スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

ブログを書くということ

今日の日経のコラム(春秋)で「ブログ」が取り上げられていた。
このコラムの筆者の場合、
ブロガーは自称評論家・タレントというイメージらしい。
(略)
▼有名になりたいのか。自分に酔っているのか。書き込みに精を出す四十代の男性に聞くと答えは意外だった。「誰も読んでくれなくていい」。何者かが自分を見ているという状態をつくり出す。そこで体験や思いを言葉にすれば自らを律することができ、仕事や生活に励みも生まれるという。
▼同じ構図をエルサレムの「嘆きの壁」で見たことがある。ユダヤ教徒は体を揺すりながら壁の「向こう側」に延々と語りかけていた。宗教の違いはあっても、自己と、自己を見守る超越者を言語でつなぐ行為が「祈り」だろう。(略)
なぜブログを書くのか?
ブログを書くということはどういうことか?
というテーマは、いろいろなブログで話題になるのだけれど、
ブログを書かない人が見出すブログの意味というのはちょっと新鮮。




これを読んでいて、
私は「誰も読んでくれなくていい」とは思わないなぁ
と思った。
読んでくれなくてもいいけど読まれる前提で、
なんて前提の意味を感じない。リアリティがない。

私がブログを書く一番の意味は「忘れる」ためだと考えている。
日々たくさんの情報にまみれる中で
これから先も思い出したい(=情報の再利用)と思ったら
普通は記憶するしかない。
でも、記録しておけば記憶する必要がなくなる。
記録することによって、
容赦なく「忘れる」ことができるようになって、
軽くなった頭はその分、何かに使えるようになる。
そんなイメージで、日々ブログにこまこまとしたことを綴っている。
実際、自分のブログを検索して便利に感じることがしばしばある。

つまり、自分のためにブログを書いているのだけれど、
「人に読まれる」ということを常に意識している。
そうすることで緊張感が生まれる。
何となく思った、というのではなくて、
思ったことをもう少し明確にして、脳から出力することになる。
この作業は、思い出すときにも便利なので一石二鳥だ。

で、今回の「祈り」という見方について考えると、
とても面白い見方だと思った。
そういう側面はあると思う。
読んでくれる人、未来の自分…
ちょっと不透明な存在にひたすら語りかけるというのは
不思議な行為だと、改めて思う。
スポンサーサイト

EntryTop

「王様のブランチ」

いつもと同じように、
今日も車の中で「王様のブランチ」を見た。
でも、今日はいつに増して気合が入る。
だって、大泉さんが出るから。

以下、
ビデオを見返したりはしていないので、
かなり適当な感想。(順不同)





「大泉洋」っていうのは流行りものなんだなぁ、
というのが第一印象。
旦那の職場の人も、
何となく「大泉洋」という名前は知っているらしい。
だからこそ、こうして取り上げられる。


千歳のカレースープの看板で記念写真って、
かなり恥ずかしいんじゃないだろうか?
私にはできそうにない。


「カリー軒」のくだりはなかなか。
「めがねのプリンス」って、
めがね屋の名前としてそもそもちょっと笑いを誘うよねぇ…
あのファイルは私も年末に見た気がする。
ポスターもあんなにあるのねぇ。
久しぶりに「描かれた」裸体を見た。
もうね、知ってるから、見た瞬間からクスクス。
古いポスターを見て、
恥ずかしそうに撃沈する大泉さんはかわいい。
カリー軒さん、今日は行列ができたそうで。
「洋ちゃんツアー」の要としてテレビで紹介されちゃって、
これからもっと混むわねぇ。

食べるのが好きっていう話で
デジカメ(もうおなじみの)の写真にしげさんが写る。
イケメンとか言われちゃって…
「ちがうよ!ハンサムだよ!!」と心の中で叫ぶ。
もうテロップも「佐藤さん★」だもの。
台湾って聞いた瞬間、FAN TANだ!とは思ったけど、
「TEAM-NACS 佐藤重幸さん」とちゃんと出るのはやはりうれしい。


ここまでは予想通りの展開だったんだけど…

まさか、大泉洋に東京のおススメを紹介されちゃうとはね!
しかも築地ときた。
築地のエビフライのお店で恥ずかしそうにする大泉さんは
とてもいいと思う。
我が物顔で紹介されてもなぁ、って感じだもの。
その辺、いいさじ加減の持ち主だと思う。

豆腐、おいしそうだった。
ほめてるのかけなしてるのかわかりにくい紹介も
大泉さんらしくて○。

私は築地市場には入ったことがない。
でも、勤めてた頃はあの辺りでお昼を食べたりしたなぁ…
しげさんの吉野家といい、
NACSさんは築地がお好きなのかしら?
魚なんて北海道の方がおいしそうなのになぁ。
(札幌はそうでもないの??)


そして、さらに意外な展開。

噂の(?)錦糸町の倉庫へ。

ブランチの女の子たちお気に入りの「佐藤さん」「安田さん」が!
女の子たちのテンションについていってなかったけどねぇ。
特に安田さんはキョトンとしてたなぁ。
音尾さんは、どうも、って感じで。
森崎さんのツッコミは、どうかなぁ?と。

「佐藤さん★」だったのが、
実際佐藤さんに会って幻滅してたのがとても可笑しかった。
「こんな見た目に生まれたけどオタクなんだ!悪いか?」
みたいなことを言ってたなぁ…
可笑しい。力説しすぎ。
もうね、
「そういうところがいいんだけどねぇ」
って口に出したら、運転手が軽く引いてた。
いいじゃないね、かっこいいオタク。歓迎します!


