【最近の記事】

presented by myhurt

CUE DREAM JAM-BOREE 2016

行ってきました、CUE DREAM JAM-BOREE 2016。
「「仲間」~親愛なるあなたへ。」は10年ぶりに大泉さんがプロデュースしたとのこと。
私がJAM-BOREEに行ったのも実に10年ぶりのことで、あー、あれから10年が経ったのかと感慨深く思いました。


10年前のレポ、今見たら前半しかないの。
コンベンションセンターからきたえーる。会場もずいぶん広くなりました。まさかスタンドからNACSさんを見る日がくるとは(本当はとっくに来ていたんだけど)。10年前はアリーナの通路側に入ってたときに佐藤さんがアリーナの通路を駆け抜けて、タッチした記憶がある。今じゃ考えられない、ファンとの距離の近さ。
物販もすごく手際がよくなって、会場に着くのが遅かったんだけど、ちゃんと開演に間に合った!

10年ぶりの感想としては、しげも洋も相変わらずかっこいいなぁって。ありきたりですけど。こっちは10年経って、ほんとおばちゃんになっちゃったけれど、向こうは奇跡のおじさんって感じのキラキラぶり。もちろん、かっこよければいいで、笑っちゃうって話でもあるのですが。
そうそう、月光グリーンさんのほかに女の子が二人いたの、びっくりした。


大泉洋プロデュースということで、お芝居(悪童 episode0)にライブシーンがあるというなじみのある形式(着席の時間が長いから楽ちん)。セットリストを検索してもなかなか出てこなかったけど、まぁ、大体知ってる曲だった。2010、2012、2014年のJAM-BOREEについてはCDさえ聴いていないんだけど、あまり困らなかった。滅多に来ないファンにも優しい。

TEAM☆NACSは2年に1度、コンスタントに活動を重ねた結果、持ち曲が増えて、ミニアルバムくらいはできそうな感じになってきてて、笑ってしまった。「気がつきゃ40過ぎじゃない」も伊達じゃない。しげはいい感じに踊れてた。まだまだイケる。

FAN TANが相変わらずかっこいい。そしてかっこつけてるところを見て爆笑した。最高。驚いたのは、いつ聴いてもフラット気味だったしげの音程がすごくよくなってたこと。イヤモニのおかげ?今まで聴いたなかで一番うまかったんじゃないの…のどをやっちゃってないからかも…。それにしても、気球に乗って会場をまわるとか、思いもしなかった。嵐のpopcornみたいだったよ…。スタトロ(驚きの超高速)とか、アリトロ(時によっては乗りすぎて重そう)とか、銀テープ出るとか、もう、ジャニーズみたいだった!笑

残念ぶりは今回の健在で、私が見た回(最後の回)だけでも、1時間開演時間を間違う(幸いにも早い方に)、出るときに音尾くんのギターにぶつかりチューニングし直しになるありさま。でも、トロッコに乗り遅れるところが見たかったな!オープニングですでに汗を飛び散らしてるしげのことを安田さんが指摘していたけど、私の10年前のレポに、「OPテーマを激しく熱唱する佐藤さん。早くも汗だくだく」とあって、要は通常営業ってこと。

聴きたかった曲は大体聴けたし、樋口さんの「6分の1の夢旅人2016」も聴けたし(本当は2002じゃなくて古い方が聴きたいんだけど、そっちは歌ってくれそうにない)。
久しぶりに行ったCUEのイベントだったけど、思った以上に楽しめました!最近は違う人たちばかり見ているのですが。NACSさんの記念の年だから、もうちょっと頑張ろうかな。

EntryTop

ご結婚おめでとう!

とうとうこの日が来たか!という感じがします。
朝起きたら、webニュースとかに出ていて驚きました。
最後の砦とか、残念イケメンとか、ニュースに書かれていて、本当に愛されてるね!
ショックを受けてる人は少なくて、祝賀ムードで満ち満ちてましたね。お相手の方のサイズを確認した方も多かったのでは??
発表前日、ダイアリーに「書きたいけど書けない日」とか書いちゃう、変わらぬ感じが愛おしくて仕方ありません。
入籍日もお母さまあわせという。もうね。
末永くお幸せに!!

しばらくこのブログも書いていなかったので、誰に向けて書いているのかわからないところがありますが。
仕事が変わったくらいで、元気にしております。ここから先は近況報告です。

続きを読む "ご結婚おめでとう!"

EntryTop

武蔵野の森公園

少し前に、武蔵野の森公園に行ってきました。
【参考】武蔵野の森公園|公園へ行こう!

