やきもき。主人公の恋愛とか興味ないし(誰向けなんだ!そういう意味では、Zの新作もちょっと心配。まだ1しか観てない。)。でも、結構面白かったなぁ。デラーズフリートの声かけに応えてザクが1機ずつ集まってくるところなんか、よかった。あと、デンドロビウム。デンドロかっこいい(嘘、あれは乗りたくない感じ)。


私はモビルスーツが好きだなぁと思ってたんだけど、意外とニュータイプという存在が気にかかっていたことに気付いた。出てこないんだよねぇ。スペースノイドがあんなに出てくるのに。ニュータイプって不思議だよねぇ。宇宙に出たことによる革新なのに、連邦側の方が出てる。
ガンダムって見れば見るほど、じゃぁあのときどうだったの?とか、この間はどうなってるの?とか、設定部分が気になってくる。とりあえず今度時間があったらZを1話ずつ観たい(以前、DVD1枚観たところで気持ちが切れてしまった)。

EntryTop

スポーツウィーク

ゴールデンウィーク後半はスポーツウィークになっている。
昨日ジム、今日もジム。明日はテニススクール(しかも2レッスン連続!)。

旅行に行って、おいしいものを食べてずっと車で移動して…で太ってしまった気がする。だから、せめて現状維持できるように。

折りよく暖かくなったので、日々いい汗をかいています。

EntryTop

勉強

今日は後学のために、住宅展示場に行ってきた。2軒も見たら疲れた。
いろいろ勉強になりました。
ハウスメーカー選びって、何が決め手なんだろう?(うちの場合、工法に制限があるみたいだけど←今日わかったこと!)
家を建てるって大変そうだなぁと思うと、なかなか一歩を踏み出せません。

EntryTop

大掃除

ゴールデンウィーク後半は素晴らしいお天気での幕開けとなりました。そりゃ、高速も混むでしょう。行楽日和だもの。でも我が家はもう旅行に行ってきてしまったので、出かけません。実家のネコに毎日エサをやりに行く程度です。

我が家は大掃除をしました。そして軽く模様替え。カーペットカバーを変えました。明るい色にしたら、部屋の雰囲気も少し明るくなったような気がします。
あとローソファを捨てて座椅子に変えれば、模様替えも終わり。少し部屋を広く使えそうです。

EntryTop

不完全なものを晒す勇気

以前、「「読めない」と「読まない」」という記事を書いたときに、「ブログを始めれば、ブログの文章が書ける」とコメントをいただいて、そのときは「ブログを勧めてみるのもいいかも」なんてコメント返しをしたのですが……
いざ、新学期がはじまってみると、小論文の講義を受講する学生さんにブログを勧めるのは、かなり抵抗があるのです。


■ブログを勧める気にならない理由

まず小論文とブログは違うでしょ、っていうのはこの際置いておきたい。同じにしようと思えばできるから。「小論文練習ブログです」とか自称しちゃえばいいもんね(すでにあるかも)。

では何が問題なのか?
考え方・文章ともに不完全なものを世に晒すことになることが問題だと思う。
自分でブログをはじめた人はいい。自分で望んで晒しているわけだから。私は自分でブログをはじめたけれど、ブログがこんなに他人の目に触れるものだと知らずにはじめてしまった。ブログをはじめた時点では、不完全なものを世に晒すということを全く自覚していなかった。このブログの前に作っていたサイトを見ている人(数人の友人)だけが観続けてくれるものだと思っていた。

単に「先生に勧められたから」なんて、何となく気分ではじめちゃうと、後で気の毒なことになりそうな気がする。心配。
批判的なコメントやトラックバックをもらって凹むかもしれない。でもコメントやトラックバックを受け付けない設定にしてしまうと、醍醐味がなくなってしまう。ブログをきっかけに「ほかの人の意見を知る」という旨みがなくなってしまう。
あまりの思い込みの強さに「電波だ」とかどこかに晒されちゃうかもしれない。心配。


■小論文だけなら講義で十分

ちょっと考えてみたら、小論文の講義を受講している学生にはアウトプットの場がある(=講義中の演習)。
本当は広く、いろいろな意見に触れてほしいという思いがある。それは「見てるだけ」の立場では恐らく半分くらいしか味わえなくて、自分で記事を書いてコメントをつけて…とコミュニケーションをしていくことで、真剣にほかの人の意見と向き合うことができるのではないかと思う。

でも、小論文の練習のためだけにブログをはじめるというのはリスクが大きすぎる。

ブログにはまっちゃって入試のために勉強に支障をきたすと困っちゃうからね、というのが正直なところでもあったり。

EntryTop

TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。