コーナーが終わって、スタジオに戻ったとき
はしのさんがかなり笑ってたのが印象的。
寺脇さんの
「もっとつっこんでほしいって感じだったねぇ」
というのも素敵コメントだった。


思ったより時間が長くて驚いた。
TEAM-NACSの魅力がわかる感じではなかったけど、
大泉さんの魅力(クセのある感じ)はかなり出てたなぁ。
「いいとも!」のテレフォンくらいの充実度。
私としては、
ハンサム(イケメン)なのにオタクでちょっとうざいという、
しげさんの魅力満載!!だったので十ニ分に楽しめた。
よかったわぁ。

EntryTop

「どうでしょうR」

今日のtvk、どうでしょうRは
「試験に出るどうでしょう2 石川県・富山県」第2夜。

先週、このシリーズは見たことないって書いたけれど、
今日は見覚えのあるシーンが出てきた。
振り返り企画でちょっとずつ見てるんだなぁ。

以下、感想。




「潟湖・砂洲・砂嘴・陸繋島」。
今週はちゃんと覚えてる。

宿での、小ネタの拾いっぷりがおかしい。
準備しすぎ!
お茶の2位が鹿児島というのは意外だったなぁ。
知覧茶くらいしかしらないけど?
準備していなくても
手書きフリップで「カキ」も試験範囲になるのは秀逸。
羊蹄山と聞いて、喜ぶ(共感?)人が約1名。
お風呂が気持ちよさそうだった。

どうでしょうも後半になると、
「夜のトーク」がメインに躍り出るような気がする。
素晴らしいタイミングでこける安田さん。
見覚えがあったのは、お相撲のシーン。
意味がわからないけど、何となく笑えるシーン、これぞ真骨頂。
(しかも「それほど面白くないぞ」って冷静だなぁ。面白いぞ!)
「ぶぅぅ」が出たし。
藤やんの笑いが止まらなくなるのはまぁ、いいとして、
ミスターが「ははは…」と脱力系の笑い声を出すのが可笑しい。

今回の語呂もよくできてたなぁ。感心!
「羊蹄山見るならバルコニーで」
「がっさーん、立て、ジョー!、遊びでねぇぞ」(?)

布団で「がっさーん」「がっさーん」と言うヤスケンがかわいい。

石川県の工業といえば、やっぱり伝統工芸。輪島塗りだよねぇ。
沈金のことを…(おいといて)。
校長へのプレゼントがものすごくツボ。
ループタイ?
しかも般若??
本当に「ほかになかったのか?」と聞きたくなる、
素晴らしいチョイス。
照りがあって、けっこう高級感があった。

前枠後枠で、バンバン落とし穴に落ちてみせるミスターは素敵だ。

EntryTop

隠れ家を作りました

Happy Days # 隠れ家を作りました。
INFORMATIONにも書きましたが、パスワード制のブログです。

隠れ家では、
私自身、感想、その他思うことをつらつら書きたいと思います。
また、ご覧になった方の感想などもうかがえれば、と思っています。

パスワードは「netabare」です。
ネタバレ全然OKな方、感想は見たい気がする方はどうぞ。
まっさらな気持ちで「COMPOSER」に臨みたい方は近づかないように!
迷惑にならない範囲で、語り合えたらうれしいなぁと思います。

よろしくお願いします。

EntryTop

模様替え

ちょっと早いのですが、
「COMPOSER~響き続ける旋律の調べ」初日に合わせて
こちらも模様替えしました。
写真素材は<ivory>さんからお借りしました。
数種類からランダムで表示されます。
共有テンプレートの「random-plant」のスクリプトをお借りしています。

内容は特に変わりません。
「COMPOSER」のネタバレ・感想はなし!の方向で。

少なくとも5月いっぱいはこれで、と考えています。
よろしくお願いします。

EntryTop

暑い!

Yahoo!のピンポイント天気によると、31度らしい…
暑いわけだ。

キャミ1枚+丈短パンツですよ。
真夏の格好。

我が家には約1名、風邪をひいた人がおりまして、
この暑い中、布団をかぶって寝てます。
当然、汗をかく。
今日、2度目のお風呂に入っています。
おかしいって!

GWがはじまったような気がしません。
夏休みなんじゃないの??

EntryTop

「anan」「MORE」

本屋で雑誌をチェックしてきた。
「Seventeen」は紐がかかっていて読めず。
「anan」と「MORE」を読んできた。
「PLUTO」の1巻、買うの忘れたよぉ。
今から買いに行こうかなぁ?
そろそろ駐車場空いてないかなぁ??
(車庫入れが下手なので、ガラガラじゃないと怖くて行けない…)




■anan


「幸せなとき」みたいなコーナーで。
一発で見つけてしまった。
大泉さんと目が合ったような感じで。
カリー軒さんがとてもこじゃれた風に写っていて、
ちょっと感心した。
やっぱりカリー軒行くかな。せっかく平日なんだし!
東京にいたときは夜、自分でパスタを作ってたっていうのが
へぇって感じだった。
「生々しい話、ウィークリーマンション…」(いいともCM中)
ってことだったけれど、自炊かぁ。
エライねぇ。

■MORE


1ページだった。
大泉さんだけでなく、TEAM-NACS。
大泉さんがTEAM-NACSのメンバーを紹介する形。
このお洋服は…
4月はじめに出た「日経エンタテインメント!」と同じ衣装だ。
安田さんのピンクのセーターはいいとしても、
森崎さんのあの襟は!!という、あの衣装。
ちょっと忘れられない。

EntryTop

芝居を見よう 【追記あり】

CREATIVE OFFICE CUE [オフィシャルサイト]にあるCUE DIARYはここ数日、
見ていられない(けど見て笑っちゃう)
おかしな川柳でいっぱいになっていたのだけれど、
ここにきて、明日の初日をひかえるTEAM-NACS主宰森崎さんから
「お願い。」が出ました。

今日、私は学校だったので、
帰りに携帯でこの「お願い。」を読んだのだけれど、
緊張感が伝わってくるような気がしました。
明日から8月下旬まで続くNACSさんの全国公演をご覧になる方は、
ぜひ、CUE DIARYをご覧いただきたい。
真摯に打ち込む姿勢を感じることでしょう。
今回の公演でお芝居をはじめて観賞するという方は、
マナーブログなるものもあるようなので
そちらを見てお勉強するのもよろしいかと思います。

水曜どうでしょう公式では藤村Dが
「芝居を見てやって下さい」

ただそう言いたいのでございます。
と言っています。
親心のようにも感じるこの言葉。
その通りだと思います。
そして。
札幌だろうが東京だろうが、同じだと思っています。
お芝居を見て、また次のところでも頑張ってね、でいいかなぁと。

何にせよ、緊張感いっぱい。
私は明日見るわけではないけど、やっぱり今日は特別だと思う。
このドキドキは今日だけだと思うと、ちょっと愛しい。


【追記】 4/29 1:26
「感想は知りたい」なんて書いてしまいましたが、
くれぐれもコメントに感想を書かないよう
お願いいたします。
(感想だって見たくないって方もいらっしゃいますからね!)

