スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EntryTop

CUE DREAM JAM-BOREE 2016

行ってきました、CUE DREAM JAM-BOREE 2016。
「「仲間」~親愛なるあなたへ。」は10年ぶりに大泉さんがプロデュースしたとのこと。
私がJAM-BOREEに行ったのも実に10年ぶりのことで、あー、あれから10年が経ったのかと感慨深く思いました。


10年前のレポ、今見たら前半しかないの。
コンベンションセンターからきたえーる。会場もずいぶん広くなりました。まさかスタンドからNACSさんを見る日がくるとは(本当はとっくに来ていたんだけど)。10年前はアリーナの通路側に入ってたときに佐藤さんがアリーナの通路を駆け抜けて、タッチした記憶がある。今じゃ考えられない、ファンとの距離の近さ。
物販もすごく手際がよくなって、会場に着くのが遅かったんだけど、ちゃんと開演に間に合った!

10年ぶりの感想としては、しげも洋も相変わらずかっこいいなぁって。ありきたりですけど。こっちは10年経って、ほんとおばちゃんになっちゃったけれど、向こうは奇跡のおじさんって感じのキラキラぶり。もちろん、かっこよければいいで、笑っちゃうって話でもあるのですが。
そうそう、月光グリーンさんのほかに女の子が二人いたの、びっくりした。


大泉洋プロデュースということで、お芝居(悪童 episode0)にライブシーンがあるというなじみのある形式(着席の時間が長いから楽ちん)。セットリストを検索してもなかなか出てこなかったけど、まぁ、大体知ってる曲だった。2010、2012、2014年のJAM-BOREEについてはCDさえ聴いていないんだけど、あまり困らなかった。滅多に来ないファンにも優しい。

TEAM☆NACSは2年に1度、コンスタントに活動を重ねた結果、持ち曲が増えて、ミニアルバムくらいはできそうな感じになってきてて、笑ってしまった。「気がつきゃ40過ぎじゃない」も伊達じゃない。しげはいい感じに踊れてた。まだまだイケる。

FAN TANが相変わらずかっこいい。そしてかっこつけてるところを見て爆笑した。最高。驚いたのは、いつ聴いてもフラット気味だったしげの音程がすごくよくなってたこと。イヤモニのおかげ?今まで聴いたなかで一番うまかったんじゃないの…のどをやっちゃってないからかも…。それにしても、気球に乗って会場をまわるとか、思いもしなかった。嵐のpopcornみたいだったよ…。スタトロ(驚きの超高速)とか、アリトロ(時によっては乗りすぎて重そう)とか、銀テープ出るとか、もう、ジャニーズみたいだった!笑

残念ぶりは今回の健在で、私が見た回(最後の回)だけでも、1時間開演時間を間違う(幸いにも早い方に)、出るときに音尾くんのギターにぶつかりチューニングし直しになるありさま。でも、トロッコに乗り遅れるところが見たかったな!オープニングですでに汗を飛び散らしてるしげのことを安田さんが指摘していたけど、私の10年前のレポに、「OPテーマを激しく熱唱する佐藤さん。早くも汗だくだく」とあって、要は通常営業ってこと。

聴きたかった曲は大体聴けたし、樋口さんの「6分の1の夢旅人2016」も聴けたし(本当は2002じゃなくて古い方が聴きたいんだけど、そっちは歌ってくれそうにない)。
久しぶりに行ったCUEのイベントだったけど、思った以上に楽しめました!最近は違う人たちばかり見ているのですが。NACSさんの記念の年だから、もうちょっと頑張ろうかな。
スポンサーサイト

EntryTop

「BORN TO RUN」 さよなら初代0系新幹線 引退記念スペシャルバージョン

born_to_run


12月6日(土) 昼公演
あうるすぽっと
ギンギラ太陽's

この時期はちょっと観れないんじゃないかと思っていたのですが、ローソンチケットのモニター募集に応募したら当たったので、ありがたく観にいきました。




着いたら西鉄バスの皆さんがお出迎え。
「今度結婚するんです」というカップルがいて、西鉄バス大集合で写真を撮っていたのがうらやましかった。みんなに「おめでとう!」って拍手されてて、なんかいかにもギンギラさんって感じの暖かさ。