子どもを芝生で遊ばせてみたくて。野川公園でもよかったんだけど、行ったことないところもいいかな?とか。武蔵野の森公園は芝生が刈り込まれているところがあってなかなかよかったです。でも売店とかないのね。とにかくだだっぴろかった。
芝生は子どもに不評でした。敷物の上から芝生に手を伸ばしてむしるのは楽しかったみたいなんだけど、芝生に子どもを置いたら泣きべそをかきながら敷物にダッシュ(はいはいだけど)で戻ってきました。

ここには掩体壕という、戦時中の飛行機格納庫があります。飛行機自体はないけど。
今は味スタやら外語大やらできて、すっかり明るい雰囲気になったこの辺り一帯、私が小さい頃はまだ「関東村」と呼ばれていたのを思い出します。
CIMG240120090919003027.jpg

公園からは調布飛行場がよく見えます。飛行機の離陸がしっかり見えます。たこ揚げ禁止もうなづける近さ(写真はヘリコプター)。
CIMG243120090919003127.jpg

近くに野川が流れているので、散歩がてらそちらに行って、久しぶりに水車経営農家を見てきました。水車に野川の水を引くために工事中とのこと(護岸工事をしてから、水位が低くなり、水車に水が引けなくなったらしい)。実際、水で動いていたら迫力あるだろうなあ。見たい!野川のサイクリングロードにある水車からちょろっと路地を入ったところにあります。
CIMG240720090919004227.jpg

EntryTop

都内をウロウロ

今月は自転車強化月間(?)ということで。
「サイクルスクエア 北参道」 に行って、レンタサイクルに乗ってきました。
借りた自転車はこちら↓。
レンタサイクル




先日、ペダルが壊れたので交換したのですが、そのとき自転車屋のお兄さんと話していて、もう少し距離をのばすにはタイヤが大きいのに乗るのが早道という話になり。まあ、そうですよね。「クロスバイクにしたら速くなります?」「なりますねー」「うーん。ロードは敷居が高い感じなんですよね」「皆さんそうおっしゃいますけど、そんなことないですよ」なんて話をして。そこの自転車屋さん、試乗車をいくつか置いていて、1時間くらい借りて走れるんだけど、まあそれは買いたい人向けだよね…ということで。
で、レンタサイクルに乗りにいったのです(自転車で!)。

はじめはこわかったー。進みすぎだよ。
自分は背が高いから大きさとかそんなに気にする必要がないと思っていたのですが、乗ってみて、自分の手の小ささに気付いた!!ハンドルの下の方を握る分にはいいんだけど、上に乗っけるかっこうだとブレーキがちゃんとひけない。状況が理解できるまで、かなり怖かった。ハンドルがフラットだとその辺って心配要らないから、全く想像してませんでした。
とりあえずそろーっと赤坂御所ら辺をまわって(歩道をゆーっくり走ってた)、慣れたところで20号→皇居周辺へ。20号は歩道に人が多かったので頑張って車道を走ったけど、皇居の方は自転車便のお兄さんたちも歩道を走ってたので、私もゆっくり歩道を。北の丸公園の辺とか、皇居からちょっと外れたあたりの歩道が狭いところは仕方ないので車道を走ったけど。

慣れるとすいすい進むのでとても楽。でもブレーキを使いまくってたから、手が痛くなりました。2時間半くらい乗ってたんだけど、20kmも走ってないんじゃないだろうか(追記:地図で確認したら23kmほどだった)。レンタサイクル、ヘルメットとライトと鍵は付いてたんだけど…どれくらい乗ったかとか、速度とか、簡単なことがわかるようになってるといいのになあ。


お堀端でのんびりしたのは、はじめて。
お堀に映る建物や、お堀からちら見えしてる東京駅を見て、東京ど真ん中感を満喫しました。飛行船が飛んでました。何かの宣伝?
お堀東京駅
飛行船


カフェ(併設というよりはカフェメインに見える。ノートPCがあってネットもできる)でお茶して、自分の自転車に乗って帰ったのですが、乗る姿勢が全然違ってて、何か新鮮な気持ちに。
帰ってから、軽い筋肉痛に気付く。珍しく太ももの表側。あと、肩が凝ってました。序盤、かなーり緊張してたからなあ!