感想、教えてあげちゃう!なんて奇特な方がいらしたら、
メールか、内緒コメントで教えてくださるとうれしいです。
(こういうときの内緒コメントですよ!)

皆で楽しみましょう。
よろしくお願いします。

---




それにしても。
あらすじはともかく、感想も語らないでとは、厳しいねぇ。
確かにね。
12月の「LOOSER」みたいに感想を見て萎えてしまうようなことは
避けたいものねぇ。
でも、全く語らずというのはちょっとツライ。
できるかぎり隔離するか?
ローカルで置いておくしかないのか?ガマン?ガマン??
まぁ、どうしても書きたかったら
「大泉さんがベートーベンだった」って書くことにしよう。
それ、セーフなんでしょ?

あぁ、ドキドキする。
明日見た人の感想、全然見れないのかな?
すじは知りたくないんだけど、感想は知りたいの。
あぁ!!

EntryTop

やっと

その1
やっと北海道行きのチケットが届いた。
遅くないか?
といっても
私が行くのは9日だから、まだ10日以上あるんだ。
「COMPOSER」初日が明後日だと思うと、
何となくあわあわしてしまう。
あぁ。
9日までネタバレを見ずにいられるのだろうか。
ガマンできるか、不安。

その2
Lives
Lives
posted with amazlet at 05.04.27
樋口了一
インディペンデントレーベル (2004/03/05)
売り上げランキング: 701
通常24時間以内に発送

今日、買いました。Amazonさんで。
この間のライブを聞いたらやっぱり欲しくなってしまった。
毎月のライブも行きたいなぁ…と思ってます。

EntryTop

ミスターに関する 10の質問!!

鈴井さんのお誕生日まであと1週間となりました。
というわけで、出遅れ感はあるもののまだ締切前ということで
ひなたの日記」さんの
《ミスターどうでしょう 鈴井貴之 誕生日記念TB企画》
【ミスターに関する 10の質問!!】
に参加します。




1.絶品ダジャレ(1つね)
 「痔 エンド」
 ベトナムのだじゃれは全般的に好きなんだけれど、
 「1つ」と言われるとこれしかない。

2.絶品な「やられっぷり」
 壇ノ浦レポート。ダメ眼鏡といい、テンションといい、絶品。
 ジャングル・リベンジで板の上に寝ているのもちょっと素敵。
 対決列島でお焼きにかぶりつくとあんこだった!ときもかわいい。

3.絶品な仮装
 カブちゃん。かっこいい!

4.絶品な一言
 「ケビンコスナーになれなかったね」
 これに限らず、ミスターの一言にはふっと愛を感じる瞬間がある。

5.ミスターの好きなところ
 顔!何よりも顔!
 千葉テレビでどうでしょうリターンズが始まった頃は
 毎週「ミスターかっこいい」って言いながら見てた。
 あとは諦めが悪くいじっぱりなところ。
 現実だけでなく、夢も見ている感じが素敵だと思う。

6.ミスターの好きなしぐさ
 運転。(仕草じゃないけど)
 なんかプロ風味。

7.ミスターを身近な人にするなら?(どれか1つ)
旦那・恋人・友達・兄弟・親戚・仕事仲間(社長!というのも可)

 親戚。
 年上の従兄がミスターだったら、ものすごく自慢できると思う!
 「昔はよく遊んでくれたんだ」的な。
 (妄想だなぁ…)

8.ミスターと一緒にやりたい企画(理由もあれば)
 ミスターと、ではないんだけど…
 どうでしょう班とアフリカ(または南極!)に行きたい。
 理由)
 どうでしょう班未踏の大陸アフリカ。
 一緒に行きたいなぁ。
 ピラミッドら辺でミスターがスフィンクスの扮装するの。
 クレオパトラなミスターも見たい。
 南極でミスターがペンギンの扮装をするのかも、見もの。

9.ミスターに、自分に何かしてもらうとしたら?
 昨年12月のサイン会でサイン&握手をしていただいたので、
 個人的に望むものはないのです。
 常に眼光鋭いミスターでいていただければ、それで十分。

10.最後に… あなたにとって「ミスター」とは?
 「ミスターどうでしょう」。
 どうでしょうの象徴であり、柱であり、スパイスでもある人。
 常に先頭を走っていってください。
 これからもご活躍を!期待しています。

EntryTop

「spring」→「PLUTO」

今日、やっと「SPRING」を読むことができました。
森崎さんおススメ
 NAOTOさんのCD…(タイトル忘れましたっ)
安田さんおススメ
Rock In Golden Age (ロック イン ゴールデン エイジ) ~ロック栄光の50年~ 1号 [雑誌]
Rock In Golden Age (ロック イン ゴールデン エイジ) ~ロック栄光の50年~ 1号 [雑誌]
大泉さんおススメ
何度でも
何度でも
音尾さんおススメ
ナイトライダー シーズン1 コンプリートDVD-BOX
ナイトライダー シーズン1 コンプリートDVD-BOX


そして、佐藤重幸さんおススメ!
PLUTO (1)
PLUTO (1)
posted with amazlet at 05.04.26
浦沢 直樹 手塚 治虫 手塚 真
小学館 (2004/09/30)
売り上げランキング: 774
通常24時間以内に発送