旦那さんと二人で行ったのだけれど、西鉄バスの集団に圧倒されて、はじめ劇場内に入るのを躊躇してたっぽい。でもその後はばっちり携帯カメラで撮影して楽しんでた。

途中で「女ビルの一生」(中州・玉屋さんの話)がはさまっていて、展開としては全然関係ないから微妙と思いつつ、お得感はありました。

0系にしても、YS-11にしても、技術が進歩していく中で古くなったものが使われなくなっていく。それをベースにして、新しいものが作られて・・・の繰り返し。ごく当たり前に起こっていることなんだけど、ちょっと劇的でもある。ギンギラさんによって「いい話」になっているのか、もともといい話なのか。
技術の進歩とかと関係なく、あなたがあって私があるというのは、どこにでもあることのように感じます(今になってみると)。とにかくいい話でした。
旦那さんも何だか満足していた様子。
ギンギラさんって、お芝居らしいし、あったかいし、見終わった後の満足度が高い。


開演前に前の席の人が読んでいるパンフレットが見えて、字がいっぱいあって読み応えがありそうだったので、終演後に買いました(めったにパンフは買わない)。エントリ冒頭の写真はパンフの表紙です。
同じページを繰り返し繰り返し読んでしまっているので、まだ最後まで読んでないのですが(一通り拾い読みはした)。
圧巻なのは、初代0系新幹線最初の運転手、大石和太郎さんのインタビュー記事です。エピソードを少し拾い書きしておきます。

-新幹線開業の年にはNHK紅白歌合戦の審査員として出演した。
-試運転から参加し、開業時の一番列車も運転。
-最初の頃はお客さんが乗らず、運転手が制服制帽姿で新宿、渋谷などに宣伝に行った。
-大阪万博にピーク。1時間に1本、12両編成だったひかりを16両編成にし、最終的には1時間に6本に。
-開業初日は新大阪、京都、名古屋と花束贈呈があり、運転台が花でいっぱいになった。
-開業の1週間前から全く同じダイヤで試運転。東京・大阪間を全線70キロ走行。沿線のビルや道路から手を振られたり声をかけられたり。
そんな大石さんは今、「国鉄時代にとった飛行機操縦の免許を生かして」フライトシュミレーター訓練や機器販売などの会社を運営しているとのこと。飛行機!!


このお芝居の中で最も印象に残ったのは、新幹線の歌。
【参考】こちら↓のサイトで聞けます。(いきなり音が出ます、注意!
はしれ超特急
今でも「ビュワーンビュワーン」と頭の中に鳴っています(そして家で歌ってる)。

この曲の中に「時速250キロ」って出てきて、お芝居中なのに、私の頭の中には「?」がいっぱいに広がりました。
子どもの頃に読んだ絵本に確かに、夢の超特急が出ていました。でも私の記憶では時速210キロ。新幹線0系電車 - Wikipediaで確認したところ、

当初、最高速度は210km/hだったが、1986年に 220km/hに引き上げられた。ただし、運転上の最高速度は当初200km/hで、210km/hはATCが作動してブレーキがかかる頭打ち速度。 1986年に引き上げられた220km/hは、運転上の最高速度のため、210km/hと比較するなら新しい頭打ち速度の225km/hが正しい。


とあって、私の記憶は正しかったようです。

乗り物の絵本が大好きで、夢の超特急・新幹線とパノラマカー・ロマンスカーが載っていたことは今でも覚えています。
私は大人になるまで東海道新幹線にはほとんど乗ったことがなくて。でも一度小さい頃に乗った記憶がある。たぶん、81年のポートピアのときだと思います。食堂車があった、気がする。それとも絵本に食堂車が載っていたんだろうか。そんなちょっとした記憶も掘り起こされるお芝居でした。


見にいけてよかった!!
帰りに宮城県のアンテナショップで、萩の調(萩の月のチョコクリームバージョン)や牛タンや牡蠣を買って帰りました。

EntryTop

宮脇俊三と鉄道紀行展

9月9日(火)に、世田谷文学館で開催された『没後5年 宮脇俊三と鉄道紀行展』を観てきました。
切符がかわいい↓


宮脇俊三さんと言えば、最近の鉄道ブーム(?)に加え、この本↓が出てから話題になるようになった気がします。私自身、それまでノーマークだったし。
「最長片道切符の旅」取材ノート「最長片道切符の旅」取材ノート
宮脇 俊三