【記録】北参道往復のみ
走行距離:44.7km
平均速度:15.6km/h
最高速度:31.4km/h

EntryTop

東へ西へ南へ

お盆が過ぎて涼しい風が吹いてきて。そろそろ平日にのんびりできなくなるので、今のうちに自転車に乗っておこうということで、9月は自転車強化月間になっています。





■東へ
荒川に行って帰ってこれたことで、平日の自分が使える時間帯でどれくらい走れるのか、大体見当がつくようになりました。
9月4日、多摩川なら信号がないからもう少し速く走れるんじゃないかと考え、少し距離をのばし、いつかは走りたいと思っていた羽田に向けて出発。
涼しいだろうと思っていたら、意外と暑くて。
走っていたらチェーンがずれてフレームに乗っかってしまって、うわー参ったーと思いながら格闘していたら、休憩中のロード乗りのおじさんが外してくれました。助かった。
羽田は新しい国際線ターミナルの工事中でした。天空橋の実物をはじめて見て、小ささに驚きつつ、せっかくなので渡ってきました。
帰りはちょっとダレ気味だったけれど、4時間半弱、最後まで気持ちよく走れました。
教訓:お財布に1万円札しかないと、自販機があっても飲み物が買えない。

【記録】是政ー羽田往復
走行距離:76.2km
平均速度:17.4km/h
最高速度:30.5km/h


■西へ
羽田往復をしてみて思ったのは、とりあえず80kmは行けるということ。100kmだと休憩入れて7時間必要そうなので、結構厳しい。
そんなことをぼんやり思いつつ地図を眺めていたのですが。うちから西の方は山梨との県境ということで、山だらけ峠だらけなわけです。和田峠とか、挑戦する気も起こらず。となると相模湖は厳しい、なんて思っていたら、津久井湖があるじゃありませんか。これなら何とかなりそうということで、webでいろいろチェック。高低差がないルートを試行錯誤して決定、出発。
9月7日、この日も涼しいと思っていたら意外と晴れました。自転車屋さんに寄ってグローブを買って、と思っていたのに、研修でお昼から営業との貼り紙が。結果、手の甲だけこんがりしちゃってます(長袖で乗ってるので手の甲が焼けると目立つ!)。
途中、県道の番号を見てこの道じゃなさそうと思いつつ(曲がる予定の道は国道だった)、街道の名前と方角を見てふらっと曲がってしまい、道路標識を見て適当にリカバりました。この性格、土地勘がないところでは走れそうにありません。帰りも適当に帰ってきちゃったし。
津久井湖手前が下りの連続で、帰りを考えてげんなりしていたのだけれど、登ってみたらそうでもなく、帰りはアウトレットでちょこっとお買い物をしてから自転車屋さんへ。かばんがぱんぱんになってました。

【記録】津久井湖
走行距離:59.9km
平均速度:15.3km/h
最高速度:34.2km/h


■南へ
本を読んでいるうちに、海を目指そうと思い、9月9日、境川経由で江ノ島に向かうことに。ルート選択は慎重に。というのも、多摩から南側に行くと必ず丘を越えることになるので。よみうりランドあたりは越えたくないし、南大沢・橋本あたりは遠回り&行ったばかり。ということで鎌倉街道を走り、町田経由で境川へ。鎌倉街道を選んだポイントは長いトンネル。これで急な坂を回避できた、んじゃないのかな、たぶん。それでも多少登りはありましたが、大したことはなく。境川からは下り基調だったので、ぼんやりのんびり、ほとんど降りることもなく走りました。
江ノ島は往復すると100km越えちゃうし、復路は登りになるのでもう少し遠回りしないと厳しそうだし、ということで、帰りは電車に。
片瀬江ノ島駅はとても派手で、駅前で自転車を畳んで袋に入れていても、不自然さを感じない不思議なところでした。電車を乗り継ぎやっと家の方の駅に着いて、自転車を開き、折り畳んだペダルを開こうとしたら、ペダルが飛びました。びっくりした。結局、ペダルをうまく押し込むことができず、くっつきはしてもぶらぶらしてるので、外して根元を踏んで帰ってきました。うーん、参った。

【記録】江ノ島
走行距離:54.2km
平均速度:16.0km/h
最高速度:32.4km/h



まずはペダルを直さないと、と思いつつ。
次はどこに行こうか考え中。あと1、2回は乗れるはず。
で、何かするためのトレーニングとかではなく、ただ楽しみで乗っているので、やはりどこかを目指したい。ただあの坂を登るとか、あの辺をぐるりと1周するとかだと、つまらないような。どうしようかなと。幸い、簡単に電車に乗せることができる折り畳みなので、その辺も視野に入れつつ、時刻表や地図とにらめっこしています。いやー、なんで行きたいところって時刻表の文字がすっかすかなんだろう。
せめて時速20km出せれば行動範囲が広がるのに。少しは坂も上れるようにならないと、とか。10月からはまた忙しくなるので、うんうん悩むのもまた楽しみの一つです。

EntryTop

TOP