「PLUTO」を早速読んでみました。
といっても、先ごろ出たばかりの2巻の方なのですが。
たまたまコンビニにあったので、つい買ってしまった…
おもしろいです。
もともと「MASTERキートン」好きだし。
1巻も読もうかなぁという気になってきた。

「spring」の記事に関して言うと、
しげさんの趣味が「ガンダムの宇宙世紀年表を暗記すること」って
どうなの?
本当だとしてもさぁ…
「spring」読者には訴えかけないと思うなぁ。
いいの、それで?
まぁ、
本格派ピッチャーでストレートど真ん中しか投げられない、
ってことにしておきます。

「PLUTO」のおススメな理由もちょっと可笑しい。
設定なの?そこなの??って。
しかもね、2巻になると微妙になってて…

今日「spring」を読んで、
しげさんというのはいろいろな意味で目が離せない人だと
改めて思った。
(離れ…は省略します)

EntryTop

インディーズランキング

4/25付 インディーズウィークリーTOP20(オリコン)によると…

1/6の夢旅人 二度目のありがとう
樋口了一
インディペンデントレーベル (2005/04/08)
売り上げランキング: 158
通常24時間以内に発送

今週は3位でした。
(2→3)
思った以上に好位置をキープしています。
曲名の方は先週の火曜日あたりに直ったようです。
着メロはありません。残念です。


1/6の夢旅人2002
1/6の夢旅人2002
posted with amazlet at 05.04.26
樋口了一
インディペンデントレーベル (2003/11/21)
売り上げランキング: 135
通常24時間以内に発送

こちらは9位。
(19→20→16→16→16→20→-→17→17→-→20→13→9)
相乗効果でしょう。
amazonではこちらの方が売れているくらいです。




「1/6の夢旅人2002」は=トナムという方が多いと思うのですが、
なぜか私はJAM-BOREEの最後の曲として思い出してしまいます。
足を揃えてピョンピョン跳ねる大泉さんと微妙なノリの安田さん、
お二人の姿が脳裏に浮かんでしまうのです。

EntryTop

道新「NACSが行く!」佐藤重幸

昨日、図書館に行ったときに北海道新聞をチェックしてきました。

北海道新聞 2005年4月20日(水)夕刊の2面に
佐藤重幸さんの記事があります。
見出しは「けいこ 脂乗ってきた 初日は最高の状態に」、
写真は
「芝居のけいこの合間を縫って建設会社のテレビCM撮影中の佐藤重幸」
でした。

内容としては…

■僕も今年で32歳


新陳代謝が悪くなっているので週3回くらいジムに通っているが、
生活が不規則だし、食べる番組(「おにぎり~」)もやっているので、
すぐリバウンドしてしまう。
でも一生モテたいので、すごく気を付けています(笑)。
(↑本文のままです)

■今度の全国公演は


劇団結成以来の最大の正念場。
年齢を考えると不安の方が大きい。
常に物事を悲観的に見てしまうタイプ。
こんなに台本を読み込んだのもはじめてで、
NACS5人で共作したという感じ。
けいこも最近やっと脂が乗ってきて、
きっと初日は最高の状態で迎えられると思う。

■趣味は


ガンダム、銃、刀。
今、ガンダムの年表を暗記しているところで、
家にはエアガン、模造刀…を壁に並べて眺めている。
そうです、僕は子供なんです(笑)。


■全国公演が終わったら


休みをもらって沖縄にスキューバダイビングにも行きたい。
今、仕事も趣味も充実していて幸せ。
これを長続きさせるためにも、
役者としてのスキルアップなど、
やれることをやっておかなければと思う。


内容のまとめって感じではなくなってしまいました。
引用したのはツボの部分です。

これを読んで、また「COMPOSER」が楽しみになりました。






いやぁ、カラーコピーしたかったわぁ。
最近、しげさんの顔(表情)が変わった気がします。
写真写りだけの問題なのかなぁ?
ピュア顔が増えたような。
道新さんのは、ナチュラルでいい感じ。
(眉だけものすごくキリッっとしてるのねぇ)

しげさんの考え方というのは共感できることが多い。
いい状態というのは、何の努力もせずにはキープできないと思う。
頑張りたいと思ったら、
その後に来るだろういいイメージを思い浮かべるといい。
とにかく気分よく頑張れるよう、自分の気持ちを盛り上げる。
「宣言」好きなしげさんは、盛り上げ上手だなぁと思う。
マネしたい。

EntryTop

体調不良

ってことで、学校をお休みしました。
よく寝られたので、ピンピンしてます。
だってぇ、眠かったんだもーん!
(つまり、そういうことです)

でも、夕方から友達と学校で待ち合わせしていたので、
学校近辺には行かねば。
かっこ悪い。
というか、後輩や先生に目撃されないよう、厳重注意!!



明日から、予備校の授業がはじまるので、教材を準備せねば。
予備校にくる学生というのは、
どうも「勉強法」をやたらと聞きたがるので、
勉強の中身より、勉強方法に関するプリントを作ろうかと。




でも、個人的には勉強方法を聞くって行為自体、とても嫌い。
そういうことを聞く人に限って、
「まだやってないんですけど」
とか言う。
怠け者!!!!!!
何もしないで、効率いい方法を教えて、って
そのずうずうしい発想が許せないのねぇ。

人に何か聞く以上、
ここまでやってみたけれど、うまくいかなくて…
っていう姿勢で来てほしいのだけど。

でもね。
これが院の後輩だったら
「どこまで調べてみた?」
とか聞いて、何もしてなかったら突っ返すけど、
予備校はサービス業ですので、
笑顔でお答えしますし、プリントを作って説明もいたします。
ふふ。
怠け者さんたちのおかげで、お仕事があるのだもの。
ありがたい、ってことで。

EntryTop

航空宇宙技術研究センター一般公開

今日は、航空宇宙技術研究センターの一般公開ということで、
見学してきた。

JAXAというと、
丸の内オアゾにもちょっとしたPRコーナーがあるのだけど、
今日行ったところはまさに本拠地。
単に見学するのではなく、
説明あり、体験コーナーありと、かなりわかりやすい!