新潮社 2008-04
売り上げランキング : 7374

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


展示を見ている人はほとんどがおじさまでした(50~60代くらい)。少しあったのですが、「鉄道紀行文学」を一つのジャンルとして見てみたら、面白いのかもしれません。
切符や地図は圧巻でした。

展示を見た後になりましたが、まずは定番と思い、これ↓を読んでみました。
昭和50年代の話なので、今はないローカル線あり、開通したのが意外と最近(といっても30年前か…)だったことを知る路線ありと、新鮮な気持ちで旅を楽しめます。ていうか、今すぐ、電車に乗ってどこかに行きたくなる!
最長片道切符の旅最長片道切符の旅
宮脇 俊三

新潮社 2008-04
売り上げランキング : 83108

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

EntryTop

「翼をくださいっ!さらばYS-11」呼ばれて東京スペシャル公演

1月9日(水)夜公演
天王洲銀河劇場
ギンギラ太陽's

初日にいそいそと行って参りました。事前に「携帯で写真撮る準備を!」と聞いていたので準備万全で!




笑えるのは想像ついてた。でも、開場前に西鉄バスが場内をかけめぐるとは、想像以上のサービス精神。がっちり写真を撮らせていただきましたよ。

面白いなと思ったのは、離陸順を競うシーン。JALが一番最初に準備できたけれどお客さんが一人足りないとか、ANAはお客さんが揃ってからエンジンをかけるとか(知らなかった)、JASは準備ができても滑走路が遠いとか(知ってた)スカイマークは福岡空港でバスを使うとか(知らなかった!)。こういうちょっとした小ネタが被りもののファンタジー世界にリアリティを感じさせてくれます。

取材に基づいたファンタジーなので、ただ笑えるだけではなくて、しんみりするところは本当にしんみりしました。史実は強く訴えるものがあるということを、改めて感じました。

また、ぜひ観たい劇団です。東京で!と思いますが。機会があれば福岡?!

ギンギラ太陽’s OFFICIAL WEB SITE

EntryTop

渡辺いっけいと東京セレソンDX

12月27日(木)夜公演
中野ザ・ポケット

もう公演は終わっているけれど、一応感想は隠しておきます。
ネタバレあります。




内容は以下の通り。
- 『歌姫』超スピンオフ
- 『結婚相談所』
- ゲストの裁判
- 『Duet』

『歌姫』超スピンオフは、お芝居かドラマの『歌姫』その後ってことなんだけれど、事前に進行役の人が客席に「どちらも観たことがない人?」って聞いたら、ぱらぱらと手を挙げた人がいた!わかんなかっただろうなー。
まー、内容がどうこうというより、メリー役の遠山景織子さんがゲスト出演するための壮大なふり。わー!って思いはしたけど、なんかちょっとな…と思った。

『結婚相談所』は「Love30~女と男と物語」の2作目で、宅間さんが脚本・演出だったのを、自演したもの。
前、観たときは片桐さんだったんだけど、宅間さんもよかったなー。筋は知っているはずなのに、ドキドキしながら観ました。エンディングが好きな作品。

ゲストの裁判は、加藤貴子さん。客席から舞台に上げられて、宅間さん、渡辺さんと尋問という形式でトーク。

『Duet』は前に観たことがあって。もう、懐かしく感じてしまう。
また泣かされてしまった。
天使役に渡辺いっけいさん。なんかフリーダムで楽しそうだった。天使ははっちゃけた演技をしてくれた方がいいもんねーとか。
東京セレソンDX 「ザ☆福袋」


正直、『歌姫』超スピンオフはそれほど楽しめるという感じではなかったのだけれど、『Duet』をまた観ることができて満足感が得られたかな。今思うと、「ザ☆福袋」がどれだけお得感あったか!

夏の公演は『夕』らしい。これまた楽しみなこと!女優さんはぜひ、セレソンさんの女優さんでお願いしたいところ。

佐藤さんからの差し入れがお花のところにありました。ボルビックだった。なんか妙に、らしいなーって思ってしまった。

EntryTop

TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。