印象に残ったのは「風洞」と「可視化」。

「風洞」というのは、簡単に言うと、
風の流れを作って高速移動したときと同じ状態にする施設、
のようです。
風の流れっていうと、緩やかなイメージなのだけど、
実際ここの研究で使われているのは、マッハ2とか10とか、
そういうものすごい風。
そうよね、航空宇宙だもの。

「可視化」というのは、文字通り、目に見えるようにすること。
風の流れや表面温度をどう見せるのかという研究。
表面温度は、いわゆるサーモグラフィなんだけど、
風の流れについてはいろいろな方法がありました。
風を点の集まりで表したり、風の影を作ったり。
もう、考えもしない世界でした。

ほかには、
月の表土を模したものを触ったのもちょっとびっくり。
とても細かくてさらっさら。
指紋の溝に入ってしまう感じの細かさでした。

2025年には宇宙飛行機が飛ぶそうです。
本当かなぁ?


最先端の研究にちょこちょこっと触れることができて、
かなり刺激を受けました。
自分の研究と全く関係ない分野でも、とても楽しかった!




今日は、小粒な遊びを組み合わせてみた。
テニススクール

スーパー銭湯(仙川)

航空宇宙技術研究センター見学

図書館

お金もかからず楽しめて、かなり充実。

EntryTop

ぼい~~~ん!

「大泉洋のサンサンサンデー」。
我が家で普通に聴けます。
雑音入っていますが…
ふふふ。

【追記】
Jさんと江田さんがゲスト!

EntryTop

「SWITCH」

「SPRING」も読もうと思ったが、紐がかかっていて読めず。
どこか読めるところないかなぁ?

「SWITCH」の大泉さんの連載を読んだ。
お祖父さまが通っていたお祖母さまの病院への道を歩く、
という話。
とてもいい話だった。




大泉さんの文章は、心にすぅっと入ってくる。
不思議な魅力がある。
いい話に感動しながら、
この魅力があるから大泉さんを見続けたいと思うのだと、
改めて感じた。

EntryTop

NIKKEIプラス1 「私のお気に入り」大泉洋さん

23日の日経というのは土曜版「NIKKEIプラス1」のことでした。
載っていたのは「私のお気に入り」というコーナー。
タレントの大泉洋さん。
大きめのお写真は、
整髪料を右手に持ち、
チャームポイントにもなってきた髪に左手をやっているもの。
お洋服は「いいとも!」ご出演のときのもの。

お気に入りは「整髪料」。
見出しは「天然パーマのお供に」!
おススメの整髪料はこれ↓です。



【追記】整髪料、間違えていたので直しました。

朝風呂の後、仕事場に行く道すがら、この整髪料をなじませてるそう。

面白かったのは最後の部分。
(天然パーマについて)
 ただ、役を狭めてないかな、と。次のお芝居は自分たちの劇団でベートーベンの役なんですが、企画のそもそもの始まりが「髪形が似てるから」って……。この髪形である限り、もう普通の役は来ないのか。「坊主で」ってオファーでも、抵抗ないですけどね。ま、似合わないでしょうけど。
(2005年4月23日 NIKKEIプラス1 「私のお気に入り」より)
坊主って!想像つきません。音尾さん??
面白い大泉さんはもちろん素敵なんだけれど、
ほかにもいろいろな大泉さんを見せていただきたいと思っています。

EntryTop

樋口了一さんインストアライブ

今日は、新宿のTOWER RECORDSであった
樋口了一さんのインストアライブに行ってきました。

5時くらいに行ったら、リハーサルをしてて、
すでに小さく盛り上がってました。

5時半からだったのだけど、
その頃にはかなりたくさんの人が来ていて、もうツメツメ。
暑くて、上着を脱いで聴きました。

曲は…

1.1/6の夢旅人2002
1/6の夢旅人2002
1/6の夢旅人2002
posted with amazlet at 05.04.23
樋口了一
インディペンデントレーベル (2003/11/21)
売り上げランキング: 155
通常24時間以内に発送

まずはお馴染みのこの曲から。
皆で「新宿中を僕らの…♪」。
これですっかり場が暖まる。
「GOIS」の留守番で1週間出ていたら
スイス(ハイジ!)にいる鈴井さんから電話が来てね、
2002って名前だけど2003年に出ました、
なんてお話も。へぇ。


2.二度目のありがとう
1/6の夢旅人 二度目のありがとう
樋口了一
インディペンデントレーベル (2005/04/08)
売り上げランキング: 53
通常24時間以内に発送

仙台のラジオから生まれた曲です、との紹介。
ふふ。私は「体験手記レポート部」さんで
樋口さんのラジオのこといつも読んでるから知ってるよ!
と、心の中で自慢げ。
(昨日、樋口さんのHPにあるWEBラジオでも歌の由来?を聴きました。)
この間、札幌に行ったとき、藤村さんに渡したそうです。
(ちょっとモノマネが入って、可笑しかった!)

3.朝花
Lives
Lives
posted with amazlet at 05.04.23
樋口了一
インディペンデントレーベル (2004/03/05)
売り上げランキング: 1,039
通常24時間以内に発送

今日は売っていたミニアルバム「Lives」から。
安田さんが気に入っていて(なぜか笑いが起こる)、
嬉野さんが車に乗るとき鼻歌で歌う曲とのこと。

4.over the clouds
旭川凌雲高校の生徒からの依頼で作った曲。
生徒から集めた詞から歌詞を作ったそう。
題は学校の「凌雲」から。
文字通り「雲を越えて」という歌でした。

5.1/6の夢旅人
1/6の夢旅人 二度目のありがとう
樋口了一
インディペンデントレーベル (2005/04/08)
売り上げランキング: 53
通常24時間以内に発送

最後は「お母さん」と呼んでいるこの曲。
テレビバージョンに近いテンポで。





はじめて樋口さんの生歌を聴きました。
ちょっと(かなり?)感動。
素敵な声。
ギターを弾く指にちょっとうっとりぎみ。

インストアライブの後は、サイン会に参加。
CDに直接サインしてもらい、握手。
何となく緊張してしまった。


来月、府中のフォーリスでもライブがあるそうなので、
時間があったらまた行ってしまうかも!
普通の月例(?)ライブにも行きたいなぁ、なんて思いました。

EntryTop

「どうでしょうR」

tvkでは今日から
「試験に出るどうでしょう2 石川県・富山県」が始まった。
このシリーズは全く見たことがない。
ちょっと楽しみ。
以下、感想(ネタバレです、ご注意!)。




企画発表。
大泉さんは企画をわかっているつもりで余裕。
安田さんのリアクションを楽しんでいるのも束の間、
実は罰ゲームで四国に行くのが自分だとわかったときの
怒りっぷりが可笑しい。

前回、四国に行った後、体調が「そぐわなかった」大泉さん。
(すぐれない、だよね)
かなりの方を連れてきちゃったらしい。
敏感な人(見える人)が連れてくるものかと思ってたけど、
そうでもないらしい。
妖怪大戦争、ですか。
安田さん、ウケすぎ。

砂嘴・砂洲…の体操に笑う。
(もう覚えてないし)

砂浜海岸をバスが通るっていうのは素敵。
一度行ってみたい気がする。

どうでしょうの予想問題が実際センターで出るというのも
なかなか乙な感じ。
的中っていってもねぇ。
終わってちゃねぇ。

衝撃の後枠。
結構遠くから大泉さんに雪玉を当てたミスターが
落とし穴に綺麗に落ちる。
でも、それ以上に、
安田さんがぼとっと落ちるのが可笑しい。


安田さんがいると、どうでしょうが和むよねぇ。
あの眼鏡、似合いすぎだし、
ノートを最後のページから使うのもおかしいし、
個室の要求(変な脅し)も謎。
たまにあぁしていてくれるのがいいと思う。

EntryTop

初恋の思い出、教えちゃう

教えちゃうシリーズも第3弾になりました(???)。
心ノ琴線ニ触レルモノドモ」さんの
【TB企画】初恋の思い出、教えてくれませんか?」に
トラックバックしています。

初恋の思い出。
私は4歳のときでしたねぇ。




私は3歳から保育所に行っていました。
で、4歳のときにYちゃんという男の子が入ってきました。

Yちゃんは、のび太みたいな見た目で。
ぐずぐずちゃんだった。
なぜ好きになったんだろう?
でもラブラブだったんだよねぇ。
もう自他共に認める、くらいの。
Yちゃんは計算が異常に得意で、私は本を読むのが得意だった。
保育所なんて、ただただ遊ぶだけで勉強なんてしないのに、
2人はインドア系だったから気が合ったのかな?
家も近かったし、父親同士が妙に仲がよかった。

小学校でも同じクラスになって仲良しのまま続いていたんだけど、
1年生の3学期に引っ越してしまった。
ショックだったと思う。

でも、ここからが私、すごい!
その後もずっと好きだったもの。
もう、一途。
夏のキャンプその他、年に数回会うのが楽しみで楽しみで。
キャンプで歩くときはいつも一緒だった。
暗算の問題とか出してもらって、一生懸命答えてた。
今考えると、ちょっと気持ち悪い…

まぁ、その後、私は女子校に入ってしまったりして、
高校生になるくらいまで、一番気になる人だったなぁ。


今も昔もだけど、
頭のいい人とか知的好奇心が旺盛な人が好きなんだと思われます。


うちの母なんて、
最近までいい組合せだったと思ってたみたいで、
結婚相手ということで旦那を見せた後に、こっそり
「Yちゃんと結婚するんじゃないかと思ってた」
なんて言ってました。
んなわけなーい!

Yちゃんは今でもいいお友達です。

EntryTop

ランドウォーカー

今日の「とくダネ!」で紹介されていた、ランドウォーカー。
榊原機械>PRODUCTS>LAND WALKER

搭乗可能な2足歩行ロボットを、
群馬の農業機械メーカーが作っちゃうなんて!素敵。
イメージはガンダムだそうですが…
どちらかというと、ザク、ですね。ん?ズゴック??
白くないんだもの。
もっさりしてるし。
(人が乗るスペースの分、どうしてもそうなる)
でも、足の感じは確かにガンダムの香りがします。




ぜひ、一度、しげさんに乗ってみてもらいたいものです。

EntryTop

私の化粧ポーチの中身、教えちゃう

今日の覚え書き」さんの
あなたの化粧ポーチの中身を教えてください」にトラックバックしています。

バッグとか化粧ポーチとかって、確かに個性が出ますよねぇ。

私のはこれ↓です。
私の化粧ポーチ





わりと最近変えたばかりです。
正確に言うと、
ベトナム旅行のとき、中身を移しかえたのをそのままにしてます。
本当はもう少し大きめのを使っていたのですが、
小さくても大丈夫ってことがわかって。
ARTISAN&ARTISTの小さいポーチです。
定規がないからわからないけど、13×7×3(cm)くらい。

中身は…
・コンタクト(Focus DAIRIES、左右1枚ずつ)
・ファンデーション(花王ソフィーナ/RAYCIOUS)
・口紅?(花王ソフィーナ/AUBE rouge melty veil BE22)
・リップクリーム(DHC/Petit moisture lip)
・アイシャドウ(カネボウ/ケイト GD-1)
・脂取り紙(よーじや)

以上ですっ。
少ないねぇ。

口紅っていうのかなぁ?
チップで塗るタイプなのですが、とても潤うので手離せません。
もう4本目?
リップクリームはメントールが苦手なのでDHCのが好きです。
脂取り紙はよーじや。コレに限る!
何にせよ、これ!と決めたら変えないタイプです。
ファンデーションのケースなんて、いつのよ?ってくらい古い。
今でもこのケースが使えてること自体、
ソフィーナさんに感謝しなくちゃいけないなぁ…

今、見直してみて、
ヘアピン・ゴム類がないことに気付いてしまった…
・ラインストーン付ピン(2本)
・パチン止め(2個)
・ヘアゴム(茶、1本)
ただいま、追加しました。



前は、眉切りバサミ、毛抜き、アイライナーも入れてたんだけど…
出先で使うことはないので。
正直、アイシャドウさえ出先で使うことは滅多にありません。
チークのことが出てないのですが、使ってます。
IPSAのホイップタイプ(?)のピンクを。
眉も描いてます。なぞる程度。
アイライナーは最近は使ってない。
一番ころころ変わるのはアイシャドウで、
今日書いたケイトのは、学校・バイト(地味にしたいとき)用です。
色の付いたのも使うけど、最近はあんまり、かな。
マスカラは普段あまり付けないなぁ。
土日くらい。
使うのはMAXFACTORのSTRETCH&SEPARATEを。
ビューラーは苦手(こわいよ!)なのでしません。
マスカラを塗るだけ。
まつげは普通にあるので、そんなに頑張らなくてもいいかな?って。



気合が入ったお出かけ(披露宴とか)のときは中身が変わります。
必ず持っていくのが
フェイスパウダー?(ジバンシーのミニプリズム=9色)。
白系・ベージュ系・ピンク系が3色ずつ入っていて、
たいていの化粧直しはコレで済むという便利アイテム。
前は免税店なら売ってたんだけど最近どこにも売ってない…
そのほか、
アイシャドウがシャネルになったり、
口紅がエスティーローダーになったりと、
突如洋物アイテム目白押しになります。
なんか、ちょっとやらしいな。


私は億劫がりなので、あまり化粧直しをちゃんとしません。
だから、家にはいろいろあるんだけれど、
出かけるときに持っていかないのね。



今はファンデーションも付けてない!
色つきの乳液+フェイスパウダーですよ。
平日で特に出かけない日なんて、そんなものです。


そっけないポーチにそっけない中身。
そしてコンサバなお洋服。
こんな感じでございます。

EntryTop

ウラ、更新

「水曜どうでしょう」番組スタッフからのメッセージ(ウラ)
更新されました。

「日本全国どうでしょうバカ勢力図」(05年3月版)です。
DVD第5弾が出たことによる、勢力図の変化やいかに?
というところで。
「私はバカです!」
と言いながら、ウラを読みましょう。




私は東京西部に所属しているわけですが、順調に伸びている感じです。
東京東部より多いのねぇ。へぇ!
たぶん、西部の方が埼玉・神奈川両方が見れるんだと思う。
神奈川が単独であれだけ健闘しているのだから、
東京西部ももっと頑張れるはずだぁ!
まぁ、東京全体で見ると、
千葉・栃木・茨城という関東におけるリターンズ先進地区を抜くそうで。
この辺は、絶対数の差ですねぇ。

他の地方と関東って「ローカル局」の意味合いが違うので、
関東のこの頑張りというのは、すごいなぁと思ってしまいます。
関東以外の地方ではローカル局=系列局だと思うのですが、
関東の場合、ローカル局=独立U局なので普通のテレビでは入りません。
UHF用のアンテナがある(残ってるor付けてる)、
我が家のようにケーブルに入っている(orケーブル対応集合住宅等)、
といったお家だけが見ていると。
まぁ、その分、
リターンズは見てないけれどDVDは!という人もいるのかも。

東京のことを藤村Dは
「正確には「放送していない」とも言える」
と言ってますが、
神奈川その他、関東においても、
目に触れる度合いは他地域とは大きな差があると思っています。
「どうでしょう」が何となく目に入る、ということはまずない。
それでもこんなにDVDがほしい人がいる。
すごいなぁ。

最近はテレビ朝日でどうでしょう放送、なんてことは
あまり望んでおりません。
tvkさんでこれからも楽しませていただこうと思います。

これからも適当なペースでDVDを出してください!
(あまり早いとお財布が付いていかないので、今くらいで。)

EntryTop

水出し紅茶

少し前、愛読しているブログさんで
水出し紅茶のおいしさが力説されていたので、
今日ちょっと作ってみました。

おいしいね。
いつもの日東紅茶デイリーバッグでも
なかなかまろやかな紅茶になります。

そんな何時間も待たなくても紅茶色になるようです。
(うちは浄水器を使っているから、ちょっと早目かも…)

学校がはじまるようになってから、
ペットボトルにお茶を入れて持っていっているのですが(貧乏生活)
これからはこの水出し紅茶を定番にしようかと思います。

EntryTop

「WAR ~ 戦い続けた兵たちの誇り」

3月にシアテレで放送された「WAR」のビデオを
やっと見ることができました。
学校がはじまってしまうと、
2時間テレビの前で落ち着くことが難しくなります。

というわけで、せっかく見たので感想。
(辛口です、ご注意ください。)




そうだなぁ、劇場で観たら楽しかったんだろうなぁ、って感じ。

あのまくしたてるセリフまわしがどうしても好きになれない。
好き嫌いの問題以前に、聞き取れない。
まくしたてるシーンか暗転(一人で長ぜりふ)かのどちらかしかなくて
メリハリがないなぁと。

細かいところを言うと、
大泉さんの眉がまだ細い!!気になる。
ツンツンの髪は、あれはあれで結構似合うのよねぇ。
しげさんのは細くて整ってても、またか…くらいしか思わないんだけど。
あと、大泉さんもしげさんもやたら痩せてる。
特にしげさん、エラが気になってしまう。
河野くんがよかった。
客演の人が多くて驚いた。
高橋さん(ロックメン)には気付かず。

顔が大きいとか、目が離れてるとか、
そういうのに対して抵抗なく笑える自分に気付く。
劇中に意味のないサービスが入ることに慣れてしまったんだなぁ。
(いちいち目くじらたてるより、慣れた方が何かと楽だろう。)

大きいところを言うと、
私向けじゃないな、という感じか。
たぶん、なのだけれど、
森崎さんの作るお芝居というのは、
「今、私って何してるんだろう、どうしたらいいんだろう」
って疑問を感じている人には
何かしら、心動かすものがあるのではないかと思う。
でも、私はそういう疑問は持とうとしないタイプだから、
ふーん、ってなってしまう。

戦うことの美しさを描くこと自体は、特に反対はしない。
(平家物語なんて、それはそれは美しいもの!)
でもあの描き方(特に終わり)はそれほど美しく感じなかった。
「ちゃんねー」だもん。
わかるけどね、私の感覚には合わなかったってことで。


まぁ、こう並べると文句ばかりに見えるんだけどねぇ。

「LOOSER」って随分こなれたお芝居になったんだなぁと
見ている途中から感心してしまった。
流れがよくなっているものねぇ。見やすいというか。
テーマはそのときそのときで違って、
あたりハズレがあるのだろうと、とりあえず考えておく。
「LOVER」以前のものは観たことがないのだけれど、
ちょっと観てみたい。
好奇心というか、怖いもの見たさ的な欲求。

常に進化(少なくとも変化)する集団のようなので、
「COMPOSER」にも期待したい。

EntryTop

「どうでしょう班」&「CUEメンバー」の中で…

ぶろぐ・mogumogu」さん、100000hitsおめでとうございますっ。
って、ほとんど同じタイミングでしたねぇ。
出遅れてしまいまして、申し訳ありません。

moguさんといえば、テレビ埼玉をご覧のようで、
そういう意味でもお仲間であります。
これからも今まで同様、精力的に新情報(レポ等)を流していただけると、
こちら(一読者)としては大変助かりますので、
よろしくお願いします。

さて。
TB企画に参加するわけですが、お題が面白いのね。
「“どうでしょう班”&“CUEメンバー”の中で…」ということで。
以下、私の場合です。
(ちょっと途中あぶないのですが、見逃してください。)




◆友達になりたいのは?
 大泉洋さん
(面白い人は友達にしたい)

◆お兄ちゃんorお姉ちゃんにしたいのは?
 安田顕さん
(かっこいいけどやばい、っていうのは兄ならOKでは?)

◆裸にしたいのは?
 佐藤重幸さま
(!!!!!!!!!!)

◆北海道を案内してもらいたいのは?
 藤村忠寿さん
(バイクでとか?いろいろ遊びに行ってそうだし。)
 
◆一緒にお出掛けするとしたら・・・
  「だれと、どこに、何を食べに」行く?
 佐藤重幸さんと
 バンダイミュージアムのガンダムカフェにでも行って
 赤い彗星でも飲む、
 か??
(私、それでいいのかなぁ?ものすごく予習が必要なデート?!)
 

◆対決するとしたら・・・
  「だれと、何対決をする」?
 藤村忠寿さんと
 ずんだ対決!
(ここは正統派でいきたい。でもソフトクリームの方が勝ち目ありそう。)


こんなところです。
はい。

EntryTop

「婦人公論」…

松田聖子が表紙、中もまぁ、そんな感じで、
私には総じて厳しめな雑誌だったのだけれど、
全ページ見てみた。
でもないんだ。

「What's new pussy cats?」さんによると
次号予告に大泉さんの名前があったとのこと。

「ゆるい野望」かぁ。ちょっと楽しみ。
読み物でよかった。
今日、演劇のページ見てきたけれど、
かなりテンションが高いというか、
あの調子で大泉さんを語られてもちょっとなぁ、
なんて思っていたので、ほっとしました。

次号は5月7日とのこと。
お楽しみに!

EntryTop

『水曜どうでしょう』にはまった企画、教えちゃう

NO DOUBTさんの【TB企画】『水曜どうでしょう』にはまった企画を教えてください
に参加します!

・テレビ局
今見てるのは、テレビ神奈川。
たまにテレビ埼玉。
はじめにリターンズを見たのは千葉テレビ。
でも、はじめてどうでしょうを見たのはビデオでした。

・どうでしょうの種類
普段見ているのは「どうでしょうリターンズ」。
はじめて見たのは、リターンズではなくてオリジナルかと思われる。

・企画名
「釣りバカ対決第3弾! 氷上わかさぎ釣り対決2」
だと思う…
ビデオでちらっと見ただけなので自信がないのだけれど。
(「釣りバカ対決第2弾! 氷上わかさぎ釣り対決」の方かも…)


・理由
ぐでんぐでんでわかさぎを釣っている、ただそれだけ。
それでもなんだか衝撃的な面白さだった。
北海道に、東京にはない面白い番組がある、と言われ見せられたが、
本当だった。
千葉テレビでリターンズがはじまったとき、うれしかったのを思い出します。

EntryTop

明日は特番

明日はドラバラ鈴井の巣番外編が放送されます。(HTB 24:10~24:40)
『雅楽戦隊ホワイトストーンズ~白き伝説よ永遠に~』DVD発売記念、
ってことで。

で、さきほど義妹ちゃんに電話して、録画をお願いしました。
まぁ、録画するほどのものではないだろうとは思うのですが、
それでも見たいのが道外人の心、ってことで。
(佐藤重幸さんご出演っていうのが一番の理由ですけど)

ついでにいろいろ話してて。




5月にNACSさんを見に、札幌に行くよ♪とか。
義妹ちゃんが見る、大泉さんの東京のお仕事とか。
(彼女は大泉洋ファンではない!その分、おもしろい。)
義妹ちゃんがアジカンその他にはまってしまい、
すっかりライブ貧乏になってしまったこととか。

そんな話をしているうちにわかったのですが。
いつの間にか、サクサカーになってました!義妹ちゃんが!!
もうね、盛り上がりました。
最近、ほぼ毎日見てますからね。
彼女的には、「江別の歌」より「横浜みたい」の方がいいそうです。
DVD出るよ!買う?買っちゃうかも…
って、もう、
兄(旦那)を置いてけぼりにしてすっかり仲良しトークです。

貧乏だそうなので、お世話になったお礼に
兄から助け舟を出すよう、ちょっと言っておこうかと思います。

EntryTop

TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。